Read Article

ホンダ新型フィット|新開発1.0L 3気筒VTECターボRSに設定|2019年秋発売予想

ホンダは、フィットのフルモデルチェンジを2019年秋頃に実施するとの予想です。

RSグレードに1.0Lターボを設定します。

燃費は25キロ目標。

この時期は、フィットHVのライバルとも言える

トヨタ「アクア」日産「ノート」もフルモデルチェンジを迎える予想となっているので

信憑性が高そうです。


新型フィット|フルモデルチェンジ情報

  • ガソリンエンジン:新開発1.0L 3気筒VTECターボ搭載(RS)モデル設定
  • ※このエンジンはフリードにもマイナーチェンジで搭載される予定
  • ハイブリッドエンジン:1.5Lエンジン+スポーツハイブリッド「i-MMD」搭載
  • 燃費:プリウスの40.8km/L超えを狙う
  • 1.0Lチューニング「typeS」モデルを設定か?

 

スポンサードリンク

 

【ガソリン】新型1.0Lターボ搭載

欧州シビックに搭載される新型1.0Lターボエンジンを搭載する予定です。

最大出力:127ps
最大トルク:20.4kgm
(欧州シビック値)

現行「RS」に搭載されている「1.5L NAエンジン」を廃止して

新型1.0Lターボエンジンに置き換えるというのが、現在の情報となります。

出力比較
  • 1.0Lターボ:129ps/20.4kgm
  • 1.5L NA:132ps/15.8kgm

1.0Lターボは、1.5L NAと比べトルクが太くなり

過給機のアシストにより「加速」が格段に良くなります。

 

ライバル・スイフトスポーツがターボを採用しているので意識もしているでしょう。

このターボ機能搭載が好評を得て成功を収めれば、

今後、フィットの拡張モデル・フリードへの1.0Lターボ搭載も現実味を帯びてきます。

 

ここまでをスペックにまとめると

【スペック】フィットRS|予想

全長:3955mm
全幅:1695mm
全高:1525mm
ホイールベース:2530mm
重量:1050キロ
エンジン:1.0Lターボ
最高出力:129ps/5500rpm
最大トルク:20.4kgm/1800‐5000rpm
トランスミッション:6速MT/CVT
駆動:FF
燃費:25キロ
価格:170万円

 

 

一方、ハイブリッドエンジンも次世代へ移行します。

【ハイブリッド】1.5Lエンジン+i-MMD搭載

SPORT HYBRID i-MMD(2.0L)と同じ「2モーター方式」のハイブリッドシステムを

小排気量化した1.5Lエンジンに組み合わせて搭載します。

「低コスト化技術」を導入した新開発エンジンです。

 

このハイブリッドシステムを先行して2018年後半発売の

「インサイト後継」モデルに搭載します。

  • JC08モード:「40キロ前後の燃費」目標値
  • 新燃費基準・WLTCモード:市街地モード「23.4キロ」達成

 

 

追伸情報

関連記事



 

Return Top