Read Article

マツダ|東京モーターショー2017|次世代エンジンSKYACTIV-X&デザイン公開

マツダは、東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」の出展概要を2017年10月10日に発表しました。(開催:10月25日~11月5日)次世代ガソリンエンジンSKYACTIV-Xと次世代デザインコンセプト・SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)を公開します。

テーマ:将来においても走る歓びにあふれるカーライフを提供することでお客様の人生を豊かにし、お客様との間に特別な絆を持ったブランドになる

マツダ東京モーターショー2017概要

  • 次世代商品コンセプトモデル(世界初公開・参考出品車)
  • 次世代デザインビジョンモデル
  • 新型CX-8
  • ロードスター特別仕様車RED TOP(レッド トップ)
  • デミオ特別仕様車Noble Crimson (ノーブル クリムゾン)
  • ロードスター RF|改良車
  • アクセラセダン(市販車展示)
  • アテンザセダン(市販車展示)
  • CX-3(市販車展示)
  • CX-5(市販車展示)
  • ロードスター RF(手動運転装置付車)
  • 次世代ガソリンエンジン・SKYACTIV-X(技術展示)

 

スポンサードリンク

 

次世代商品コンセプトモデル(世界初公開・参考出品車)

魁 CONCEPT

魁 CONCEPT 魁 CONCEPT0引用元:https://car.watch.impress.co.jp

次世代マツダのヘッドライト形状は、かなりシャープなラインになっていくんですね。カッコイイです。

次世代デザインの方向性を具現化したコンセプトモデル

次世代デザインビジョンモデル

次世代デザインビジョンモデルは、マツダの理想的なコンパクト・ハッチが表現されているモデルです。2012年に発売されたマツダ初魂動デザインのCX-5の表現方法を、さらに深化させた次世代デザインとして形にしたコンセプトです。

SKYACTIV-Vehicle Architecture

SKYACTIV-Vehicle Architecture引用元:http://car.watch.impress.co.jp

人間中心の思想が追求され、各機能を最適化した次世代車両構造技術スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャーを採用します。全方位で洗練されたダイナミック性能を実現。

画像からはそう感じませんが、トヨタとの協業体制の影響はクルマの原点である骨組みから始まっています。

 

新型CX-8|3列シートクロスオーバーSUV|12月発売

CX-8CX-8 2引用元:http://car.watch.impress.co.jp

ロードスター特別仕様車RED TOP(レッド トップ)

RED TOP2 (2)引用元:http://car.watch.impress.co.jp

デミオ特別仕様車Noble Crimson (ノーブル クリムゾン)

ノーブル・クリムゾンノーブル・クリムゾン3 (1)引用元:http://car.watch.impress.co.jp

ロードスター RF|改良車

 

市販車展示

  • アクセラセダン
  • アテンザセダン
  • CX-3
  • CX-5
  • ロードスター RF(手動運転装置付車)

 

技術展示

次世代ガソリンエンジン・SKYACTIV-X

ガソリンエンジンで圧縮着火を世界初・実用化したSKYACTIV-X

SKYACTIV-X引用元:http://car.watch.impress.co.jp

2019年実用化。予混合圧縮着火という「圧縮を強め、燃料が自己着火するまで温度を高める」技術を用いた次世代エンジン・スカイアクティブX。

この技術はガソリンエンジンに比べて、燃費20~30%向上、トルク10~30%向上し、なおかつクリーンな排気ガスを排出する仕組みです。マイルドハイブリッドと組み合わせて用いられます。

スカイアクティブXは、2019年フルモデルチェンジ予定の新型アクセラに搭載する予想です。

 

マツダ 代表取締役社長兼CEOの小飼雅道氏は「本年8月に、クルマの持つ魅力である『走る歓び』によって『地球』『社会』『人』それぞれの課題解決に向けた私たちの新しいチャレンジ『サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030』を発表しました。その中でお約束した本質的なCO2削減を実現するためには、実用環境下でのCO2削減と、各地域における自動車のパワーソースの適性やエネルギー事情、電力の発電構成などを踏まえて、内燃機関や電動化技術を適材適所で展開するマルチソリューションが最適と考えています。今回マツダスタンドでは、世界一を目指した夢のガソリンエンジンSKYACTIV-Xをはじめ、次世代技術とデザインを搭載したコンセプトモデルなどをご覧いただきます。マツダ新時代の幕開けとも言えるマツダスタンドにご期待下さい」とコメントしている。引用元:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1084912.html

スポンサードリンク
Return Top