Read Article

トヨタ新型ラッシュ後継|スズキXBEE対抗コンパクトSUV|2018年12月発売予想

トヨタは、ラッシュ(ダイハツ・ビーゴ)後継モデル

2018年12月に発売予定。

新型ラッシュ後継モデルは、ダイハツの企画・開発・生産で

トヨタにOEM供給される新型コンパクトSUVです。

新型ラッシュ後継|モデル情報

  • DNGA新開発プラットフォーム採用
  • C-HRのクラス下コンパクトSUVとの位置づけ
  • 1.0L 3気筒NA/ターボエンジン搭載
  • 1.2Lハイブリッド搭載予想
  • スマートアシストⅢ採用

 

スポンサードリンク

 

新型ラッシュ後継|予想スペック

全長:3700mm
全幅:1670mm
全高:1700mm
ホイールベース:2490mm
エンジン:1.0L 3気筒NA/ターボ
最高出力:?kW(?ps)/?rpm
最大トルク:?N·m(?kgm)/?rpm
駆動:2WD/4WD
トランスミッション:CVT

1.0Lエンジンのほかに、1.2Lハイブリッドを搭載するとの情報です。

 

 

新型ラッシュは、旧モデルよりワイドデザインを採用しています。

エクステリア

DN-TREC2 DN-TREC3

 

新型ラッシュの内装は、シンプルでキレイめカジュアルに仕上がっていますね。

インテリア

DN-TREC1

 

新型ラッシュには安全機能もしっかり備えられます。

ダイハツ主導開発のため、Toyota Safety SenseではなくスマートアシストⅢを採用。

世界最小・小型ステレオカメラ搭載の安全装備です。

スマートアシストⅢ搭載|性能・機能

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両/対歩行者)/衝突警報(対車両、対歩行者)

走行中に前方の車両や歩行者をカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

 

一次ブレーキ(対車両、対歩行者)

衝突の危険があるとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキ(一次ブレーキ)をかけ、運転者に衝突回避を促します。

 

被害軽減ブレーキアシスト(対車両、対歩行者)

一次ブレーキ機能が作動している時にドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。

 

緊急ブレーキ(対車両、対歩行者)

衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキ(二次ブレーキ)で減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。

 

車線逸脱警報機能

走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促します。

 

先行車発進お知らせ機能

停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせします。

 

AT誤発進抑制制御機能/前方誤発進抑制制御機能

ステレオカメラにより、前方4m以内に車両や壁などの障害物を検知している時に、

シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、

エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

 

後方誤発進抑制制御機能

リアバンパーに内蔵されたソナーセンサーにより、後方2~3m以内に壁などの障害物を検知している時に、

シフトポジションを「後退」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

 

ハイビームアシスト

ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。

これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。

 

【参照】MCPN予防安全性能アセスメント「ASV++」先進安全車に認定

スマートアシストⅢの先進安全車の認定は、日本の事故実態を踏まえた重度の事故を少なく出来る効果に応じて、12点以上ならASV+、46点以上ならASV++と認定されています。

 

ラッシュ日本モデル|最近までの動向

トヨタ
  • キャミ(1999年5月-2006年1月)
  • ラッシュ(FR・2006年1月-2014年10月/4WD・2006年1月-2016年3月)
ダイハツ
  • テリオス(1997年4月-2006年1月)
  • ビーゴ(2006年1月-2016年3月)

意外に最近まで販売されていたようですね。

2016年2月にオーダーストップとなり、ダイハツ・ビーゴと共に2016年3月生産終了を迎えています。その後は在庫対応。

Return Top