Read Article

【評判・評価】スイフトスポーツ 2017年モデル

2018年現在、もうすぐ発売から1年が経とうとしているスイフトスポーツです。

評判や評価は「人それぞれ」感じ方は違うでしょうけど、

客観的に詳細まで見ている「試乗ファーストレビュー」を調べてみました。

なかなか「お得感」を感じているようですね。

 

スポンサードリンク

 

スイフトスポーツ|ATモデル|試乗

エクステリア

ワイドトレッドが決まっていて、期待以上に安定感のあるスタイルに見えました。

フロントマスクもスタイリッシュに見映ます。

リヤスタイルはシンプルな造形でなんかマーチみたいに感じました。

インテリア

乗りこむとサイドサポートの張り出したシートにより囲まれ感があります。

狭いと言うレベルでは無いです。

シフトノブはギヤポジションが些さか分かりずらいかな。でも慣れれば良いでしょう。

ハンドル周りもとりどり付いてて煌びやかな雰囲気です。

パドルシフトはコントロールしやすそうです。

走行性能

足回り

走り出すと、低速でもこころもちゴツゴツした剛性感を感じます。

気持ちの良い引き締まった足回りですね。

スポーツモデルなのでこの位置づけで丁度いいと感じました。

十字路を低速で回っても引き締められた足回りを感じ取る事が出来ます。

ステアリング

ハンドル操作に車体が機敏に応答する感覚が走行性能を直観させます。

加速性

直線で踏み込むと率直にドッカンとトルクが現れるのでは無く、

回転アップに合わせて加速度的にパワーが出て来る雰囲気です。

車体の軽さを感じつつグイグイ車を引っ張っていく感じです。

静粛性

車内には程よくエンジン音が入って来て踏んだなりに気分が盛り上がります。

ウルサクは無いです。

ターボトルク

低速トルクはターボが効くまで多少のタイムラグは感じる事が出来ます。

ゆっくりと流す時にはちょうど良いトルクです。

踏み込めばチョット遅れてパワーが付いて来る感じです。

都市部の低速域が中心の試乗でしたが

  • 軽い車体とターボパワー
  • 引き締められた足回り

は、充分に感じる事ができました。

見積り

210万程度の価格でした。

 

 

スイフトスポーツ|6MT|試乗

エクステリア

バンパーの一部分がカーボン装飾でスポーティ。

スイフト他グレードとの差別化が乏しいのは、残念です。

アルミホイールはSUVっぽいデザイン。

  • 管理人のつぶやき
  • ホイールは賛否分かれそうですね

マイチェンで少しおとなしくなるかもしれません

似つかわしくないなぁ。

タイヤサイズはさらに拡大しています。

インテリア

赤の装飾がはっきりしていて綺麗です。質感はクラス以上で高いと思います。

スイスポはこれまでも、シートが他のグレードとしっかり違っていて

加飾で誤魔化さないころがいいですよね。

エアコンも「0.5℃刻み」で好ましく感じます。

エンジン性能

車重の軽さにより、スタートから軽快な滑り出しです。

試乗ではアクセルをあまり開けませんから、秘めたポテンシャルまではわかりません。

しかし、フラットトルクターボでしょう。

高回転まで回さずとも速いと思います。

操作性

シフトノブの位置は違和感ありませんでした。感触もいいです。

ストロークは短くスポーティ。

でも若干、スイッチのような感覚があります。

「フィットRS」よりはマシです。

D型のハンドルは違和感あり。

管理人のつぶやき
  • 膝に当たらない工夫です。
  • スポーティに見える演出です。

乗り心地

硬いけど好きな人なら、普通レベルだと思います。

価格|見積もり

セーフティパッケージを見積ると税込み218万でした。他メーカーも見習って欲しい。

お値打ちですよね。

管理人のつぶやき

価格帯

  • 6MT:183万円~198万円
  • 6AT:190万円~205万円

「ターボ」の「MT」をこの価格で買えるなんて最高です。

総評

コストパフォーマンスが抜群です。

何をやればこの価格を実現できるのか。

パフォーマンス性はまだ未知数ですが、

  • 900キロ台の車重で
  • 140馬力もあれば

楽しいに違いありません。

 

参照元:http://kakaku.com/

 

関連記事




Return Top