Read Article

トヨタ新型コペンGR|軽オープンGRスポーツモデル誕生|2019年11月発売予想

コペンをGR化する動きがあるようです。

コンパクトFRスポーツ・S-FRの開発が中止となり、

GAZOOレーシングカンパニー主導で新型コペンGRを開発。

既出モデルをベースに若者向けライトウェイトスポーツモデルを誕生させます。

 

当初は、ワイドフェンダーの1.0Lモデルとの情報でしたが

「安くて扱いやすいライトウェイトスポーツ」がコンセプトのため、

軽自動車・コペンをそのままGRスポーツモデルに改良する続報が出ました。

 

エクステリア|軽自動車コペンベース

コペンGR引用元:トヨタの攻勢が始まる。2018〜2019年新車発売全情報

  • 前後バンパー形状:GRブランドに変更
  • フロントグリル:GRブランドに変更
  • タイヤ:既存「165/50R16」サイズ採用
  • ホイール:BBSホイール採用

 

骨格構造D-Frame(Dフレーム)採用?

トヨタ新型コペンGRは、コペンに採用された

剛性・衝突安全性を、骨格構造のみで確保する「Dフレーム」を採用します。

Dフレームは、フレーム構造・モノコック構造をベースにした

新しい概念の骨格構造で、初代コペンに比べ

  • 上下曲げ剛性約3倍
  • ねじれ剛性約1.5倍

とし、高いボディ剛性を実現。操縦安定性と乗り心地も向上します。

 

内外装着脱構造「ドレスフォーメーション」採用?

トヨタ新型コペンGRは、Dフレームを採用することで

コペンが持つ自由度の高いボディデザインを手に入れます。

樹脂外板の着せ替え構造で、自由なスタイルチェンジを可能にする

「DRESS-FORMATION」を採用。

この構造を新型コペンGRに生かす計画です。

 

 

GRコペンのベースモデルとなる

「S」グレードのインテリア内容です。

インテリア

  • MOMOステアリング
  • レカロシート
  • シート表皮:GRブランドデザイン採用

 

 

新型コペンGRへ搭載されるパワーユニットは、

コペンの「660cc直3ターボ」をそのまま使用する計画です。

搭載エンジン|直3 660ccターボ

もし「GRMN」モデルが登場すれば、エンジンに大幅な改良が加えられ

出力は130ps程度まで高められる、との予想。

走りを楽しむため、潜在パワーを最大まで発揮できる仕様となります。

 

トランスミッション|5速MT採用

スポーツモデルとして登場するため、

マニュアルトランスミッションを採用します。

 

 

価格は、ベースモデルなら250万円以下か?

予想価格|GRは250万円~

価格は、装備が簡略化されるベース(GRスポーツ)なら100万円台後半。

一方、GR・GRMNは250万円前後が予想されています。

 

 

追伸情報

関連記事


 

Return Top