Read Article

CX-3新型2015年春登場「1.5Lクリーンディーゼルターボ搭載」

デミオをベースとしたコンパクトクロスオーバーSUV・CX-3。

LAオートショーでエクステリアを公開。日本は、2015年春デビュー予定。

スタイリング

マツダが採用する鼓動デザイン。

最もエクステリアにこだわった躍動感あるスタイリッシュなスタイルを与えられます。

  • シャープでスポーティ

CX-3は、この言葉が一番しっくりくる一台になっています。

 

スポンサードリンク

 

CX-3とCX-5のボディサイズの違い

CX-3のボディサイズ
全長:4275mm
全幅:1765mm
全高:1550mm
CX-5のボディサイズ
全長:4540mm
全幅:1840mm
全高:1705mm

大型SUVであるCX-5と比べ、CX-3はボディサイズがコンパクト。

  • 街中の交差が多い道の走行
  • 機械式立体駐車場

を利用するユーザーにとって、扱い易いボディサイズになります。

何より、CX-3のサイズは

  • 運転がしやすく

狭く混み合う道に入ったときでも、

  • すれ違う車に極端に気を遣わずに済む

ことがメリットです。

無駄にデカイ車だと、2車線の道路や田舎道で、ヒヤヒヤしながら対向車とすれ違いますからね。

 

CX-3のインテリア

デミオがベースとなっているためほぼ同じ。しかし、質感が高いです。

コンパクトカーとは思えない上質感を味わえます。

 

SKYACTIVE-D 1.5Lクリーンディーゼルエンジン採用

デミオが、このエンジンの6マニュアル車で、最高燃費30.0km/Lを達成。

CX-3は、デミオより

  • ひと回り大きく
  • SUVなので車高が高い
  • 車重も増えている

という条件があるので、燃費は23.0km/L辺りと予想されています。

ちなみに、CX-3も6マニュアルが用意され、6オートマと2種類のミッションになります。

 

ライバル

  • 日産ジューク・16GT/16GT FOUR
  • ホンダヴェゼルハイブリッド

この2車種は、走行性能&燃費性能を前面に押し、2014年にヒット。販売台数を伸ばしています。

CX-3はマツダ価格で勝負?

これまでマツダ価格が存在しましたが

  • 発売後すぐの値引きはどこも渋い
  • マツダは値引き路線をやめる方向性

それにCX-3は、デミオの延長モデルですが、内外装の上質さでプレミアム感を押し出しています。

なので安売りはしないでしょう。マツダ価格は今後、無くなっていきます。

 

他メーカーのコンパクトクロスオーバーSUV

日産ジューク

  • 外観の個性
  • 1.6Lターボモデル設定

ホンダヴェゼル

  • 上質な内外装
  • ハイブリッド搭載

CX-3

  • 上質な内外装
  • 1.5Lディーゼルターボ搭載(軽油)

個性の異なる3車が競い合うことで、ユーザーに多彩な選択肢が生まれます。

 

CX-3の予想スペック

全長:4275mm
全幅:1765mm
全高:1550mm
ホイールベース:2570mm
エンジン:1.5Lディーゼルターボ
最高出力:105ps/4000rpm
最大トルク:25.5kgm/1500~2500rpm
ミッション:6MT
燃費:23.0km/L
価格:237~302万円

 

編集後記

CX-3は、フルSKYACTIVE搭載車・第5弾。

第1~5弾までのエクステリアを並べて見ると共通してますね。「どれも一緒じゃん」と思いました。

でもこの共通点は、海外メーカーの高級車(例えばアウディ)に見られる傾向と一緒です。

つまりはブランド化。

マツダには、海外メーカーと並ぶ、魅力的な車を開発していって欲しいですね。

ブランドを確立してもらいたいです。^^

楽天
Return Top