Read Article

ファン待望の新型スープラと新型フェアレディZのライバル車比較

2019年1月、ついに待望のトヨタ新型GRスープラが公開されました。

スープラ

BMWとの共同開発ということでも話題になっていました。

しかし、非常にアグレッシブなスタイルとピュアスポーツを追求した完成度の高さ。

また、GRシリーズ初のグローバルモデルとして、世界のファンのもとへと届けられることになります。

この最上級スポーツカーのライバルとなるのが日産フェアレディZです。

スポンサードリンク

新型スープラと新型フェアレディZのライバル車比較

新型スープラの永遠のライバルとして注目されているのが日産新型フェアレディZ

現行のZ34型が2008年に登場してから既に10年が経過。

次期モデルの噂が出ては消えるということを繰り返しています。

フェアレディZ2

2019年はフェアレディZの生誕50周年にあたり、東京モーターショーでコンセプトカーが公開されるのではないかと言われています。

そして、新型スープラがBMWとの共同開発であるのに対して、新型フェアレディZはダイムラーの協力を得て開発され、メルセデスベンツと兄弟車となる可能性があるようです。

トヨタスープラと日産フェアレディZの歴史

トヨタスープラと日産フェアレディZを比較すると、フェアレディZのほうが長い歴史があります。

初代スープラが登場したのは1978年のこと。

当時はアメリカで大人気となっていたフェアレディZの対抗するために開発。

トヨタのフラッグシップスポーツモデルでした。

スープラ10

それに対してフェアレディZの歴史を遡ると、その源流はダットサン・フェアレディに行きつきます。

華麗な2ドアのオープンカーとして人気を博しました。

ダットサン

そしてこのダットサン・フェアレディを引き継ぐ形で、1969年に日産フェアレディZが登場することになります。

フェアレディZ9

日産を代表するスポーツカーであり、日本車を代表するグローバルなスポーツカーとして初代モデルは世界販売台数55万台(内国内販売台数は8万台)を達成。

その名を世界に轟かせました。特にアメリカ市場では「Z」という名前で大ヒット。

美しいプロポーションや高性能を誇り、フェラーリやポルシェと比べ圧倒的に安く手に入るということが人気の秘密でした。

フェアレディZ7

トヨタスープラと日産フェアレディZに共通しているのは、どちらもロングノーズショートデッキという典型的なスポーツカースタイルの2ドアクーペであり、

それぞれのメーカーが持っている最高の技術を投入して製造されたクルマであるということです。

両者ともモーターレースにも積極的に用いられました。

ただ日産の場合は、国内専用スポーツカーとしてスカイランGT-Rがあり、GT-Rの硬派な雰囲気に対してフェアレディZはエレガントな雰囲気がある位置づけがされていました。

フェアレディZ11

予想販売価格比較

フェアレディZ10

予想価格は新型スープラ、新型フェアレディZ共に450万円前後からとなるでしょう。

スープラ13

新型スープラと新型フェアレディZのスペック比較

ボディサイズ

ライバルであるスープラよりも、ホイールベース約70mm、全長140mm、全幅30mm長くなる予想です。

Z35|ボディサイズ
全長:4520mm
全幅:1890mm
全高:1240mm
ホイールベース:2550mm(現行から300mm短縮)

【参照】スープラ|ボディサイズ
全長:4380mm
全幅:1865mm
全高:1290mm
ホイールベース:2470mm

フェアレディZ0

これは新型フェアレディZのプラットフォームが大型セダンのインフィニティQ60と共用して開発されることが大きいようです。

パワートレイン

新型スープラには、最高出力197ps仕様と258ps仕様の2種類があるB48T型2.0L直4ターボ。

最高出力340ps、最大トルク45.9kgmを発揮するB58T型3.0L直列6気筒DOHCターボが搭載されています。

どちらのエンジンもBMW製のエンジンです。

スープラ8

一方、フェアレディZに搭載されるエンジンは最高出力405ps、最大トルク48.4kgmを発揮するV6 3.0Lツインターボとなります。

これは同エンジンを搭載しているインフィニティQ60のものをさらにパワーアップさせたものとなります。

エンジンの比較ではフェアレディZに軍配があがります。

フェアレディZ5

追伸情報

関連記事


画像引用元:https://www.carscoops.com

Return Top