Read Article

Toyotaプロボックス サクシード|ハイブリッド追加|2018年11月19日発売予想

トヨタは、法人需要がメインで安定して売れ続けるプロボックス/サクシード
2018年11月19日、マイナーチェンジします。

今回の改良では「ハイブリッド」を追加予定で、
走行距離の激しい使用環境・燃料消費へポジティブな条件が揃うということになります。

ヴィッツ・カローラフィールダーとプラットフォームを共有します。

プロボックス/サクシード|マイナーチェンジ情報

  • エクステリアは変わらないとの情報
  • ハイブリッド搭載:1.5L 直4 DOHC+モーター
  • JC08モード燃費:30キロ超予想
  • 先進安全機能「Toyota Safety Sense」搭載
  • 予想価格:

 

スポンサードリンク

 

4ナンバー2BOX商用車初のハイブリッド搭載

プロボックス/サクシードハイブリッドは、ヴィッツのパワーユニットである
「1.5L 直4 DOHC」にモーターを組み合わせたものです。

エンジンスペック
  • 最高出力:74ps/4800rpm
  • 最大トルク:11.3kgm/3600-4400rpm
  • モーター最高出力:61ps
  • モーター最大トルク:17.2kgm

 

 

燃費

  • 25km/L~30km/L

 

 

予想スペック|ハイブリッド

全長:4245mm
全幅:1690mm
全高:1525mm
ホイールベース:2550mm
エンジン:1.5L 直4 DOHC+モーター
最大出力:74ps/4800rpm
最大トルク:11.3kgm/3600~4400rpm
モーター出力:61ps
モータートルク:17.2kgm
総出力:100ps
JC08モード燃費(予想):25~30km/L
予想価格:196~212万円(30万円高の場合)

 

 

予想価格|20万~30万円アップ

  • ハイブリッドは「200万円」前後の価格スタート

 

 

Toyota Safety Sense機能向上

トヨタは2018年に発売する新型車から、次世代型Toyota Safety Senseを順次搭載していく計画です。

プロボックス/サクシード「対歩行者」検知機能を搭載した
プリクラッシュセーフティ技術を採用するでしょう。

現在、先進安全機能の区分は

  • 自動ブレーキ+踏み間違い抑制機能:サポカーS
  • 自動ブレーキのみ:サポカー

となっています。

「サポカー」「サポカーS」は、どんな装置が装着されているのか?を示したもので、
性能の上下ではありません。

 

「サポカー」相当

Toyota Safety Sense(次世代型)

  • プリクラッシュセーフティ(対歩行者・対車両〔昼夜〕/自転車運転者〔昼〕)
  • レーントレーシングアシスト
  • レーダークルーズコントロール
  • オートマチックハイビーム
  • ロードサインアシスト
  • 先行車発進告知機能

Toyota Safety Sense P

  • プリクラッシュセーフティ(対歩行者+対車両)
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

Toyota Safety Sense C

  • プリクラッシュセーフティ(対車両)
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • 先行車発進告知機能

プリクラッシュセーフティ

 

上記が「サポカー」に相当する機能を搭載するクルマです。

 

 

「サポカーS」相当

サポカーSはさらに3つのジャンルに分かれ、

  • サポカーS ワイド
  • サポカーS ベーシック+
  • サポカーS ベーシック

で搭載機能が異なります。

 

 

「サポカーSワイド」相当

必要機能

  • 自動ブレーキ(対歩行者)
  • 車線逸脱警報
  • 先進ライト
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置

対象機能①|下記2機能の両方を搭載する車両

次世代型Toyota Safety Sense
  • プリクラッシュセーフティ(対歩行者・対車両〔昼夜〕/自転車運転者〔昼〕)
  • レーントレーシングアシスト
  • レーダークルーズコントロール
  • オートマチックハイビーム
  • ロードサインアシスト
  • 先行車発進告知機能
インテリジェントクリアランスソナー

 

 

対象機能②|下記2機能の両方を搭載する車両

Toyota Safety Sense P
  • プリクラッシュセーフティ(対歩行者+対車両)
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール
インテリジェントクリアランスソナー

 

 

対象機能③|下記機能を搭載する車両

  • スマアシⅢ 装着車
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対歩行者)
  • 先行車発信お知らせ機能
  • オートハイビーム

 

 

「サポカーS ベーシック+」相当

必要機能

  • 自動ブレーキ(対車両)
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置

対象機能①|下記2機能の両方を搭載する車両

Toyota Safety Sense C
  • プリクラッシュセーフティ(対車両)
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • 先行車発進告知機能
インテリジェントクリアランスソナー

 

 

対象機能②|下記2機能の両方を搭載する車両

プリクラッシュセーフティ(対車両)
インテリジェントクリアランスソナー

 

 

対象機能③|下記機能を搭載する車両

  • スマアシⅡ 装着車
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)
  • 先行車発信お知らせ機能

 

 

「サポカーS ベーシック」相当

必要機能

  • 低速自動ブレーキ(対車両)
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置

上記組み合わせが「サポカーS」に相当する機能を搭載するクルマです。

(ちょっとわかりにくかったですね。すみません)

 

 

追伸情報

関連記事



「商用車」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:http://toyota.jp

 

働くドライバーが「疲れない設計」のプロボックス/サクシード

トヨタ サクシード

クルマを長時間運転するドライバーの使い勝手を高め、車内の快適性・疲労軽減を優先し
「安全につながる」機能性を「インパネ周りに集約」しています。

シートアレンジも工夫

  • 弁当の乗るテーブル
  • 1000ccの紙パック対応飲み物ホルダー
  • コンビニフック位置の工夫(弁当のまとめ買い対応)
  • 交換型携帯電話(スマホ)ホルダー
  • 仮眠を想定したシート(背もたれをほぼ水平に倒せる)

プロボックス/サクシードは「仕事」に特化し、「楽しさ」は封印。
「乗りやすく、使いやすい」性能を開発段階から意識して作られた究極の商用車です。

Return Top