Read Article

スポンサードリンク

ホンダ新型S1000|S660規格をコンパクトサイズに変更|2018年12月発売予想

ホンダは、新型となるS1000を2018年12月発売予定。予想価格は250万円程度で、1.0Lエンジン搭載のコンパクト2シータースポーツを展開し、若者にも親しまれるモデルを誕生させます。

新型S1000|モデルチェンジ情報

  • S660の規格をコンパクトサイズに変更
  • デザイン:NSXフォルム
  • 1.0L直噴VTEC TURBO搭載
  • 最大出力:127ps/トルク:20.4kgm
  • ライバル:トヨタ新型GRブランドFFスポーツ

 

スポンサードリンク

 

新型S1000|モデルチェンジ情報

フィットクラスのスポーツ特化モデル誕生|世界戦略車

S1000は、軽自動車規格で2シータースポーツオープン「S660」のスポーツボディを大型化させ、フィットクラスの小排気量エンジン「1.0L直噴VTEC TURBO」を搭載して発売されます。

1.0L直噴VTEC TURBO
新開発1.0L直噴VTEC TURBO
最大出力:127ps
最大トルク:20.4kgm

小型・中型モデルに最適な直噴ガソリンターボエンジン「VTEC TURBO」を新開発。VTEC TURBOエンジンは、Honda独自の「VTEC」をはじめとした可変動弁機構を適用し、高流動燃焼を用いた直噴ターボ過給による出力向上でエンジン排気量をダウンサイジング。さらに徹底的なフリクション低減により、クラストップレベルの出力性能と環境性能を両立しています。

排気量:2.0L/1.5L/1.0Lの3クラスを設定し、既存のハイブリッド技術やディーゼルエンジンと同様、今後グローバルで発売されるモデルの特性や地域ニーズに合わせて順次適用していきます。

S1000|スペック
全長:3500mm
全幅:1550mm
全高:1180mm
ホイールベース:2530mm
エンジン:直3 1.0L 直噴VTEC TURBO
最高出力:127ps
最大トルク:20.4kgm
駆動:MR?/FR?
JC08モード燃費:30キロ
価格:250万円

 

エクステリア|S1000

「S1000」引用元:https://spyder7.com

NSX譲りのフロントエンド・エアーバルジを備えるボンネット・最大限にエアロダイナミクスを活かすボディキットを装備。前後オーバーハングやホイールベースを切り詰め、コンパクトかつ、アグレッシブなエクステリアを与えられた本格高性能コンパクトスポーツS1000。

NSX

NSX引用元:http://www.honda.co.jp

S660

S1000 2引用元:http://www.honda.co.jp

関連記事ホンダS660特別仕様車コモレビ エディション|2017年11月10日~2018年1月31日受注受付

 

ライバル|トヨタ新型GRブランドFFスポーツ

トヨタのS-FRが開発中止となり、トヨタは方向性を変え、既出モデル(提携企業含む)をベースとした若者向けライトウェイトスポーツの開発を進めています。

関連記事トヨタ新型GRブランドFFスポーツ|コペンベース1Lターボ搭載|2019年発売予想

このモデルはS660のライバルともなるコペンをベースにGAZOOレーシングが開発するモデルです。時期的にも近いものがあり、同時期にはスズキがカプチーノを復活させる情報もあるので、ますます2シーターオープンスポーツ(軽・乗用)の登場が信憑性を帯びてきます。

関連記事カプチーノ新型2018年秋に4WD軽スポーツで復活か?

欧米を視野にS1000を展開|日本市場にも投入

クラス下となるS660は日本限定の規格で欧米市場への展開が難しいため、S660の基礎を応用して、全幅・全長・エンジンサイズなどを乗用車クラスに手直しして、効率的に1.0Lクラスのスポーツモデルを展開させる計画です。日本発売も視野に入っており、気軽にスポーツ走行を楽しめるコンパクトスポーツモデルとして発売が期待されています。

日本で発売されるとなれば、軽自動車の排気量660ccを1000ccへ向上させた恩恵として、自動車税は軽自動車に次いで安い29500円で済むため、気負うことなく購入を検討できるモデルとなります。

 

追伸情報

関連記事

Return Top