Read Article

スポンサードリンク

トヨタ新型オーリス/オーリスハイブリッド|スポーツモデル追加|2018年5月発売

トヨタは、オーリスに5年ぶりのフルモデルチェンジを実施します。これからスポーツカーのラインナップ強化が加速していき、2018年5月発売の新型オーリスにも、ノーマル/ハイブリッドの他、スポーツモデルを設定します

新型オーリスのモデルチェンジ情報

  • C-HRルックのフロントマスクデザイン
  • TNGA新開発プラットフォーム採用
  • 室内空間拡大・空力性能向上・低重心化・ボディ剛性強化・ボディサイズ拡大
  • エンジン(ガソリン):1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ
  • エンジン(ハイブリッド):1.8L 直列4気筒 DOHC+モーター
  • ハイブリッド:小型THSⅡ採用(燃費25%動力性能15%向上)

 

スポンサードリンク

 

【2018年5月発売】新型オーリスのモデルチェンジ情報

新型オーリスは、カローラハッチバックとも呼べるノーマル/ハイブリッドモデルと、走行性能に特化したハイパフォーマンスモデルを設定します。

1.8Lハイブリッド/1.2Lターボ(ガソリン)/1.5L&1.8Lガソリンというラインアップで2018年5月に発売予定です。

エクステリア

オーリス1 オーリス2

インテリア

オーリス3

新型オーリス|ノーマルモデル|モデル情報

現行モデルと同様に、180万〜260万円の価格帯で発売されます。

ガソリンエンジン搭載モデル|スペック
エンジン:1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ
最大出力:116ps/5200-5600rpm
最大トルク:18.9kgm/1500-4000rpm
トランスミッション:6MT/CVT
駆動:FF/AWD
JC08モード燃費:20km/L(現行19.4km/L)
エンジン:1.5Lガソリン
最高出力:105ps
最大トルク:135Nm
エンジン:1.8Lガソリン
最高出力:143ps
最大トルク:173Nm
ハイブリッドエンジン搭載モデル|スペック
エンジン:1.8L 直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力:98ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/3600rpm
モーター最大出力:72ps
モーター最大トルク:16.6kgm
駆動:FF/4WD(E-Four)
JC08モード燃費:35km/L(現行30.4km/L)

 

新型オーリス|ハイパフォーマンスモデル(GR)|モデル情報

トヨタ カローラ次期型ベース、260馬力の高性能ハッチ引用元:https://spyder7.com/

予想価格は400万円程度。オーリスノーマル(ガソリン/ハイブリッド)モデル発売(2018年5月)の1年後となる2019年に発売予定。

C-HRのフロントマスク(最新型キーンルック)を採用しています。C-HRと同じく若者向けデザインが特徴で、スタイリッシュな印象を与えられています。

ハイパフォーマンスモデル(GR)|スペック

3気筒1.6L直噴ターボ+4WDモデルとして登場します。2019年にフルモデルチェンジ予定のヴィッツ(ヤリス統合)に搭載される1.6Lエンジンで、3気筒を選んだ理由は先を見越した規定変更に備えてのこと。

【参照】3気筒1.6L直噴ターボ|出力
出力:136ps/22.4kgm(BMW118i搭載・直3 1.5Lエンジンのもの)

この新型ヴィッツのパワートレーンがベースとなる3気筒1.6Lターボを搭載する4WDモデルが、新型オーリスのハイパフォーマンスモデルです。スポーツと名がつくため、GRを開発するGAZOOレーシングカンパニーがプロデュースにあたります。

ハイパフォーマンスモデル(GR)|特徴
1.6Lターボ+4WDハッチバックモデル
ライバル:欧州ゴルフGTI/ホンダシビック typeR
C-HRルックのフロントマスク

civic type-r1

新型オーリスはGRMN発売?
BMWプラグインハイブリッドスポーツi8搭載・直3 1.5Lターボ搭載予想
出力:231ps/32.6kgm

 

新型オーリス|Toyota Safety Sense C標準装備

6つのSRSエアバッグの標準装備など安全装備を充実。

Toyota Safety Sense Cの主な機能(衝突回避支援パッケージ)

レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーを装備。それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。レーザーレーダーは近距離を高精度で検知できる上に、昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。

一方、単眼カメラはより遠くまで検知でき、クルマ・白線・対向車のランプも認識。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)
進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。衝突が予測される場合には、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合は強力なブレーキアシストが作動。ブレーキを踏めなかった場合は自動ブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。
レーンディパーチャーアラート(車線逸脱予防機能)
レーンディパーチャーアラートは、道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。
オートマチックハイビーム
ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。
先行車発進告知機能
信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

 

スポンサードリンク

 

【2016年4月18日発売】マイナーチェンジ2016|ハイブリッド追加

オーリスがハイブリッドを追加しました。また、120T RSグレードも追加しています。エクステリアは、ノーマル5ドアハッチバックに「トヨタエンブレム&ハイブリッドシナジードライブマーク」を装着する程度の変更です。販売はネッツ&トヨペットからの併売。

オーリスハイブリッド|特徴

  • 1.8L直4エンジン+モーター
  • 上級グレード「Gパッケージ」設定
  • ブラック&ホワイトシート採用
  • 17インチアルミホイール採用

新型オーリスハイブリッドのモデルチェンジ情報

30系プリウスの機能を引き継ぐオーリスハイブリッド。エンジンは、新型プリウス搭載「リダクション機構付THSⅡ」ハイブリッドユニットを受け継ぎます。

リダクション機構
モーター出力を減速(リダクション)ギアで伝える
モーターを「小型化&軽量化」できる
それによる「コスト削減」に繋がる
モーターの最高回転数が先代プリウスの2倍
といった役割を実現しています。
エンジンパワー
エンジン出力/トルク:99ps/14.5kgm
モーター出力/トルク:81.6ps/21.1kgm

車両重量は1390kgとほぼ変わらないため、先代プリウスと同じ「30.4km/L」の燃費を実現しています。

新型オーリスハイブリッド|価格
HYBRID
262万473円
HYBRID 「G」Package
283万2545円
上級「G」グレードの装備内容
インテリア|革張りシート設定

標準グレードはブラック基調シート。上級「G」グレードには、本革とウルトラスエードのブラック&ホワイトコンビネーションカラーシートを設定します。また、オーリスハイブリッド上級グレード専用「ホワイト&ブラック」インテリアも用意されています。

この辺りの仕上がりは、前回のマイナーチェンジで限定発売された「シャア専用オーリス」から学んで作られた部分もありそうです。

エクステリア|17インチホイール標準装備

ブラック&シルバーコンビネーションのシャープなスポーク仕様のアルミホイールが採用されます。

 

追伸情報

関連記事

Return Top