Read Article

ホンダ新型アコードハイブリッド|リア席足元スペース拡大|2018年中発売

ホンダは、新型アコードハイブリッドを日本で発売します。

北米では、先行してフルモデルチェンジが行われています。

アコードハイブリッド|モデルチェンジ情報

  • 新グローバルスモールプラットフォーム採用
  • 若干のサイズコンパクト化を実施
  • クラス最大後席足元スペース実現

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

全長・全高・ホイールベース変更。

アコードハイブリッド

新型シビックにも採用されたプラットフォーム

  • 新グローバルスモールプラットフォーム

を採用し、

ワイド&ローのプロポーションに「短縮されたフロントオーバーハング」や

低められたボンネットの意匠採用により、

スポーティー&プレミアムなフォルムを実現。

 

変更幅

全長:10mm短く
全高:15mm下げる
ホイールベース:55mm延ばす

ボディサイズ

全長:4935mm
全幅:1850mm
全高:1450mm
ホイールベース:2720mm

 

このプラットフォーム採用の影響により、

現行モデルよりも若干コンパクトサイズになります。

  • 次世代ACEボディ
  • 超高強度鋼の採用
  • 高機能接着剤の量を最適化

して、「車重」は現行よりも約50~80kg軽量化されます。

 

エクステリアには、新しい装備が採用され、

ユーザーの快適性を追究しています。

新しいエクステリア装備|安定感と乗り心地を向上

  • クステリアヘッドライト:9連フルLEDライトを採用
  • 19インチタイヤ:上級グレードに採用
  • サスペンション:アダプティブダンパーシステム(フロント:ストラット/リア:マルチリンク)

 

 

続いて、インテリアの様子です。

インテリア|アコードハイブリッド

アコードハイブリッド3

ホイールベースを延長したことで、

室内空間は拡大しクラス最大級の後席足元スペースを実現。

また、ボンネットをより低く設計し、フロントピラーを細したことにより、

広い前方視界を実現。

 

圧迫感を感じさせない広々とした前方視界で、ミッドサイズクラスを超えた空間を提供します。

アコードハイブリッド2

ボディサイズは縮小したものの、

バッテリー内蔵ハイブリッド車用機器が小型化され後席フロア下に格納することにより、

ガソリン車と変わらないトランクスペースを確保します。

 

ナビや音声・映像機器

  • 8インチディスプレイオーディオシステム採用

ドライバーの視認性を高め、操作性を向上させます。

 

 

ボディサイズ・車重の変更に伴い、

パワートレーンはより力を発揮するでしょう。

エンジン|SPORT HYBRID i-MMD

現行と変わらないハイブリッドシステムを搭載します。

ですが、新規プラットフォームを採用して

  • 若干コンパクトになったボディサイズ
  • 小型化バッテリー内蔵ハイブリッド用IPU(後席フロア下、搭載)

のおかげで「軽量化」されるため、

JC08モード燃費は、現行の31.6キロから33キロ(予想)まで伸びます。

 

2.0L SPORT HYBRID i-MMDが進化して搭載されます。

「次世代」2モーターハイブリッド

エンジン:2.0L 直4DOHC+2モーター (i-MMD)
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF

 

 

参考までに、先行発売されている北米モデルには

以下のガソリンエンジンが搭載されています。

【参照】北米アコード|搭載エンジン

  • 1.5L直4直噴VTECターボ
  • 2.0L直4直噴VTECターボ

1.5L直4直噴VTECターボエンジン

最高出力:195ps/5500rpm
最大トルク:26.5kgm/1500~5000rpm
トランスミッション:6速MT/CVT
駆動:FF

 

2.0L 直4直噴VTECターボエンジン|次世代トランスミッション採用

最高出力:256ps/6500rpm
最大トルク:37.7kgm/1500~4000rpm
トランスミッション:6速MT/10速AT
駆動:FF
10速オートマチックトランスミッションとは?
  • 高い静粛性と燃費性能
  • V6 3.5L エンジンを超えるトルク発揮

 

 

すべてが進化を遂げます。

安全運転支援システムHonda SENSING|全グレード標準装備

アコードハイブリッド4

Honda SENSING|運転支援機能

衝突軽減ブレーキシステム

前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。

約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。

引用元:http://www.honda.co.jp/hondasensing/

路外逸脱抑制機能

車線を検知し、はみ出さないように支援。

約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

引用元:http://www.honda.co.jp/hondasensing/

車線維持支援システム

車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。

約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

引用元:http://www.honda.co.jp/hondasensing/

渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール

適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。

0km/h~約100km/hで作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

引用元:http://www.honda.co.jp/hondasensing/

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能) NEW

高速道路での渋滞時など、0km/hから約65km/hで前走車との車間を保ちながら自車の走行車線をキープするように、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をアシストし、ドライバーの運転負荷を軽減。

