Read Article

トヨタ新型カローラハッチバックGR|3気筒1.6L直噴ターボ搭載|2019年6月発売予想

新型カローラハッチバックは、走行性能に特化した

ハイパフォーマンスモデル(GR)

を設定します。

新型カローラハッチバックGR|モデル情報

  • 搭載エンジン:3気筒1.6L直噴ターボ+4WD
  • 予想価格:【GR】ハイパフォーマンスモデル:350万円~370万円

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

ハイパフォーマンス・スペックを搭載するモデルです。

予想価格は400万円前後。

新型カローラスポーツ ハイパフォーマンス(GR)引用元:https://www.carscoops.comトヨタ カローラ次期型ベース、260馬力の高性能ハッチ引用元:https://spyder7.com/

新型カローラハッチバック発売(2018年6月)から

「1年後」の2019年6月?発売予定。

C-HRのように、「走りを予感させる

若者向けデザインでスタイリッシュな印象ですね。

 

以下が、新型カローラハッチバックGRのスペック内容です。

スペック|GR

3気筒1.6L直噴ターボ+4WDモデルとして登場します。

上記エンジンは、2019年にフルモデルチェンジ予定の

ヴィッツ(ヤリス)に搭載される3気筒1.6Lエンジン。

3気筒を選んだ理由は、もっと先を見越した「規定変更に備えて」とのこと。

 

【GR搭載エンジン】3気筒1.6L直噴ターボ|出力

  • 最高出力:136ps
  • 最大トルク:22.4kgm

(BMW118i搭載・直3 1.5Lエンジン同等)

この新型ヴィッツ(ヤリス)の「3気筒1.6Lターボ」搭載4WDモデルが、

新型カローラハッチバックのハイパフォーマンスモデルです。

 

GRを開発する「GAZOOレーシングカンパニー」がプロデュースにあたります。

 

 

これほど力の入る代表モデルのライバルは誰でしょうか?

新型カローラハッチバックGR|ライバル

  • ゴルフGTI
  • ホンダシビック typeR

となります。

ゴルフGTI引用元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=64&v=2k0M50u7n2k

civic type-r1引用元:https://www.carscoops.com

 

 

また、新型カローラハッチバックGRは、この進化で終わることなく

さらに上位モデルの

  • GRMN

を設定すると言われています。

新型カローラハッチバックGRに「GRMN」を設定か?

  • BMW PHVスポーツ「i8」搭載
  • 直3 1.5Lターボ

のパワートレーンを搭載予想。

スペックは

  • 最高出力:231ps
  • 最大トルク:32.6kgm

と、GRよりさらにハイパワーが与えられたモデルとなりそうです。

 

Return Top