Read Article

トヨタ新型ジャパンタクシー JPN TAXI|タクシー専用5ナンバーサイズ|2017年10月23日発売

トヨタは2017年10月23日、5ナンバーサイズのタクシー専用車・新型JPN TAXI(ジャパンタクシー)を発売。ジャパンタクシーは、利用者が乗り降りしやすく、車いすのまま乗車可能な構造でユニバーサルデザインを採用しています。11月にも走行する姿を見かけるでしょう。

インテリア44引用元:https://car.watch.impress.co.jp

JPN TAXI(ジャパンタクシー)のモデル概要

  • エンジン:1.5L LPGハイブリッド搭載
  • 安全装備:Toyota Safety Sense C標準装備
  • JC08モード燃費:19.4キロ
  • 価格:327万7800円~349万9200円
  • 低床フラットフロア
  • 大開口リア電動スライドドア(左側)

 

スポンサードリンク

 

ジャパンタクシー|モデル内容

グレード|価格

  • 標準グレード:和(なごみ)327万7800円
  • 上級グレード:匠(たくみ)349万9200円

ボディサイズ

ボディサイズ
全長:4400mm
全幅:1695mm
全高:1750mm
ホイールベース:2750mm
乗車:5名

パワートレーン

1.5L LPGハイブリッド搭載

エンジン
直列4気筒 1.5リッターLPG
最高出力:54kW(74PS)/4800rpm
最大トルク:111Nm/2800-4400rpm
モーター
最高出力45kW(61PS)
最大トルク169Nm

を組み合わせた、リダクション機構付のTHSIIを採用。

LPGハイブリッドシステム
エンジンはベルトメンテナンスが不要な電動ウォーターポンプ採用。メンテナンス性に優れ、修理コストの低減に貢献します。
駆動:2WD(FF)
燃料:LPG
JC08モード燃費:19.4キロ

 

個人(タクシー)の購入も可能

個人でタクシー事業を行っている人も購入可能です。全国のトヨタ・トヨペット店で販売されています。

LPG燃料の供給を受けられれば、自家用車としての使い勝手もかなり高いモデルとなります。

 

エクステリア|ユニバーサルデザイン

JPN TAXI 5引用元:https://car.watch.impress.co.jp

クラウンタクシーを引き継ぎ、モダンな雰囲気を持たせた横基調の格子デザインをグリルに採用。また、視線移動が少ない電動リモコンフェンダーミラーを採用。

JPN TAXI JPN TAXI2引用元:https://car.watch.impress.co.jp

標準グレード・和の装備
ヘッドライト:ハロゲン(コーナー部にターンランプ)
親しみやすいくっきりとした表情
上級グレード・匠の装備
ヘッドライト:Bi-Beam LEDヘッドライト・ポジションランプ・ターンランプを1つのユニットに構成
上質感・高性能イメージを表現

インテリア|ユニバーサルデザイン

インテリア9インテリア0引用元:https://car.watch.impress.co.jp

ラゲッジスペース

インテリア43 (2)インテリア43 (1)インテリア13引用元:https://car.watch.impress.co.jp

ボディカラー|3色

  • 深藍(ふかあい)|新規開発色
  • ブラック
  • スーパーホワイトII

深藍(ふかあい)とは?
藍染め(あいぞめ)を黒に近づくほどに染めた濃く暗い青色のこと。「しんらん」とも読みます。深藍のような濃い藍色(あいいろ)は、藍染めの際に藍を棒などでたたいて落とすことから褐色(かちいろ)と呼ばれました。またその威厳(いげん)を感じさせる色合いが、質実剛健を尊ぶ中世の武士たちに非常に好まれ、さらに「かち」の響きが「勝ち」と同じことから勝の字をあて、勝色(かついろ)という縁起色になっています。引用元:https://irocore.com/fukaai/

JPN TAXI 1 JPN TAXI 2 JPN TAXI 4引用元:https://car.watch.impress.co.jp

 

Toyota Safety Sense C標準装備

6つのSRSエアバッグの標準装備など安全装備を充実。

Toyota Safety Sense Cの主な機能(衝突回避支援パッケージ)

レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーを装備。それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。レーザーレーダーは近距離を高精度で検知できる上に、昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。

一方、単眼カメラはより遠くまで検知でき、クルマ・白線・対向車のランプも認識。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)
進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。衝突が予測される場合には、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合は強力なブレーキアシストが作動。ブレーキを踏めなかった場合は自動ブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。
レーンディパーチャーアラート(車線逸脱予防機能)
レーンディパーチャーアラートは、道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。
オートマチックハイビーム
ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。
先行車発進告知機能
信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

 

【2017年11月街中を走行開始】|タクシーがミニバンに変わっていく?

