Read Article

ダイハツ|東京モーターショー2017|出展車「次期タント/ビーゴ後継」

東京モーターショー2017出展概要

  • コンパクトSUV・DN トレック|次期タント?
  • モアスペース系軽自動車・DN U-SPACE|ビーゴ/ラッシュ後継?
  • コンパーノ・コンパクト4ドアクーペ・DN コンパーノ
  • 衝突回避支援システム・スマートアシストIII搭載/ハイゼット カーゴ市販車
  • 東京モーターショー特別色設定小型車ブーン シルク・トール カスタムなど

ほか、市販小型車・軽自動車・軽福祉車両など、世界初公開モデルと合わせて10モデルの出展車があることを発表しています。

出展テーマ:創立110周年グループスローガン「Light you up ~らしく、ともに、軽やかに~」「軽やかに輝いた暮らし」

 

スポンサードリンク

 

【次期タント】DN U-SPACE(世界初出展・参考出品車)

DN U-SPACEDN U-SPACE2 (1)引用元:http://car.watch.impress.co.jp

ボディサイズ=タント予想数値
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1750mm

パッと見、「あれ、タント?」というエクステリアですね。次期タントは2017年度内に新型発売「予想」です。キープコンセプトでシンプルなフロントマスクを採用するらしいので、それっぽいデザインとなっています。

DN U-SPACEのコンセプトは、モダンでシンプルさを強調したエクステリア・インテリアを採用するモアスペース軽自動車。これをタントとして発売してほしいです。参考出品車ということですが、あと半年で発売されるのか期待です。

内装は

  • ハンズフリー機能付きBピラーイン大開口前後スライドドア
  • 助手席チップアップシート可動室内ウォークスルー機能
  • 前席パノラマビュー

などを搭載して、ファミリー層の使い勝手の良さを追求しています。

 

【ビーゴ/ラッシュ後継】DN TREC(世界初出展・参考出品車)

DN TREC引用元:http://car.watch.impress.co.jp

今度は、ビーゴ/ラッシュ(トヨタOEM)っぽいコンセプトカーです。

ずいぶん前の予想情報に、2017年の後半あたりでビーゴ/ラッシュ後継の発売予想情報が出ていました。その後継モデルは、ブーン/パッソのプラットフォームを採用した派生SUVという内容です。

時期的にもサイズ的にも、ビーゴ/ラッシュ後継となりそうな予感です。この画像のフロントマスクがトヨタのキーンルックなのも、市販の可能性の高さを物語ります。

エクステリアの質感は、かなり上がっていて、C-HR GR SPORTのような装飾コンセプトが採用されているように感じます。

ボディサイズ&エンジン
全長:3980mm
全幅:1695mm
全高:1600mm
エンジン:1.2Lハイブリッドシステム/1.0Lターボ搭載

Active・Fun・Toughをテーマに、上質なコンパクトスタイル&インテリアを採用しています。街乗りから自然へのお出かけまで対応するアクティブビークル、というコンセプトを掲げています。

 

DN compagno(世界初出展・参考出品車)

DN compagno引用元:http://car.watch.impress.co.jp

スペック
全長:4200mm
全幅:1695mm
全高:1430mm
エンジン:1.0Lターボ/1.2Lハイブリッド搭載
トランスミッション:CVT
乗車定員:4名

60年代のアメ車的な時代を感じるデザインモデル・コンパーノのエクステリアを引き継ぐコンパクト4ドアクーペです。

DN compagno2引用元:http://car.watch.impress.co.jp

DNコンパーノは、未来版としてフロントシートの使い勝手を向上させ、大人2名がゆったり過ごすことを優先するパッケージングや上質なインテリアを組み合わせています。

その姿や時代背景から想像できるように、シニアに向けたモデル。これから人生100年の時代を過ごすアクティブなシニア層が自分らしい生活を楽しむことをコンセプトに開発されています。

 

DN ProCargo|EVモデル(世界初出展・参考出品車)

DN ProCargo引用元:http://car.watch.impress.co.jp

ボディサイズ
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1995mm(室内高:1600mm)
駆動:2WD

50年代の過去懐かしい軽自動車・ミゼットの使い勝手と拡張性を引き継ぎ、現代版として便利さを工夫し尽くした商用EVモデルです。

乗降性豊かな低床フラットフロアを採用し、室内を移動可能なウォークスルー性や、これからのクルマの基本となるかもしれない車いす搭載に対応する室内高1600mmの空間を確保しました。

また、荷室ユニットを交換することにより、そのほかの用途にも対応できるよう変えられるラゲッジ空間を実現しています。

その他、荷物を運ぶことを目的にすることなく、デスクユニットを搭載すれば、これから増えていくであろう個人事業者用のモバイルオフィスにも対応可能となっています。

 

DN MultiSix(日本初出展・参考出品車)

DN MultiSix引用元:http://car.watch.impress.co.jp

ボディサイズ&スペック
全長:4310mm
全幅:1720mm
全高:1695mm
エンジン:1.5Lガソリン
トランスミッション:CVT

2017年8月開催「ガイキンド・インドネシア国際オートショー2017」に出展されたコンセプトカーです。使い勝手の良さやプレミアム感を与えられ、2列目シート間のウォークスルーによって移動性を上げ、3列目シートの有用性を高めた3列シートミニバンです。

楽天
Return Top