Read Article

ホンダN-ONEマイナーチェンジ|Webで先行公開中|2017年12月21日発売

ホンダは2017年12月21日にマイナーチェンジを予定している「N-ONE(エヌワン)」に関する情報をWebサイトで先行公開中です。N-ONEは、今回のマイナーチェンジで現行型が最終モデルとなり、ホンダセンシングの設定はしません

また今後は、次期型を投入か、モデル廃止との情報が出ています。もしくは、別の後継モデルを1年後に投入か?との噂も出ています。

N-ONEマイナーチェンジ2017概要

4タイプを設定
Standard:いつまでも愛着の持てるシンプルスタイル
Select:こだわりを感じさせるブラウンスタイル
Premium:上質を磨いた、洗練のプレミアムスタイル
RS:大人の遊び心をくすぐるスポーティースタイル

 

スポンサードリンク

 

新型N-ONEのマイナーチェンジ内容

今回のマイナーチェンジでは、「Standard」「Select」「Premium」「RS」という世界観やデザインが異なる4つのタイプを設定。さらなる個性の強化を図った。

先行情報サイト|N ONE|Honda引用元:http://www.honda.co.jp/N-ONE/new/

現行グレード
G:基本装備をしっかり備えた、スタンダードモデル
G・LOWDOWN Basic:ベーシックな低全高モデル
G・Lパッケージ:価値ある装備を満載した、おすすめモデル
G・LOWDOWN:快適装備を備えた、低全高モデル
G:特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージさらなる個性をひきたてるブラウン2トーンスタイル
Tourer:坂道も高速もサクサク。快適装備を多彩に備えた、ターボ仕様車

新型N-ONEの機能・新色追加

また、軽乗用車では初となる、遮音機能付ガラスの採用による静粛性向上などの機能強化に加えて、エクステリアカラーに新色を追加。

N ONE|Honda引用元:http://www.honda.co.jp/N-ONE/new/

 

N-ONEの個性(現行)

Hondaのレース技術を結集したエンジン

pic_engine引用元:http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/performance/driving/

高性能DOHCエンジン:レースシーンで培った技術を惜しみなく投入。出力特性、低燃費、静粛性、すべてを高いレベルで達成する軽量・コンパクトなエンジンです。

高性能ターボエンジン:DOHCエンジンに、高性能ターボチャージャーを加えたユニット。トルク特性に優れるうえ、2,600rpmの低回転で最大トルクを発揮し、優れた発進加速性能を実現。

シャシー性能

コンピューターでの解析やテストを重ねて磨きあげたシャシー性能:ボディの軽量化と低い重心。スモールカー並の長いホイールベースと、Hondaの特許技術「センタータンクレイアウト」を活用したストレートなフレーム構造。さらには、専用チューニングを施したサスペンション。「小さいクルマを、思うように走らせる」その気持ちよさをカタチにするために、コンピューターでの解析やテストを重ねて、全身の性能を磨きあげました。

フロントスタビライザー(タイプ別設定)

フロントスタビライザー引用元:http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/performance/driving/

スタビライザーで、さらに安定感のある走り:コーナリング時などでの安定感を高めながら、乗り心地の良さも両立しています。

バドルシフト|7スピードモード(タイプ別設定)

pic_paddle_shift引用元:http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/performance/driving/

マニュアル車のような感覚で、操る楽しさを味わえる:ステアリングの「+」と「-」のパドル(レバー)を指先で操作することで、マニュアル車感覚のシフトチェンジが楽しめます。

クルーズコントロール(タイプ別設定)

クルーズコントロール引用元:http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/performance/driving/

アクセル操作なしで定速走行。高速道路での運転がラクになる:アクセルペダルを踏まずに定速走行が可能。加速・減速の少ない高速道路などでの運転をより快適にします。

防音材

ミドルクラスセダンでも使われる、防音材を採用:ミドルクラスセダンでも使われる、3層構造の遮音材を採用するなど、防音材を最適配置。プレミアムモデルには、防音材をさらに追加。静粛性をいっそう徹底しました。

運転しやすさ

走行性能|性能・安全|N ONE|Honda引用元:http://www.honda.co.jp/N-ONE/new/

フロント席からのワイドな視界:ウインドウガラスを大きく湾曲させることで、柱(フロントピラー)を、ドライバーの視界に入りにくい、後ろ寄りに配置。フロント席からのワイドな視界を実現しています。

後方視界

pic_rear_view引用元:http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/performance/driving/

スッキリ見やすい後方視界:後方の窓を大きくとるなど、後方視界をすっきりと。バックでの駐車時などの安心感を高めています。

スポンサードリンク
Return Top