Read Article

レクサス新型最高級SUV|LF-1リミットレスベース1380万-1800万円|2021年発売予想

レクサスは、国産最高級となるSUVモデルを2021年頃発売するという情報。

「LF-1リミットレス」という北米モーターショーで披露した

コンセプトカーをベースに開発します。

レクサス国産最高級SUV|モデル情報

  • 「LF-1リミットレス」ベース
  • 予想価格:1380万〜1800万円(UXの3倍近いですね)
  • ライバル:ポルシェカイエン/ランボルギーニウルスウルス
  • クロスオーバーでも重心の低いフォルム
  • ドライバーのジェスチャーを検知して操作するデバイス搭載
  • 自動運転技術を搭載

 

スポンサードリンク

 

【2021年発売予想】レクサス国産最高級SUV|概要

  • GA-Lプラットフォーム採用
  • 特徴的なヘッドランプ形状採用

次世代LXともとれるLF-1 Limitlessは、パワートレーンに

  • ガソリン
  • ハイブリッド
  • プラグインハイブリッド
  • EV・FCV

と幅広く採用するモデルになります。

 

予想されるパワートレーンの内容は以下となります。

  • エンジン1(ガソリン):3.5L V6ツインターボ搭載
  • エンジン2(ハイブリッド):3.5L V6ハイブリッド搭載
  • エンジン3(Fスポーツ):新開発4.0L V8ツインターボ搭載
Fスポーツ 4.0L V8ツインターボ|スペック

最高出力:600ps
最大トルク:800Nm(81.5kgm)

ほとんどの要素を「新型LS」と共有するスペックです。

 

 

エクステリアはかなりシャープで攻めのデザイン。

ちょっと「UX」に見られる特徴と似てますね

エクステリア

LX570 LX570 3 2LX570  LX570 4

LF-1 Limitless (8)LF-1 Limitless (9)LF-1 Limitless (4) LF-1 Limitless (7) LF-1 Limitless (5)引用元:https://lexus.jp

  • フロントマスク:ノーズを延長(マツダスタイル?)
  • スピンドルグリル:立体的に表現し力強さを演出
  • ヘッドライト:フロントの立体的な造形に一体化させている
  • キャビン:後方に伸びあがるデザイン
  • ボディ:クロスオーバーでも重心を低く感じさせるフォルム
  • プロポーション:ボンネットから水平基調がリアへ続き力強さを演出
  • スタンス:ワイド&ロー&どっしり

 

 

ボディサイズ

LF-1 Limitless (3)引用元:https://lexus.jp

全長:5014mm
全幅:1986mm
全高:1605mm
ホイールベース:2974mm

 

デザイン担当|コンセプトカー

Calty Design Research, Inc.(米国・南カリフォルニア)

LF-1リミットレスは、次世代の高級感を表すデザインの可能性を示し、

自動運転技術を搭載する未来を予感させるコンセプトカーを表現しています。

 

【動画】エクステリア

 

 

続いてはインテリアの特徴になります。

インテリア

フロント|装備&機能

  • モーションコントローラー:ドライバーのジェスチャーを検知して操作
  • ディスプレイ:直感的認識が可能な表示を採用
  • ステアリング:パーキング・リバースなどのシフト操作を集約

LX570 5 LX570 6 LX570 7 LX570 8 LX570 9

LF-1 Limitless (2)引用元:https://lexus.jp

 

リア|装備&機能

  • マルチオペレーションパネル:エンターテインメントシステム・快適機能を一括操作可能
  • 4Dナビゲーションシステム(タイムマネジメント可能):車両・交通の状況に応じた判断が可能(休憩・レストラン提案・ホテル予約などを可能に)

LF-1 Limitless (1)引用元:https://lexus.jp

 

【動画】インテリア

 

【動画】レクサスLF-1 Limitless

 

 

スポンサードリンク

 

【2015年9月14日発売】レクサスLX570|フラグシップSUV

現在、レクサスSUのラインアップは「NX」「RX」「LX」で

エントリーモデルから本格的なクロカンまで3機種登場しています。

LX570のベースは「ランドクルーザー」。

搭載エンジン・装備の違いなど、

レスサスのオリジナリティを装備して登場しています。

レクサスのフラグシップ(最高級)SUVならではの装備充実が図られています。

LX570|モデル情報

  • V8DOHC 5.7L「3UR-FE」搭載/8速AT
  • 最高出力:277kW(377PS)/5600rpm
  • 最大トルク:534Nm(54.5kgm)/3200rpm
  • 価格:1100万円

