Read Article

ダイハツミライース新型ターボ5MT|ラリー仕様車TR-XX再来?|2019年中期MCにて追加

ダイハツは、価格と燃費が特徴のミライースに

  • 5MT/ターボ仕様

を開発しているとの情報。

2019年中期に実施するマイナーチェンジで追加、との予想です。

 

新型ミライースターボは、5速MTでスポーツ性に特化したモデルとして誕生します。

かつて、ラリー競技モデルとして存在した「ミラTR-XX」のような

ハイスペックモデルとして開発され、ライバル・アルトワークスに対抗します。

 

イメージ画像(ミライース|アクセサリー仕様)

ミライースターボミライースターボ2引用元:https://www.daihatsu.co.jp

新型ミライースターボ|モデル情報

  • エンジン:660cc 直列3気筒空冷ターボ(キャスト搭載)
  • トランスミッション:5MT
  • 安全装備:スマアシⅢ採用
  • ライバル:アルトワークス
  • スポーツグレード追加
  • サーキット対応足回りセッティング
  • 走りやすさを向上

 

スポンサードリンク

 

搭載エンジン

キャストシリーズに搭載されているターボエンジン

水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボを採用。

トルク重視で専用チューニングされます。

競技重視で乗るなら、コーナー後の立ち上がりが早ければ

先の先のラインまで頭が回りますよね。

しかも、変にコーナーに突っ込んだりしなくて済むし、

下手な慣性を残そうと思わずにブレーキングを躊躇なく行えます。

 

 

次にエンジンスペックは、

軽なので上限ありますが、以下となっています。

エンジンスペック|KF型ターボ搭載

最高出力:47kW (64ps)/6400rpm
最大トルク:92N・m(9.4kg・m)/3200rpm

 

 

そして、燃費は「予想の数値」ですが、こうなっています。

燃費

26~29キロ予想。

これだけ走れば十分。

でも、競技となれば10キロ以下でしょうか。ハイオクじゃないのが救いです。

 

 

次に「軽のスポーツモデル」であれば、

エンジンスペックよりも重要な要素は「機能」ですね。

5速マニュアルトランスミッション採用

旧ミラの5MTを改良して搭載。

先代ほどガチの競技用ではなく、街乗りも含んだ設定でしょうか。

ダイハツにはコペンがあるので、そこから引っ張ってきてもおかしくないですね。

 

足回り

サーキット対応足回りセッティング
走りやすさを向上

ノーマルよりはしっかり足も固められて、横揺れの挙動は減りますが、

縦揺れの挙動が増えて「街乗り」には向かなそうですね。

しかし、購入する人はそれが好みでしょうし、

もっとイジるでしょうから、よりサーキット仕様になっちゃいます。

新型ミライースターボは、家族で乗るより、独身者か、

家族持ちのセカンドカーとして、競技専用・ご近所の買い物専用ですね。

 

 

最後に、スペック(予想)はこうなっています。

新型ミライースターボ(TR-XXっぽいモデル)|予想スペック

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1500mm
エンジン:直3 660ccターボ
最高出力:64ps
最大トルク:9.4kgm
トランスミッション:5MT

ルーフの低い軽自動車で、ターボ+5MT

車重:600キロ台のミライースなら、はたからも乗っていても速そう。

小回りもきいて、俊敏な動きを操るのは、かなり楽しめそうです。

 

そして、気になるのは「価格」ですよね。

価格

予想:160万円。

ミライース(ノーマル)+60万円程度の価格設定と予想されています。

スイスポまで、あと20~30万円で手が届きますね。(スイスポ:190万円前後)

軽自動車で燃費も20キロ台だけど、同じターボなら

コンパクトのスイフトのほうがスペックの高さを味わえそうです。

 

 

追伸情報

関連記事

「ミライース」新型派生モデルは、スポーツだけでなく

「ミニバン」にも設定されると予想されています。

 

Return Top