国内のタクシーは、今後の高齢化を見据え、個人タクシーを除きミニバンに変わっていきます。

  • JPNタクシーハイブリッド:燃費17.8キロ
  • 現行タクシーのクラウンコンフォート:燃費8.9キロ

燃費は2倍の伸び。

2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを控え、今後増えるであろう、日本人よりも体格が大きい外国人客・介護が必要な人・高齢者に対応するため、車内空間が広く、乗り降りや使い勝手の良いミニバン系車種へと、タクシーを変更していく方針です。

タクシーの歴史の長い?ロンドンタクシーは、電動パワートレーンシステムや、6座席もある室内空間を備えた次世代電動タクシーを2017年に発表しています。日本のタクシーと比べると進んでいます。

JPNタクシーやNV200が日本の街並みを走ると、ずいぶん景色も変わりますね。

 

スポンサードリンク

 

ミニバンが次期タクシーに選ばれた理由とは?

乗降性の良さ

ミニバンは、車高が高く、天井も高く、ドアの開口部も大きくなるため、これまでのセダンタクシーよりも乗り降りがしやすくなります。^^

室内が広く天井が高いことは、乗車中の快適さにも繋がります。ミニバンなら、体の大きな外国人客・車イス使用の方が車イスを収納する場合でもスペースに余裕があるため、対応しやすいです。

通常、セダンタクシーでは車イスをトランクに乗せます。車いすの大きさによってはトランクに収まりきらず、トランクを開けた状態で走っているタクシーを見かけることもありました。

しかし、介護施設で高齢者を送迎する大型バンのように、車イスを車内に載せられる大きな車なら、車内に車イスをたたんで置くことができます。これなら安全に走行ができるし、車イス自体の移動もしやすくなります。

日産とトヨタが生産してきた現行タクシー

現在、主流のセダン型タクシーは、国内に約24万台あり、主に日産セドリック・トヨタコンフォートで占められていました。その各メーカーがタクシー業界と共に、高齢化や五輪開催を見据えたタクシーのミニバンへの移行に取り組みます。

日産は2015年秋タクシー専用セドリックの生産を終了

今後のタクシー用車両をNV200バネットに一本化します(2010年から販売。タクシー仕様車)。先日発売したe-NV200は、NV200バネットの電気自動車。NV200は、エコ車両のラインナップも用意し、幅広く応用が利きます。すでにニューヨークのタクシーに採用され、2015年末はロンドンタクシーにも採用予定。

この系統の車を運転したことがある人は分かると思います。NV200バネット運転席の視界は、道路の景色を上から見晴らせるほど室内高も着座位置も高く、窓は低く配置されています。乗車中は静かなバスに乗っているように快適です。^^

 

【2020年東京五輪で完全普及か?】|ジャパンタクシー2017年11月初め実用開始

トヨタが開発するJPNタクシー。近い未来の新型タクシー専用車。ボディ形状・デザインは旧シエンタのようであり、全高は1700ミリに達します。リアゲートからは、車イスがそのまま乗り込めるほど、確かな広さを有しています。

ジャパンタクシーを開発した目的

高齢社会を見据え、お年寄りが安全で楽に乗り降りできるタクシーの普及。そして、2020年東京オリンピック開催により、体格の大きな外国人が東京中を移動するのにタクシーを利用します。

これらを想定して、ゆったり過ごせる広い室内空間を備えたミニバンサイズのタクシーを普及させます。JPNタクシーを普及させ始める時期は2017年11月。2017年末の頃、街でJPNタクシーを見かける機会がちらほらと出てきそうです。

 

スポンサードリンク

 

ジャパンタクシーのサイズ感

5ナンバーサイズのJPNタクシーは、全長:4350mm/全幅:1695mm/全高:1700mmとなります。旧シエンタのフォルムに似ていて、+3センチ全高が高いイメージ(シエンタ全高1670mm)です。

全高1700mm以上:ミニバンサイズ

  • ノア&ヴォクシー&エスクァイア
  • ステップワゴン
  • セレナ

の全高は約1800mm。それに迫る1700mmの全高を持つのがJPNタクシーです。これらミニバンクラスの室内空間を想像してみてください。JPNタクシーが、かなり広い室内空間を確保していることがわかると思います。

後席スライドドア

前席が大きく開くヒンジドア(横開き)、後席は電動スライドドア。現行タクシーは、ヒンジドアをレバー操作で開閉します。しかし、JPNタクシーは、スライドドアでお客様をお出迎え。

インテリア

未来的なタクシー専用機器を運転席に装備。運転手さんの使い勝手が広がり、効率も良くなります。室内空間も広く「運転する人」「乗る人」両者に優しいクルマになりそうですね。^^

そして、乗車する人も嬉しい「大型インフォメーションモニター」を後席設置。案内のプロに力添えします。

大型インフォメーションモニター機能に提供してほしいサービス

ディスプレイに

  • リアルタイムのナビや料金情報が載る
  • 運転手さんだけが知っている美味しいお店の情報検索
  • インターネット・Wi-Fi機能を無料で利用

などのサービスが搭載されると便利です。たぶん、そういう感じになるでしょう。

 

ジャパンタクシーの未来

ハイブリッドの時代。ゆくゆく、いろんなラインナップが考えられます。MIRAIの登場で全国に水素ステーションが設置される予定です。東京オリンピック開催・2020年は

  • トヨタは燃料電池モデルのタクシー
  • 日産はEV(e-POWER)タクシー

などが投入されるかもしれません。タクシー車内が静かになり、利用するユーザーにとってメリットが多くなります。

Return Top