Read Article

新型アウトランダーPHEV|e-Yiコンセプトデザイン採用|2020年秋発売予想

三菱自動車は上海モーターショー2019で、次世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー「e-Yiコンセプト」を世界初公開します。

e-Yiコンセプトは雪道でも安全な運転をサポートする先進の4WDシステムを搭載するなど、本格的な悪路走行を考えたモデルとなっていることから、次期パジェロになるものと考えられていました。

しかし、e-Yiコンセプトは電動化されたSUVで、次期アウトランダーPHEVのコンセプトモデルと考えた方が良いでしょう。

今回は新型アウトランダーPHEVの最新情報を紹介します。

スポンサードリンク

新型アウトランダーPHEVのエクステリア&インテリア

ランサーアウトランダーPHEV10 アウトランダーPHEV11

新型アウトランダーPHEVのエクステリアデザインは「どんな道でも走破できる力強さや頼もしさ」を表現し、

三菱自動車のデザインアイコンとなっているダイナミックシールドを採用することが確実です。

アウトランダーPHEV12アウトランダーPHEV16アウトランダーPHEV17 アウトランダーPHEV13アウトランダーPHEV19アウトランダーPHEV21 アウトランダーPHEV22

新型アウトランダーPHEVのパワートレイン

新型アウトランダーPHEVのプラットホームは全面刷新が行われて、軽量かつ高剛性を実現した最新型のプラットフォームが採用されます。

この最新型プラットフォームに搭載されるパワーソースは、現行型アウトランダーPHEVが搭載するツインモーター方式PHEVシステムに改良を加え、

回生エネルギーを効率的に電力化して、フル充電・燃料満タン時の航続距離を700km超えを目指しています。

 

また、新型アウトランダーPHEVは、ガソリンエンジンを使用しないEVモード単独での航続距離の延長にも力を入れます。

回生エネルギーの効率化やバッテリー容量の拡大、空気抵抗の低減等によってフル充電時には70km以上の航続距離を目標としています。

ちなみに過去最高となるEV航続距離は別情報で120km・総航続距離1200kmを達成するとも言われています。

新型アウトランダーPHEVの4WDシステム

新型アウトランダーPHEVでは前輪左右の駆動力配分を制御するヨーコントロール「AYC」や、

四輪のブレーキ制動力をコントロールすることにより限界時の運動性能を向上させる車両運動統合制御システム「S-AWC」など、

ランサーエボリューションで培われたノウハウを活かした世界屈指の4WDシステムが採用される可能性があります。

 

また、新型アウトランダーPHEVではツインモーター方式のフルタイム4WDなので、ガソリンエンジンと比較して前後駆動力のレスポンスに優れている特性を活かすことが可能となり、

AYCやS-AWCと組み合わせて道を選ばす安定した走行を実現することになります。

車両運動統合制御システムS-AWC搭載

アウトランダーPHEV1

S-AWC技術の採用により、様々な走行条件下でのドライブを可能にし、力強い走りを実現。オンもオフも走破する先進のドライビングテクノロジーです。

MEMO

「S-AWC」とは?

AWC思想を高次元で実現する「車両運動統合制御システム」。4輪の駆動力・制動力を思いのままに制御し、

いかなる走行環境においてもドライバーの操作に忠実な挙動を実現するシステム。

S-AWC搭載により、誰が運転しても気持ちよくドライビングが可能となり

  • 「走る喜び」
  • 「確かな安心」
  • 「意のままの操縦性」
  • 「卓越した安定性」

を高いレベルですべてのユーザーに提供します。

現在、三菱でS-AWCシステムを標準搭載しているモデルは、アウトランダーPHEVのみ。

アウトランダーガソリンモデルは4WDグレードにメーカーオプション設定となっています。

 

元々、ランエボに搭載されていた4WDシステムで、次期ランエボにも搭載されます。

新型アウトランダーPHEVの先進安全装備

アウトランダーPHEV4

新型アウトランダーPHEVには

  • 衝突被害軽減ブレーキ
  • 車線逸脱警報システム
  • オートマチックハイビーム
  • 前後誤発進抑制機能

をパッケージとする「三菱e-Assist」の機能向上”最新バージョン”が搭載されます。

さらに提携関係を結んだ日産の同一車線対応運転操作支援システム「プロパイロット」が採用される可能性もあります。

新型アウトランダーPHEVの発売時期

新型アウトランダーPHEVは開発途上段階ということもあり、発売日は2020年頃になると予想されています。

アウトランダーPHEV6

新型アウトランダーPHEVの予想販売価格

新型アウトランダーPHEVは最新型のPHEVシステムや先進安全装備を搭載することになるので、価格アップとなるでしょう。

現行モデルの販売価格が393万9840円~509万40円であることを考えると、420万円がスタートラインで520万円程度までになると考えられます。

 

追伸情報

関連記事

「EV」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top