Read Article

C-HR マイナーチェンジ|ハイブリッドモデルに4WD設定?|2019年11月発売予想

トヨタは人気クロスオーバーSUVのC-HRのマイナーチェンジを実施するとの情報です。

C-HRは2016年に登場し、2017年にはツートンカラーや特別仕様車「LED Edition」が登場、2018年には一部改良が実施されガソリンモデルに2WDを設定するなど常にテコ入れがされていました。

C-HRは発売以降、約半年毎に特別仕様車の設定や一部改良が実施されてきました。

そのことからもマイナーチェンジは2019年の後半に実施されることは確実となっており、11月が濃厚と予想しています。

今回のマイナーチェンジでどのような変更が加えられるのか予想も交えて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

C-HRのエクステリア

マイナーチェンジによってC-HRのエクステリアに変更が加えられる可能性が高いです。

しかし、C-HRのボディはダイヤモンド多面カットをイメージしたアクセントの利いた独特のものとなっていることから、ボディラインに変更が加えられる可能性は低く、

主にヘッドライト周りやバンパーといったフロントマスクやリアバンパーの変更に留まる見込みです。

C-HRのインテリア

C-HRのインテリアに関しては基本的に大きな変更は行われない見込みです。

しかし、更なる質感の向上のためにソフトパッド使用範囲の拡大やインパネ素材の変更、シート表皮デザインの変更やインテリアカラーに新色を設定する可能性が高いです。

C-HRのパワートレイン

今回のマイナーチェンジでは、降雪地域のユーザーをターゲットにハイブリッドモデルに4WDモデルを設定することが考えられます。

採用される4WDシステムは同じプラットフォームのプリウスにも使われている電気式4輪駆動システム「E-Four」の可能性が高いです。

これまでもガソリンモデルには4WDモデルが設定されていましたが、ハイブリッドモデルにも4WDモデルが追加されることで、

4WDモデルが欲しいけれども燃費性能も妥協したくないという方に選択肢が増えることになります。

 

その他にもE-Fourの設定より可能性が低くなりますが、北米や欧州仕様のC-HRに採用されている2.0L直列4気筒自然吸気エンジンが日本仕様にもラインナップされる可能性があります。

このエンジンは最高出力145馬力となっており、1.2Lターボエンジンと比較して30馬力ほど向上しています。

また、C-HRの英国仕様では6速マニュアルミッションが設定されており、

同じ右ハンドル車となるのでスポーティなマニュアルミッションモデルが限定モデルとして販売されると面白いと思います。

2.0Lガソリン予想スペック

全長:4350mm
全幅:1795mm
全高:1555mm
ホイールベース:2640mm
エンジン:2.0L 直列4気筒 DOHC
最高出力:150ps/6,100rpm
最大トルク:19.7kgm/3,800rpm
トランスミッション:CVT
駆動:FF
JC08モード燃費:14キロ
価格:240万円

C-HRに新グレードの設定の可能性が

今回のマイナーチェンジの最大の目玉となるのがスポーツカーブランドとなるGRモデルの追加です。

C-HR GRスポーツのデザインは2017年に開催されたフランクフルトモーターショーで発表された「C-HR Hy-Powerコンセプト」から想像すると、

アクセントカラーのオレンジをエクステリアやインテリアに散りばめられたものになると考えられます。

また、他の車種のGRスポーツと同様にパワートレインの強化や、専用サスペンション、専用ブレーキパッド等といった特別装備が採用されます。

GRスポーツはガソリンエンジンとハイブリッドモデルの両方に導入されますが、両モデルともに2WDのみとなる見込みです。

C-HRの販売価格

マイナーチェンジの実施によってC-HRの販売価格も変更されることになります。

しかし、前回の一部改良によってグレード「S」と「S-T」の値下げが実施されていることから、大幅な値上げはないと予想しています。

そのため、ほぼ据え置きか数万円程度のアップになるでしょう。

 

【2018年12月3日】C-HR 一部改良|Toyota Safety Sense機能向上

「Toyota Safety Sense」の機能を「晴天日・夜間」「歩行者・自転車」も検知する性能へ向上させ、安全装備を更新します。

Toyota Safety Sense機能向上

サポカーSワイドに該当するインテリジェントクリアランスソナーを「全車」に標準装備して、C-HRも「踏み間違い時のブレーキサポート搭載車」となります。

 

【2018年5月7日】トヨタC-HR 一部改良|1.2Lターボに2WD追加設定

トヨタは、C-HRに一部改良を実施。購入しやすい新グレードを追加設定して、2018年5月7日発売開始しました。

C-HR|一部改良情報

  • 1.2Lターボ・2WDを追加(S-T(FF):229万円~)
  • 全光源LED化した“LED Package”をS-T(FF)にも設定
  • 新ボディカラー2色(モノ・ツートーン)追加|全16色
  • Toyota Safety Sense搭載

スペック|1.2Lターボ・2WD

全長:4350mm
全幅:1795mm
全高:1555mm
ホイールベース:2640mm
エンジン:1.2L 直列4気筒DOHC ターボ
最高出力:116ps/5200~5600rpm
最大トルク:18.9kgm/1500~4000rpm
トランスミッション:CVT
駆動:FF
JC08モード燃費: 16.4キロ
価格:229万円

ボディカラー|新色追加

  • ネビュラブルーメタリック
  • ホワイト×ネビュラブルーメタリック

※モノトーン8色|ツートーン8色|全16色

ネビュラブルーメタリック

ハイラックスに採用されたこの色です。

ネビュラブルーメタリック

価格ラインナップは、以下のようになりました。

価格

一部改良前は「S-T・4WD(1.2Lターボ)」が「251万6400円」スタートで最廉価でした。今回から「S-T・2WD(1.2Lターボ)」が「229万円」スタートで、お買い得となりました。

1.2Lターボ

S-T
2WD 2,290,000円
4WD 2,484,400円

S-T“LED Package”
2WD 2,346,000円
4WD 2,540,400円

G-T
2WD 2,605,200円
4WD 2,799,600円

1.8Lハイブリッド

S
2,614,000円

S“LED Package”
2,670,000円

G
2,929,200円

全光源LED化の“LED Package”|内容
  1. オートレベリング機能付Bi-Beam LEDヘッドライト
  2. LEDクリアランスランプ
  3. LEDシーケンシャルターンランプ
  4. LEDデイライト

安全技術には、2018年の新型車から「次世代Toyota Safety Sense」が装備されます。詳しくは以下のリンク先にまとめています。

第2世代・予防安全技術「Toyota Safety Sense」装備

 

追伸情報

関連記事


「SUV」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.carscoops.com

スポンサードリンク

Return Top