Read Article

スバル新型PHV|米国クロストレック(日本XV)ハイブリッド|2018年海外発売

更新情報
  • 新型PHVモデル「スバルクロストレック(日本XV)ハイブリッド」開発中
  • 米国モデル「スバルクロストレック(日本XV)」に搭載される予定
  • 2018年内に米国で発売予定(CrossTrek PHV)
  • このモデルはとりあえず規制突破要員

この日本モデルである「XV」と並んで「PHV搭載候補」になっている

新型フォレスターの情報は以下。

また、スバルの新型PHVは、

「際立とう2020」中期計画内で「2019年までに投入する」ことが明言されています。

このビジョンは「グローバルな視野」で語られているため、「日本発売」は未定です。

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

新型PHVモデルは、

北米発売を優先させ、スバルクロストレックを採用すると言われています。

日本のPHV搭載候補も同じモデルとなる「XV」または「フォレスター」との予想。

 

なので、新型PHVモデルは、

マイルドハイブリッド初搭載の「XV」のエクステリアを採用します。

 

Crosstrek Hybrid(日本名「XV」)

XV PHV2 XV PHV-3 XV PHV4 XV PHV5 XV PHV6引用元:https://www.carscoops.com

 

 

スバル新型PHV

EV航続距離が気になります。

EV走行距離「60キロ以上」

EV走行距離は60キロ以上と、アウトランダーPHEVの良きライバルとなりそうです。

北米で販売好調のスバルですが、アメリカはZEV規制と呼ばれる

厳しいCO2排出量制限があります。

この規制だと「ハイブリッド」は除外される厳しい規制です。

 

 

では、規制がまだユルい日本では

スバル新型PHVの発売はあるのでしょうか。

PHVモデルの日本導入予定は?

スバル新型PHVは、2018年末に「北米向け」に発売されます。

2017年の予想では、「日本にも導入される見込み」との情報です。

 

 

スバル新型PHVに採用されるPHVシステムは、

どのようなパワートレーンなのでしょうか。

採用されるPHVシステム

  • スバル水平対向4気筒「1.6L直噴ターボDIT」(レヴォーグ)
  • トヨタ式PHVシステム(プリウスPHV)

という内容となっています。

  • エンジン:スバル製を採用
  • PHVシステム:プリウスPHVのものをほぼそのまま移植

のプラグインハイブリッドモデルです。

 

 

スバル新型PHVは、4輪駆動システムも充実しています。

リアモーター式シンメトリカルAWD(電気式4WDシステム)採用

後輪の動力となるモーターを、フロントとは別に搭載する駆動システム。

似ているのはプリウスのHV4WD(E-Four)ですね。

この電気式4WDの採用により、前輪と後輪をプロペラシャフトでつなぐ必要がなくなり、

SUVの広い室内空間が犠牲にならないスペースを確保できます。

 

また、後輪の駆動が独立しているため、後輪の動きにシビアな制御を行えて余計な動きを抑えるので

燃費向上にも貢献できるシステムとなります。

 

 

ここまでのスバル新型PHVスペックまとめです。

スバル新型PHV|予想スペック

全長:4615mm
全幅:1805mm
全高:1705mm
ホイールベース:2730mm
エンジン:1.6L水平対向直噴ターボDITエンジン+モーター
最高出力:170ps/5600rpm
最大トルク:25.5kgm/4800rpm
モーター:埋め込み式永久磁石 フロント×1 リヤ×2
モーター最大出力:30ps
モーター最大トルク:16.5kgm
トランスミッション:高トルク対応リニアトロニック CVT
AWDシステム:リヤ独立モーター駆動タイプシンメトリカルAWDシステム
価格:500万円

 

Return Top