Read Article

ダイハツ新車発売情報2018

2018年は全車にスマートアシストⅢを標準装備する方向で開発が行われています。

親会社トヨタのプリウスαは、2018年11月にフルモデルチェンジするとの情報が出ましたので、同時期にOEMモデルのメビウスも新型になります。現行プリウス顔で登場です。

また、トヨタのGRシリーズのように、ダイハツが東京オートサロン2017で展示したカスタムモデルのコンセプトカー「SPORZA(スポルザ)」シリーズをスポーツモデルとして展開する可能性もあります。

そのほか、「グランドカスタム」「ビーチクルーズ」「クロスフィールド」などカスタムモデルの提案は多彩に展開されています。

ムーヴキャンバスグランドカスタムビーチ クロスフィールド引用元:https://dport.daihatsu.co.jp/event/tokyo_as2017/

 

そして2018年は、10月に燃費表示変更が行われます。これからはJC08モードに変わり、世界基準のWLTCモードを採用。

WLTCモードは、3つの走行環境(市街地/郊外/高速道路)ごとの各燃費と、その平均値を表示するようになります。これにより、ユーザーは自分が一番多く利用する走行シーンの実燃費を想定しながらクルマ選びができるようになります。

その1年後の2019年10月は、消費税率10%への引き上げ予定時期です。ますますシビアなクルマ選びが必要になってきますね。

それではダイハツ新車発売情報2018です。

 

スポンサードリンク

 

ブーン|4月 新型|

  • スマートアシストⅢ標準装備
  • 内外装デザイン変更
  • 新グレード設定
  • 新ボディカラー設定

 

トールスポルザ??|夏? 新型?|

トールスポルザ引用元:https://car.watch.impress.co.jp

  • ホットハッチ・シャレードデ・トマソ風色使いのモデルを市販予定
  • エンジンはノーマル
  • 専用サスペンション装備
  • スポーティな走りを楽しめるモデル

【ホットハッチ・シャレードデ・トマソ】

 

 

トール|秋 マイナーチェンジ|

  • スマートアシストⅢ標準装備

 

ブーンX4??|秋? 後継新型?|

画像は【ブーン スポルザ】ブーンX4引用元:https://dport.daihatsu.co.jp/event/tokyo_as2017/

  • 競技専用モデル
  • ラリー/ダートラ1.6L以下クラス参戦可能
  • 排気量0.936ccに変更
  • トールベースの直3ターボ搭載
ブーンX4の予想スペック
全長:3660mm
全幅:1675mm
全高:1500mm
ホイールベース:2490mm
エンジン:直3 1000cc
最高出力:135ps
最大トルク:13.6kgm
トランスミッション:5MT
価格:200万円

 

タント|10月 フルモデルチェンジ|

  • ミラクルオープンドア継続
  • 新開発プラットフォーム採用
  • 燃費向上(JC08モード燃費30キロ目標)

 

メビウス|11月 フルモデルチェンジ|

新型プリウスα

 

ムーヴ|年末 フルモデルチェンジ|

  • ハイブリッド(トヨタ式)採用?
  • ワゴンRのマイルドハイブリッド(Sエネチャージ)燃費に対抗するため

 

 

2019年

ミライース TR-XX|2019年 ミラTR-XX後継新型|

  • ライバルはアルトワークス
  • ターボエンジン搭載
  • ムーヴと同じKF型直3ターボ
  • トルク重視で専用チューニング
  • 6速MT採用
  • サーキット対応足回りセッティング
  • 走りやすさを向上
ミライース TR-XXの予想スペック
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1500mm
エンジン:直3 658ccターボ
最高出力:64ps
最大トルク:9.4kgm
トランスミッション:6MT
価格:160万円
楽天
Return Top