Read Article

Mazda新型CX-3|アクセラベースのSUV化&SKYACTIV-X搭載|2020年発売予想

マツダは、CX-3を2020年にフルモデルチェンジするとの情報です。

新生CX-3は、現行のデミオベースから「アクセラ」ベースに変更し大型化。
よって、次期アクセラに準じたエンジン「SKYACTIV-X」も採用されます。

車格が上がり、価格も上がりそうですね。

CX-3|フルモデルチェンジ

  • 次期アクセラベースSUVへ進化
  • SKYACTIV-Xエンジン搭載

 

スポンサードリンク

 

エクステリア|イメージ

(新型アクセラが「SUV」になったイメージをお願いします)

次期アクセラ|CG画像

新型アクセラ2

▽魁コンセプト次期アクセラ-1 次期アクセラ-2 次期アクセラ-3

デザインテーマは「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用。アクセラと同じくシャープなフロントデザインに変更されるでしょう。
現行アテンザ・CX-5・CX-8の流れを汲んだ意匠を採用します。



 

 

新技術2つ。まずはシャシー中心の新技術。

車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture」採用

SKYACTIV-Vehicle Architecture

次世代車両構造技術スカイアクティブビークルアーキテクチャーは、シート・ボディ・シャシー・騒音振動ハーシュネス性能など
各機能を改めて見直し、クルマとして全体の最適化を図る思想的 開発技術です。

  1. シート:骨盤を立てて脊柱が自然なS字カーブを維持
  2. ボディ:多方向に配置した環状構造で入力エネルギーを遅れなく伝達
  3. シャシー:各部品が相互に連携してばね上に伝える力を滑らかにコントロール
  4. 騒音・振動・ハーシュネス性能:エネルギーの特質や人間が音を感じるメカニズムに基づいて造り込む

 

これら「人間中心の設計思想」をさらに追求し、人間の体の本質にある「バランス保持能力」を最大限に活用するのが狙いです。
実現すれば、乗員が快適で疲れにくく、環境変化に即対応できる状態をもたらします。

また、ドライバーの操作に対して体のバランスをとりやすくなるため、
「意のままの走り」「究極の”人馬一体感”」をより高いレベルで味わうことが可能となります。

 

 

エンジンも新技術を採用します。

SKYACTIV-X搭載

SKYACTIV-X1 (1)

次期アクセラに搭載されるSKYACTIV-Xのスペックを参考にします。

直列4気筒1.5L&2.0Lエンジン
  • 最高出力:187ps
  • 最大トルク:23.5kgf・m

SKYACTIV-Gよりも出力:最大20~30%向上、トルク:最大30%向上と予想されています。

 

SKYACTIV-X|特徴

SKYACTIV-X1 (2)

新型CX-3に搭載される次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」は
ガソリンエンジンならではの伸びのよさ、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・レスポンスの特長を融合したエンジンです。

 

主な「特徴」は以下のようになります。

  1. 予混合圧縮着火技術(HCCI)採用
  2. HVを必要とせず低燃費のガソリンモデル
  3. 燃費20~30%向上・トルク10~30%向上
  4. 「よりクリーンな排気ガス」を排出する仕組み
  5. マイルドハイブリッド(モーター)と組み合わせる
  6. WLTCモード燃費表示(市街地/郊外/高速道路)
  7. 燃費・平均値にバラつきのない環境性能を発揮
  8. 予想燃費:28キロ(2.0Lエンジン)

 

 

予混合圧縮着火技術(HCCI)には「制御」技術も組み合わされ、より燃焼効率を高める仕様になっています。

マツダ燃焼方式・SPCCI(火花点火制御圧縮着火)技術採用

ガソリンエンジンの「圧縮着火」を制御する技術です。シャープなレスポンスとトルクフルで爽快な加速感を低燃費・環境性能と両立でき、「速くてパワフルなのに燃費がいい」を実感させます。

この技術をSKYACTIV-Xと組み合わせることで、新型CX-3のオーナーが「運転を一層楽しめる」性能を実現します。

 

 

追伸情報

関連記事


「SUV」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com
画像引用元:http://www2.mazda.com

Return Top