Read Article

スポンサードリンク

トヨタ新型GRブランドFFスポーツ|コペンベース1Lターボ搭載|2019年発売予想

コンパクトFRスポーツ・S-FRの開発が中止となり、トヨタは方向性を変え、既出モデルをベースとした若者向けライトウェイトスポーツモデルの開発を進めているとの情報です。

「安くて扱いやすいスポーツカー」をキーワードに、トヨタで再始動した新型スポーツカー開発はダイハツ・コペンをベースに1Lターボを搭載する新型FFスポーツです。

ベーシックで安いモデルであれば若者も購入しやすく、0からの開発コストを抑えるため既出モデルの軽オープンスポーツ・コペンを軸に開発を進める計画。

トヨタ新型FFスポーツのモデル情報

  • ダイハツ開発「骨格構造Dフレーム」採用
  • 多彩なボディデザインが演出可能なドレスフォーメーション採用
  • タンク/ルーミー/トール搭載|1KR-VETチューニング・1Lエンジン搭載
  • 最高出力/最大トルク:110㎰/16.0kgm予想
  • GRモデルをラインナップし走りの楽しさを存分に味わえるモデル
  • 現在開発テスト実行中で発売は(2018年後半から)2019年予想
  • 価格:100万後半~250万円

 

トヨタ新型GRブランドFFスポーツ|モデル内容

骨格構造D-Frame(Dフレーム)採用|コペン採用新骨格構造

トヨタ新型FFスポーツモデルは、コペンに採用された剛性・衝突安全性を骨格構造のみで確保するDフレームを採用します。Dフレームは、フレーム構造・モノコック構造をベースにした新しい概念の骨格構造で、初代コペンに比べ、上下曲げ剛性約3倍・ねじれ剛性約1.5倍とし、高いボディ剛性を実現。操縦安定性と乗り心地も向上します。

内外装着脱構造|DRESSFORMATION(ドレスフォーメーション)

トヨタ新型FFスポーツモデルは、Dフレームを採用することで、コペンが持つ自由度の高いボディデザインを手に入れます。樹脂外板の着せ替え構造で、自由なスタイルチェンジを可能にする「DRESS-FORMATION」を採用しています。この構造をトヨタも新型FFスポーツモデルに生かす計画です。

また、1Lエンジン搭載により乗用車規格を採用するので、コペンとキャビンサイズは変わらずとも全幅は拡大し、大きなフェンダーを持つワイド&ロースタンスなフォルムとなります。

開発はGAZOOレーシングカンパニー

開発はGAZOOレーシングが担当し、GRシリーズもラインナップされます。トヨタは新型FFスポーツモデルをGRブランド専用車と捉えており、ライトウエイトスポーツにふさわしいスポーツ専用チューニングが施されるでしょう。

搭載エンジン|1KR-VETベースGRチューン

トヨタの新型FFスポーツモデルへ搭載されるパワーユニットは、コペンの660cc直3ターボ、または1L直3ターボを使用する計画です。

可能性の高いタンク/ルーミー採用の1KR-VET型1L直3ターボの出力をノーマルの98㎰から110㎰程度まで拡大。GRMNモデルが登場すれば、出力は130ps程度まで高められるとの予想です。走りを楽しむため、潜在パワーを最大まで発揮できる仕様となります。

トヨタ新型FFスポーツ出力予想
最高出力:110ps
最大トルク:16.0kgm
1KR-VET
1KR-VET VVT-i ターボエンジン
種類:DOHC 12バルブ EFI DVVT(ダイハツ、スバル)/VVT-i(トヨタ)
排気量:0.998L
圧縮比:9.5
出力:72kW(98ps)/6000rpm
トルク:140Nm(14.3kgm)/2400 – 4000rpm
搭載車種:トール/ルーミー/タンク/2代目スバル・ジャスティ
トランスミッション|5速MT採用

スポーツモデルとして登場するため、マニュアルトランスミッションを採用します。ですが、軽自動車のコペンの5MTだと1Lターボのトルクには耐えられないので、改良・強化のテストを実施中。

トールはCVTの設定のみなので、1Lターボエンジンに適した5MTの開発を行っています。

足回り変更

全幅拡大によりトレッド容量も変更されるため、足回り仕様変更を実施します。

価格|100万円台後半~250万円予想

価格は、装備が簡略化されるモータースポーツベース(GRスポーツ)なら100万円台後半。一方、GR・GRMNは250万円前後が予想されています。

Return Top