 

エンジン|自然吸気エンジン(3UR-FE)

LX570 (1)引用元:https://car.watch.impress.co.jp

 

伸びやかで扱いやすい動力性能

2000rpmから最大トルクの約90%を発生させるワイドなトルクバンドを実現。8速ATとの組み合わせによりオンロードでは伸びやかな加速、オフロードでは低・中速域での力強さを発揮。

 

LX570|スペック

全長:5065mm
全幅:1980mm
全高:1910mm
ホイールベース:2850mm
トレッド(前/後):1645/1640mm
重量:2720kg
エンジン:型8気筒DOHC 5.7L(3UR-FE)
最高出力:277kW(377PS)/5600rpm
最大トルク:534Nm(54.5kgm)/3200rpm
トランスミッション:8速AT
JC08モード燃費:6.5km/L
駆動:4WD
乗員:8名
サスペンション(前/後):ダブルウイッシュボーン/トレーリングリンク
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:285/50 R20
ホイールサイズ:20×8 1/2J

 

機能

ドライブモードセレクト(レクサス初採用)

パワートレーン・シャシー・空調の各制御の組み合わせを自由に選択可能なCUSTOMIZEモード搭載。

4-Wheel AHC(Active Height Control suspension)

サスペンションを自在に制御。4-Wheel AHCはさまざまな状況下で車高調整を自動制御する機構で、レクサスとして初採用となる乗降モード使用時には、エンジンを切った際に車高を下げることが可能。

AVS(Adaptive Variable Suspension system)

走行状態に応じて減衰力を自動制御するAVSでは、車体のあおりを滑らかに制御し、優れた乗り心地と操縦安定性を確保。

マルチテレインモニター|標準装備

車両周囲の状況確認を4つのカメラでサポート。ドライバーの死角になりやすい車両周囲6エリアの路面状況を確認することができ、オフロード走行時はもとより狭い道での走行や路肩への幅寄せをサポート。オフロード走行時の車両下の状態やタイヤ位置の確認が可能となるアンダーフロアビュー機能も備わっています。

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」標準装備

  • プリクラッシュセーフティ:歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ
  • レーンディパーチャーアラート」(LDA):車線逸脱の可能性を運転者に知らせる
  • アダプティブハイビームシステム」(AHS):先行車や対向車を遮光しハイビームを照射
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付):高速道路で先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行可能

 

エクステリア

LX570 (2) LX570 (3)引用元:https://car.watch.impress.co.jp

  • ロア部を大胆に厚くした安定感のあるフロントビュー
  • 伸びやかで厚みのあるダイナミックなアンダーボディーを強調するサイドビュー
  • プロテクター形状を彷彿とさせるグリル下端部
  • グリルフレームと一体化された硬質な面状のグリルインナーバー
  • 力強さと洗練さを兼ね備えたスピンドルグリル

LEDシーケンシャルターンシグナルランプ|レクサス初採用

ターンシグナルが流れるように点灯し、右左折時の注意喚起を高め、先進性を演出しています。

21インチアルミホイール|オプション設定

 

インテリア

LX570 (1)引用元:https://car.watch.impress.co.jp

金属、革、本木目と異なる素材のコントラストを際立たせ「上質感」を演出。

水平基調のインストルメントパネルによって

車両の姿勢状態を容易に把握でき、本格SUVとしての基本性能も確保。

 

空調システム|レクサス クライメイト コンシェルジュ採用

  • オートエアコン
  • ステアリングヒーター
  • 運転席/助手席・セカンドシートのシートヒーター
  • シートベンチレーション

の各機能を一括して連動・作動させる

クライメイトコンシェルジュスイッチを世界初搭載。

 

さらに、助手席とセカンドシートでは着座乗員の有無を検知し、

各機能を自動的に作動または停止させることが可能。

 

SDナビゲーションシステム(12.3インチワイドディスプレイ)採用

「VICS WIDE」の対応で渋滞情報の精度を高め、

オプションで11.6インチディスプレイをフロントシートのシートバックに

2台設置できるリヤシートエンターテインメントシステムが用意されています。

 

 

追伸情報

関連記事

 

Return Top