Read Article

Hondaフリード マイナーチェンジ|1.0Lターボ搭載|2018年12月発売予想

ホンダは2018年12月、フリードにマイナーチェンジを実施し
ガソリン車に新開発1.0Lエンジンを搭載します。

フリード|マイナーチェンジ情報

  • ガソリン:1.0L 3気筒直噴ターボ搭載
  • ※最大出力:127ps/最大トルク:20.4kgm(欧州シビック値)
  • Honda SENSING全車標準装備
  • 後方誤発進抑制機能/オートハイビーム追加
  • シャークフィンアンテナ採用

 

スポンサードリンク

 

ガソリン:1.0L 3気筒直噴ターボ搭載

フリードは、マイナーチェンジで大きく改良を加えます。
欧州シビックに搭載される新型1.0Lターボエンジンを搭載する予定です。

新型1.0Lターボ|欧州シビック値

最大出力:127ps
最大トルク:20.4kgm

現行搭載の「1.5L NAエンジン」を廃止して新型1.0Lターボエンジンに置き換える
というのが、現在の情報となります。

出力比較

1.0Lターボ:129ps/20.4kgm
1.5L NA:132ps/15.8kgm

1.0Lターボは、1.5L NAと比べトルクが太くなり、
過給機のアシストにより「加速」が格段に良くなります。

 

以上です。

 

 

【2016年9月16日】新型フリード/フリード+

予約受付は8月5日開始(初期予約でも納期は11月以降)。
新型フリードはキープコンセプトで登場。

シエンタに持っていかれた話題を取り戻すため、

  • 1.0Lターボは中止
  • 1.5Lガソリン&1.5Lハイブリッドを搭載
  • フリードスパイクはフリード+(プラス)へ
  • 新型フィット譲りの居住性が進化

して、フルモデルチェンジ実施。^^

 

新型フリード(2WD・FF・3列シート)の価格&グレード

ガソリン価格:燃費:19.0km/L

B
188万円(6人乗り)
G
198万円(6人乗り)
200万円(7人乗り)
G Honda SENSING
214万3200円(6人乗り)
216万4800円(7人乗り)

ハイブリット価格:HYBRID B/EX:燃費27.2km/L/HYBRID G:燃費26.6km/L

HYBRID B
225万6000円(6人乗り)
HYBRID G Honda SENSING
249万6000円(6人乗り)
251万7600円(7人乗り)
HYBRID EX
265万6000円(6人乗り)

新型フリード(4WD・3列シート)の価格&グレード

ガソリン価格

B
209万6000円
G
221万2200円
G ホンダセンシング
233万2200円

ハイブリッド価格

HYBRID B
247万2000円
HYBRID G Honda SENSING
272万8200円(EXは2WDのみ設定)

 

新型フリードのパワートレーン|1.5L NA/1.5Lハイブリッド搭載

新型フリードは1.0Lターボを見送り。

  • 1.5L i-VTEC(NA)
  • 1.5L i-DCDハイブリッド

の2本立てで行くと、方向性を決めました。

1.5Lターボのステップワゴンが

  • ノア/ヴォク/エスクァイア
  • セレナSハイブリッド

に比べ、期待したほど販売数が伸びなかったため発売を断念。

 

i-DCDハイブリッドは次世代に入り、大幅にブラッシュアップ。

  • スムーズな加速フィーリング
  • 優れた低燃費性能

を手に入れてます。

新型フリードは、ライバル・シエンタハイブリッドの燃費27.2km/Lに

どこまで迫れるのかに注目。

ガソリン・ハイブリッドともに2WD・4WDを設定。

 

スパイクは「フリード+(プラス)」Gエアロモデルは「スパーダ」へ

フリードスパイク
「スパイク」という名は、フリードの旧モデル「モビリオ」時代の呼称。なので響きが古いためフリード+(プラス)と名称変更をします。
フリード+
名称からもわかるように「N-BOX+」のように、室内空間の自由度という点で機能と使い勝手が充実したモデル。

3列目はね上げ式シートで荷室高を確保「居住性抜群」

ライバル・シエンタは3列目シートが「床下収納」です。居住性が好評です。^^ フリードはこれと勝負しなければなりません。新型フリードの3列目シートは、現行の跳ね上げ式を継続します。これは3列目シートのクッション性を損なわないための配慮です。

床下収納や折りたたみ式だと、作りによってはセンベイシートになって乗り心地は良くありません。さらに、跳ね上げ式であることによって、床から屋根までの「高さ」を確保。現行の便利な積載性を引き継ぎ、「ラゲッジ」収納の用途も広がります。

新型フリードに採用される乗車人数は?

  • 2列シート(5人乗り)フリード+
  • 3列シート(6/7人乗り)フリード

各仕様を用意。2列シートは後方の空間に余裕があってまた人気となるでしょう。

 

フリードの来歴|初のフルモデルチェンジで2代目へ

フリードの歴史を振り返ると、2008年5月に新発売。2011年、2014年とマイナーチェンジ。エクステリアの変更も施(ほどこ)され、現在の姿になりました。2016年、8年の時を経てようやく初のフルモデルチェンジを迎えます。

通常、フルモデルチェンジは5年。車種の人気・動向/売れるクルマの形/売れ行きなどに左右されます。フリードは新型に8年かかりましたが、非常に人気があって未だ好評なモデル。今回の初モデルチェンジは、ユーザーの大きな期待がかかっています。^^

一方で、ライバル・シエンタは存続不明からの復活です。しかし、新型シエンタはフルモデルチェンジで「大幅な変更」が加えられました。このような状況においてキープコンセプトで発売するのが新型フリード。すでにエクステリアは公開されています。

ステップワゴン似のデザインは、賛否両論もあるかもしれません。フリード購入を意識していたユーザーは、シエンタとフリードならどっちを選ぶのでしょうか。フリードはこれだけユーザーを待たせたのだから、せめてインテリアの使い勝手を向上、シエンタよりも安い価格といった武器を用意して発表されて欲しいですね。

 

Return Top