Read Article

Suzukiエスクード マイナーチェンジ|デュアルセンサーブレーキ搭載|2018年11月発売

スズキのエスクードがマイナーチェンジを実施予定です。

改良のメインは「安全性能の向上」を果たし、さらに
エクステリアの前後デザインに変更を加えます。

エスクード|マイナーチェンジ情報

  • エクステリアデザイン調整
  • 安全性能の充実
  • デュアルセンサーブレーキサポート搭載

 

スポンサードリンク

 

エクステリア|前後デザイン変更

エスクード エスクード引用元:https://indianautosblog.com/

  • フロント意匠変更(グリル・バンパー左右)
  • リアコンビランプ|デザイン&技術変更

 

現行は、フロント下部に

  • 円形フォグライト
  • 垂直LED
  • ラジエータグリル

を装備しています。

エスクード引用元:https://indianautosblog.com/

 

 

 

続いては、メインの大きな改良となる安全性の向上です。

同カテゴリの新型ジムニーシエラと同じく
デュアルセンサーブレーキサポートを搭載となるでしょう。

デュアルセンサーブレーキサポート搭載

デュアルセンサーブレーキサポート引用元:https://www.carscoops.com

主な機能は下記が用意されます。

  • 前方衝突警報機能
  • 前方衝突警報ブレーキ機能
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

ワゴンR・スペーシアが先行搭載しています。

単眼カメラ+レーザーレーダーのデュアルセンサーブレーキサポートは、
「2種類のセンサー」で前方を検知するシステムです。

 

レーザーレーダーは、近距離や夜間の検知に優れ、
単眼カメラは、中・長距離に強く、歩行者も認識します。

ワゴンR・スペーシアの予防安全機能を比較すると
最新型のスペーシアには「後退時ブレーキサポート」が追加されていて

  • 「後方誤発進抑制機能」
  • 「標識認識機能」

が採用されている点で、より優れています。

 

この最新機能を搭載したデュアルセンサーブレーキサポートを
エスクードにも採用します。

 

 

ブレーキサポート採用モデル|2017年12月現在

デュアル「カメラ」ブレーキサポート

ステレオカメラ(旧型)
  • ハスラー
  • ソリオ
  • イグニス

デュアル「センサー」ブレーキサポート

単眼カメラ+レーザーレーダー 一体型ユニット
  • スペーシア
  • ワゴンR
  • スイフト
  • 新型ジムニー
  • 新型ジムニーシエラ
  • エスクード

 

以上です。

 

 

 

【2017年7月26日発売】エスクード|1.4ターボ追加

エスクード1.4引用元:http://www.suzuki.co.jp

エスクード 1.4ターボ|スペック

エンジン:1.4L DOHC VVT 直噴ターボ
最高出力:100kW(136PS)
最大トルク:210N・m(21.4kg・m)
駆動:4WD
トランスミッション:6AT
燃費:16.8キロ
価格:258万6600円

 

パワートレーン

力強い加速性能と燃費性能を両立した1.4L直噴ターボエンジンを搭載。

燃費とパワーを両立する1.4L直噴ターボの
ブースタージェットエンジン(無鉛レギュラーガソリン対応)を搭載。

 

2.0L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現し、
街乗りから高速走行まで幅広いシーンで扱いやすく優れた性能を発揮。

1速~6速の変速比幅が大きく、低速域では優れた発進加速性能、
登坂性能を実現した6速AT(マニュアルモード付パドルシフト)を採用。

高速域の静粛性、燃費性能を向上しています。

 

安全装備&ロングドライブサポート機能

レーダーブレーキサポートⅡ標準装備

ミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システム
「レーダーブレーキサポートⅡ(RBSⅡ)」を標準装備。

  • 前方衝突警報機能
  • 前方衝突警報ブレーキ機能
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能

を備え、安全機能を充実。

 

SRSカーテンエアバッグ・フロントシートSRSサイドエアバッグ標準装備

エスクード 1.4ターボ専用装備。

 

アダプティブクルーズコントロール(ACC)標準装備

先行車との速度差や車間距離を測定し、あらかじめ設定した速度(約40~約100km/h)で
先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速、減速し追従走行します。

 

新世代四輪制御システム「ALLGRIP」|優れた走破性を実現

  • 「電子制御4WDシステム」
  • 「4モード走行切替機能」
  • 「車両運動協調制御システム」

の3つのテクノロジーからなるスズキ独自の
新世代四輪制御システム「ALLGRIP」を採用。

AUTO・SPORT・SNOW・LOCKの4つのモードから選ぶことで、
さまざまな走行シーンにおいて、優れた走破性と走行安定性を実現。

 

エスクード専用制御を採用し、オフロードに多い
前後2輪(対角輪)がスリップする路面状況での走破性を向上。

LOCKモード選択時、さらに強力なブレーキ制御を行なうことで
より高い悪路走破性を実現します。

 

躍動感あふれるスポーティースタイル

エクステリア
  • メッキフロントグリル(5スロットタイプ)
  • 17インチアルミホイール(ブラック塗装)
  • ルーフレール
  • LEDヘッドランプ(レッドプロジェクターカバー付)
  • LEDサイドターンランプ付カラードドアミラー(高輝度シルバー)

 

インテリア
  • ステンレス製ペダルプレート
  • 本革巻ステアリングホイール(オーディオスイッチ付)
  • 本革&スエード調シート表皮(エンボス加工)
  • 6スピーカー(フロント2、フロントツイーター2、リヤ2)
  • アームレスト機能付コンソールボックス
  • アルマイトレッド加飾(メーターリング、エアコンルーバーリング、センタークロックガーニッシュ)
  • レッドステッチ(ステアリングホイール、シフトブーツ、シート)

 

 

追伸情報

関連記事

「SUV」のマイナーチェンジ一覧

 

グリル下に大きなセンサー。 フロントの技術改善。

エスクード1 エスクード2 エスクード8

リアは、テールライトにLEDを採用。

エスクードo

 

Return Top