引用元:http://www.honda.co.jp/hondasensing/

標識認識機能

標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

誤発進抑制機能

不注意による急発進を防止し注意を喚起。

停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

引用元:http://www.honda.co.jp/hondasensing/

先行車発進お知らせ機能

停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。

歩行者事故低減ステアリング

路側帯を歩く歩行者との衝突回避のための支援を行います。

オートハイビーム

夜間走行時、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。

標識認識機能

道路標識をメーター内に表示し、標識への注意を促し、安全運転を支援します。

 

全車標準装備する先進安全機能

エマージェンシーストップシグナル

急制動時にブレーキランプとハザードランプを点滅表示させて後続車に注意喚起をうながす

i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム

側面衝突時に安全性を確保する

リアクティブフォースペダル

Honda SENSINGと協調制御する「衝突軽減ブレーキ」や「誤発進抑制機能」の作動時にペダルからドライバーの足の裏にノック振動を伝えて危険を知らせる

引用元:http://www.honda.co.jp/hondasensing/

リアクティブフォースペダルの追加機能

雪道などの滑りやすい路面の走行時に、ドライバーがタイヤグリップの限界以上にアクセルを踏み込もうとしたときにペダルを重くしてスリップしにくいよう制御したり、発進加速などのときに燃費が良好なアクセル操作量から先のペダル操作感を重くしてエコ運転をアシストするなどの機能も備える

引用元:http://www.honda.co.jp/hondasensing/

 

 

レジェンドHVの安全性能には、

新機能が搭載されると予想されています。

搭載が予想される追加安全機能

安全運転支援システムHonda SENSING(ホンダ センシング)の新機能として、

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)搭載。

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)とは?

高速道路での渋滞時など、0km/h~約65km/h間で

前走車との車間を保ちながら自車の走行車線をキープするように、

  • アクセル
  • ブレーキ
  • ステアリング

の操作をアシストし、ドライバーの運転負荷を軽減します。

 

スポンサードリンク

 

【2016年5月26日発売】アコードハイブリッド|マイナーチェンジ

40年目を迎えるアコード。

エクステリア見直し

外装はフロントに

  • インラインタイプのフルLEDヘッドランプ
  • LEDフォグライト
  • 導光タイプのLEDポジションランプ

を採用し、リアのストップランプとテールランプもLED化。

ボディカラー|入れ替え

新設定
ディープオーロラメタリック(オプションカラー)
プレミアムディープロッソパール(オプションカラー)
ルナシルバーメタリック
廃止
モダンスティールメタリック
アラバスターシルバーメタリック
シャンパンプラチナメタリック(オプションカラー)

インテリア

  • 木目調パネルの色調を変更
  • ミラーブラックパネル/グロスワンブラックパネル採用
  • トランク:バッテリー小型化によりゴルフバッグ4個(従来モデルは3個)入る424L
HYBRID EX専用装備
サイドシルガーニッシュ
トランクスポイラー
18インチアルミホイール
専用スポーツコンビシート

ガソリン仕様よりボディ軽量化

フロントサブフレームは、ガソリンモデルのアルミとスチールのハイブリッド構造からオールアルミ製となり、

ボンネットやリアバンパービームもアルミ化、スペアタイヤは省かれパンク修理キットを搭載。

低ころがり抵抗タイヤ、低ドラッグ鍛造アルミホイールとホイールカバー、低フリクションホイールベアリングなど装備。

空力性能も高められ、フロアアンダーカバーやリアデッキリッドスポイラーを搭載。

SPORT HYBRID i-MMD|進化

リチウムイオンバッテリーの設計を一新して小型・軽量化し、

モーター設計や製法も一新することで高出力・高トルク化を実現。

エンジンには寒冷時の燃費性能向上寄与のため、排熱回収システムを新たに採用。

HYBRID LX|JC08モード燃費
31.6km/L(1.6km/L向上)

装備追加

  • エレクトリックギアセレクター
  • SPORTモードスイッチ
  • 減速セレクター
  • Hondaインターナビ(標準装備):AppleCarPlay対応
HYBRID EX|エンジンスタートボタン付きHondaスマートキーシステム採用
日本国内のホンダ車では初となるエンジンスタートボタン付きHondaスマートキーシステム採用

Honda SENSING

基本機能に加えて以下の機能を装備。

LaneWatch(レーンウォッチ)
左ウインカーの操作またはウインカーレバーの先端にあるスイッチを押すと、連動して助手席側ドアミラーに装備したカメラが作動。インパネ上部のセンターディスプレイに左後方を広く映し、車線変更時や合流時、左折時の安心感を高めます。

パーキングセンサーシステム
クルマの前4個、後ろ4個、計8個の超音波センサーにより障害物の接近を検知。対象までの距離に応じて、センターディスプレイでの表示(バック時はリアカメラ映像上)と音を変えて、ドライバーに注意を促し、駐車時・出庫時などでの安心感を高めます。

Return Top