Read Article

Honda N-BOX SLASH マイナーチェンジ|インテリアカラーパッケージ変更|2018年1月19日発売

ホンダは、N-BOX スラッシュをマイナーチェンジして2018年1月19日に発売します。
今回のマイナーチェンジには、ベースモデルであるN-BOXのフルモデルチェンジ内容(2017年9月)は採用されません。

N-BOXスラッシュ|マイナーチェンジ情報

  • インテリアカラーパッケージのシート色変更&新スタイル追加
  • ボディカラーに新色設定&2トーンカラー追加
  • インテリアパッケージ&2トーンカラーが全グレードで選択可能に
  • 価格:135万9720円~192万240円

 

スポンサードリンク

 

【2018年1月19日】N-BOXスラッシュ|マイナーチェンジ

インテリアカラーパッケージ|シート色変更&新スタイル追加

  • ブライトロッドスタイルのシート色変更

ベースグレードに設定のインテリアカラーパッケージ・ブライトロッドスタイルのシート色をモカへ変更し、質感を向上。

ブライトロッド スタイル (1) ブライトロッド スタイル (2)

 

インテリアカラーパッケージに新スタイル追加

  • ダークスタイルを追加

ダーク スタイル ダーク スタイル (2)

 

ボディカラー|新色設定&2トーンカラー追加

  • 全ラインナップ:モノトーン全7色/2トーン全10色

新色設定

  1. プラチナホワイト・パール
  2. プレミアムアガットブラウン・パール
  3. サンセットオレンジII

プレミアムアガットブラウン・パール

 

2トーンカラー追加

  • クリスタルブラックパール&レッド

クリスタルブラック・パール&レッド

 

インテリアパッケージ&2トーンカラー|全グレードで選択可能

これまで一部グレードのみに設定されていたインテリアパッケージと2トーンカラーが今回から全グレードで選択可能に。
個性豊かなN-BOX スラッシュのスタイリングの魅力を向上しています。

 

 

 

【2016年9月16日】N-BOXスラッシュ|マイナーチェンジ

ホンダはN-BOXスラッシュにマイナーチェンジを施し、2016年9月16日発売。
内外装に多彩で個性的なデザインを選べるN-BOXの魅力をさらに高めるためいくつかの変更が加えられました。

N-BOXスラッシュのマイナーチェンジ変更点

  • 新たにインテリアカラーパッケージ追加
  • 快適装備を追加
  • 新ボディカラー設定
  • 新価格設定
  • 価格帯:132~184万円

ユーザーが購入を楽しめて、買いやすいモデルとなっています。

N-BOXスラッシュ|変更点

  1. トレッキングスタイル追加
  2. 新デザインのアルミホイール設定
  3. 快適装備の追加
  4. 購入しやすい価格設定

 

インテリアカラーパッケージに新スタイル

「トレッキングスタイル」を追加。新たなスタイルを設定し、ユーザーの好みに合わせた個性的なインテリアの選択肢を広げています。全6スタイルから選択可能に。

 

新デザインのアルミホイール

Xターボパッケージ専用の15インチアルミホイールを新たなデザインに変更。おしゃれに磨きがかかったアルミを採用し、より魅力的な足元の演出が可能に。

 

快適装備の追加

360°スーパーUV・IRカットパッケージ、充電用USBジャック(急速充電対応タイプ)を新設定。過ごしやすい室内空間に仕上げられ、外出時もデバイス管理ができる装備を追加。

 

一部装備を変更し購入しやすい価格設定へ

あんしんパッケージをメーカーオプション設定へ。

G Lインテリアカラーパッケージ&Gターボ Lインテリアカラーパッケージに標準装備であった「あんしんパッケージ」をメーカーオプションに設定。
これにより、カラーパッケージ装着車を購入しやすい価格設定にしました。

 

ボディカラー

モノトーン

  1. シャイニンググレーメタリック
  2. クリスタルブラックパール

 

2トーン

  1. シャイニンググレーメタリック×ブラック
  2. クリスタルブラックパール×ホワイト

 

2トーンの新しい組み合わせ追加
  1. サーフブルー&ブラック
  2. アッシュグリーンメタリック&ブラック

これによりモノトーン全9色・2トーン全16色のカラーバリエーションを採用しています。

 

 

 

【2015年2月5日】N-BOXスラッシュ|マイナーチェンジ2015

インテリアの雰囲気や車内サウンドにこだわったホンダNシリーズ・N-BOXスラッシュマイナーチェンジ。
新色追加&インテリアカラーを実施しています。ボディカラーを2色追加し、装備に改良を加えます。

さらに、ユーザーに好評の「インテリアカラーパッケージ」は「G」Lパッケージ、「G」ターボLパッケージでも選択可能に。

 

