CX-3新型2015「1.5Lクリーンディーゼル」発売

マツダ新型CX-3が2015年春1.5Lクリーンディーゼルで登場!

 

デミオをベースとしたコンパクトクロスオーバーSUVのCX-3が、LAオートショーでついにエクステリアを公開し、日本で2015年春にデビューする予定です。

そのスタイリングは、マツダが採用する鼓動デザインの中で最もエクステリアにこだわった躍動感あるスタイリッシュなものです。

『シャープでスポーティ』

CX-3は、この言葉が一番しっくりくる一台になっています。


スポンサードリンク

 

 

CX-3とCX-5のボディサイズの違い

CX-3のボディサイズ

全長 4,275mm
全幅 1,765mm
全高 1,550mm

CX-5のボディサイズ

全長 4,540mm
全幅 1,840mm
全高 1,705mm

大型SUVであるCX-5と比べ、CX-3はボディサイズがコンパクトに収まっているので、街中の交差が多い道を走行するときや、

機械式立体駐車場を利用するユーザーにとって扱い易いボディサイズになります。

何より、CX-3サイズの車なら運転がしやすく、狭く混み合う道に入ったときでも、すれ違う車に極端に気を遣わずに済むことがメリットです。

無駄にデカイ車だと、2車線の道路やいなか道では、対向車とヒヤヒヤしながらすれ違いますからね。

CX-3のインテリア

インテリアは、デミオがベースとなっているためほぼ同じですが、より質感が高いものです。上質感を味わえるでしょう。

 

CX-3もSKYACTIVE-D 1.5Lクリーンディーゼルエンジンを採用

デミオがこのエンジンの6マニュアル車で、最高燃費30.0km/Lを達成しています。

CX-3は、デミオよりひと回り大きく、SUVとして車高も上がった分、車重も増えているため、燃費は23.0km/L辺りと予想されています。

ちなみに、CX-3も6マニュアルが用意され、6オートマと2種類のミッションになります。

 

ライバルはジュークターボ&ヴェゼルハイブリッド

この2車種は、走行性能&燃費性能を前面に押し出したモデルで、両車とも2014年の売上でヒットしています。

CX-3が焦点を合わせるべきは、ズバリ価格での勝負ですね。発売後すぐの値引きは厳しいと思いますが、そこはマツダさんだから頑張ってくれるでしょう。

コンパクトクロスオーバーSUVは、日産のジュークから始まったとも言え、CX-3はまったく新しいジャンルへの新型投入とは言えません。

3車が競い合えば、ユーザーにとっても価格やオプションの面でメリットが出てくることでしょう。

 

CX-3の予想スペック

全長 4,275mm
全幅 1,765mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,570mm
エンジン 1.5Lディーゼルターボ
最高出力 105ps/4000rpm
最大トルク 25.5kgm/1500~2500rpm
ミッション 6MT
燃費 23.0km/L
価格 237~302万円

 

編集後記

マツダはCX-3の発売により、フルSKYACTIVE搭載車、第5弾となります。

第1~5弾までの車種のエクステリア(特にフロントマスク)を並べて見ると、共通しており「どれも一緒じゃん…」と思ってましたが、この特徴は、海外メーカーの高級車(例えばアウディ)などに見られる傾向と一緒のようです。つまりはブランド化。

このことは、賛否あると思いますが、これから先、マツダにはより一層、海外メーカーに引けをとらない魅力的な車を開発していって欲しいし、日本の自動車メーカーとしてブランドを確立していってもらいたいですね。^^

スポンサードリンク