Read Article

マークX 特別仕様車|250Sファイナルエディション|2019年4月24日発売

1968年に前身モデルであるマーク2が登場してから、50年以上に渡ってトヨタで販売され続けてきた名門ミドルクラスセダン「マークX」。

この伝統モデルが2019年12月生産終了することを決定。

マークX ファイナルエディションの発売開始日は、この生産終了のアナウンスと同じタイミングで発売を開始しています。

ファイナルエディションは限定モデルではないので、現時点からマークXの生産終了まで販売が継続される見込みです。

今回はマークXのファイナルエディションに関する情報を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

マークX ファイナルエディション情報2019【マークX 生産終了】

マークX ファイナルエディションのエクステリア

マークX1

ファイナルエディションは、ダークメッキのフロントバンパーモールを採用しています

スパッタリング塗装の18インチホイールを2WDモデルに特別装備することで、全体的に高級感が増した印象に。

マークX2

またファイナルエディションは、ボディカラーに「ホワイトパールクリスタルシャイン」、「シルバーメタリック」、「プレシャスブラックパール」の3色を設定しています。

マークX ファイナルエディションのインテリア

ファイルエディションのインテリアは、大きな特徴としてブラックとレッドを配色したアルカンターラと合成皮革を組み合わせたコンビ仕様のシート表皮と、

レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を採用している点が挙げられます。

マークXマークX

また、本革巻き4本スポークステアリングホイールやシフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスの各所には

レッドステッチを入れることでスポーティな印象を与えるものとなっています。

マークX ファイナルエディションのパワートレイン

ファイナルエディションはパワートレインに変更が加えられていないので、基本的なスペックはベースモデルと同じになります。

搭載されているエンジンは2.5LのV型6気筒DOHCエンジン「4GR-FSE型」となっており、最高出力203馬力・最大トルク24.8kgfmを発揮します。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションは6速ATに統一されています。

マークX ファイナルエディションの先進安全装備

現行型のマークXは2009年に発売開始したこともあり、当初は先進安全装備を搭載していませんでした。

しかし、2016年に実施されたマイナーチェンジ時に、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」が全車に標準装備されました。

マークX ファイナルエディションにも

  1. 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
  2. レーンディパーチャーアラート
  3. オートマチックハイビーム
  4. ブレーキ制御機能付レーダークルーズコントロール

といった機能が標準装備されています。

この衝突回避支援パッケージに加えて、ファイナルエディションの特別装備として、

駐車時の接触や衝突回避に役立つ「クリアランスソナー&バックソナー」も標準装備しています。

マークX ファイナルエディションの価格

今回発表されたマークXの特別仕様車は2種類となっており、2WDモデルの「250S“Final Edition”」と、4WDモデルの「250S Four“Final Edition”」になっています。

250S“Final Edition”の販売価格は333万1800円、250S Four“Final Edition”の販売価格は348万9480円となっており、

ベースモデルである「250S」や「250S Four」と比較して、2WDモデルで約13万円のアップ、4WDモデルで約4万円のアップとなっています。

追伸情報

関連記事

「セダン」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://toyota.jp

Return Top