インテリアカラーパッケージ選択の裾野を広げたN-BOXスラッシュ

「G」グレードを除くすべてのグレードで選択可能になりました。

インテリアカラーパッケージ

  1. ダイナースタイル
  2. グライドスタイル
  3. セッションスタイル
  4. ストリートロッドスタイル

と4つのタイプ別設定があります。残りの1スタイル・ブライトロッドスタイル(ベージュ系)は、G/G・Lパッケージ用のベースカラーです。

 

N-BOXスラッシュ|モノトーン全9色/2トーン全14色

モノトーン|追加

  1. プレミアムピンクパール
  2. アッシュグリーンメタリック

 

2トーン|追加

  1. プレミアムピンクパール×ホワイト
  2. プレミアムピンクパール×ブラック
  3. アッシュグリーンメタリック×ブラック
  4. ミラノレッド×ブラック
  5. プレミアムイエローパールⅡ×ブラック

 

価格

G Lパッケージ
134万円(FF)
146万円(4WD)

Gターボ Lパッケージ
155万円(FF)
167万円(4WD)

 

インテリアカラーパッケージの価格

G Lインテリアカラーパッケージ
151万5000円(FF)
163万5000円(4WD)

ターボL インテリアカラー パッケージ
162万円(FF)
174万円(4WD)

ベースとなる「G」グレードの価格
132万円(FF)
144万円(4WD)

 

N-BOXスラッシュ「G」Lパッケージ|主な装備

G Lパッケージ(Gの装備に加えて)

  1. IRカット/UVカット機能付ガラス(フロントウィンドウ)
  2. IRカット/スーパーUVカット機能付ガラス(フロントドア/フロントコーナー)など

 

Gターボ Lパッケージ(G・Lパッケージの装備に加えて)

  1. ディスチャージヘッドライト、オートリトラミラー
  2. クルーズコントロール
  3. パドルシフト
  4. クロームメッキ加飾
  5. 本革巻ステアリングホイール
  6. ストリートロッド スタイル パッケージ
  7. 14インチスチールホイール+カラードディッシュホイールなど

 

G Lインテリアカラーパッケージ(G・Lパッケージの装備に加えて)

  1. あんしんパッケージ
  2. ディスチャージヘッドライト、オートリトラミラー
  3. クロームメッキ加飾
  4. 本革巻ステアリングホイール
  5. 運転席&助手席シートヒーター、ステアリングヒーター
  6. インテリアカラーパッケージ
  7. 14インチスチールホイール+カラードディッシュホイールなど

 

GターボLインテリアカラーパッケージ(G・L インテリアカラー パッケージの装備に加えて)

  1. クルーズコントロール
  2. パドルシフトなど

 

 

 

【2014年12月22日】N-BOXスラッシュ2014|Nシリーズ第5弾発売

ホンダがハスラーやウェイクに対抗する軽自動車、Nシリーズ第5弾となるN-BOX SLASH(スラッシュ)を2014年12月22日に発売します。

Nシリーズは、N-BOX、N-BOX+、N-ONE、N-WGNと2012年から次々と発売され、3年の間に今回のN-BOXスラッシュで全5車種の発売となります。

この時期に発売される理由は、今や軽自動車市場にも大きな販売拠点を作り上げたホンダが、
ライバルである軽自動車最大手のスズキやダイハツに追い付け追い越せで、戦いを挑むためですね。

どうやらこだわりのある個性的な軽自動車のようです。では、概要を。

 

N-BOXスラッシュはホンダ独特のエクステリア

エクステリアの印象をざっくり表現するなら、N-BOXのルーフだけを12cm切り取った形ですね。

N-BOX自体、フロントの印象はボンネットの位置が高く特徴のあるマスクだったので、ルーフを低くしウィンドウが狭まった形は、個性的なデザインとなります。

 

N-BOXスラッシュを最初に見たとき、昔ホンダから発売されていたクロスロードという車を思い出しました。
クロスロードは、2007~2010年まで発売されていて、今は絶版となったようですね。

当時クロスロードが発売されたときは、「また個性的なの出したな~。売れなさそう」という思いを抱いたのを覚えています。3年で廃止になってたんですね。

 

しかし、 N-BOXスラッシュに関しては、今波に乗っているホンダの軽自動車シリーズなので、名前もN /と斬新でおそらくヒットを飛ばすのでしょう。

この他にも特徴として、後部ドアハンドル(開閉取手)が窓より後ろにあること。また、スライドドアは採用せず、ヒンジ(開く)タイプとなります。

ドアハンドルが後部にあるのは、ヴェゼルに採用されているので分かりやすいですね。この配置により、2ドアのように見えるのが特徴となっています。

 

Nスラッシュ|スペック

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1660mm
ホイールベース:2520mm
エンジン:直3DOHCターボ658cc
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.6kgm/2600rpm
JC08モード:25.8km/L
価格:138~188万円

 

 

追伸情報

関連記事

「軽自動車」マイナーチェンジ一覧

画像引用元:https://www.honda.co.jp

Return Top