Read Article

トヨタ新型86|米国モデルは次期セリカになる?|2020年春~秋フルモデルチェンジ予想

米国ではセリカが再度、商標登録され、次期トヨタ86になる可能性があるとの情報です。

セリカは1970年に初代モデル発売しています。2ドアスポーツクーペの開拓的存在で7代目まで人気を博しました。しかし、2ドアクーペ市場の縮小により2006年に生産を終了したモデルです。

米国で86がセリカに置き換わるなら、86は日本専用車ということになり、米国モデルはサイズアップや排気量upがなされて、セリカとして売られる可能性がある、ということでしょう。

86は今後、2020年のマイナーチェンジ予定を変更し、フルモデルチェンジに向けて動き出します。

関連記事トヨタ新型86マイナーチェンジ「GT Limited Black Package」2017年10月4日発売

現行型モデルは2020年に終わリ、次期型へシフト。新規設定へ進化を遂げるのが理由です。3年後、ボディデザインを一新して、剛性アップを図ります。

新型86のフルモデルチェンジ情報

  • エンジン:2.4L NAエンジン採用予想
  • 最高出力:235ps予想
  • ボディサイズやホイールベースは変更なし
  • フロントマスクは現行フェアレディZ似(予想)
  • 6角型ラジエーターグリル採用
  • コの字型LEDポジションランプ採用

一方で、兄弟車・BRZには別情報で「ターボ&ハイブリッド搭載」メインの予想がされていました。86はNAの予想が出ているので、この2つの情報を確認しておくと、確定情報に至るまでの参考として役立つかと思います。

 

スポンサードリンク

 

【2020年春~秋発売予想】新型86

2.4L NAエンジン採用予想

搭載するパワートレインは、2.4L 水平対向4気筒。NAのまま、現在の2.0Lから2.4Lへ排気量を拡大します。

  • 最高出力:235ps
  • 駆動方式:FR

スイフトスポーツが1.4Lターボを搭載するなど、ダウンサイジングを行う中、86がNA排気量拡大にとどまるのはインパクトとして物足りません。しかし、ターボの刺激よりもNAの心地よいフィーリングに期待するところです。

新型86はボディサイズやホイールベースに変更なし

予想ボディサイズ
全長:4250mm
全幅:1780mm
全高:1320mm

低重心の構造は、スポーツカー好きを刺激し、86のアピールポイントとなっています。この現行シャシー技術を次期モデルにも流用するので、「あのフォルム」が大きく変わることはないようです。

トヨタ・86次期型引用元:https://response.jp

  • フロントマスクは現行フェアレディZ似(予想)
  • 6角型ラジエーターグリル採用
  • コの字型LEDポジションランプ採用

次期86にはコンバーチブルも設定か?

北米で販売台数を伸ばすために、途中で追加されるのがコンバーチブル。セリカを商標登録し次期86に位置づけるのであれば可能性が高いですね。先代のセリカにもコンバーチブルが設定されています。

コンバーチブルは北米の気候や観光名所の雰囲気に合うラインナップとなります。そのため日本では発売はなさそうです。また、兄弟車であるBRZにはラインナップされず、86だけに設定があるようです。

 

【2017年11月21日】86GR発売|今後GRMN設定の可能性

マイナーチェンジ後の86をベースに、GRを設定する予定です。

「GR」のモデル体系は、その頂点にエンジン内部チューニングを施す数量限定販売の「GRMN」が君臨。その次にGRMN寄りの量販スポーツモデルとして「GR」が位置します。

そして、ミニバン・SUV・コンパクト・ハイブリッドまで、気軽にスポーツドライブを楽しめるモデル「GR SPORT」で構成されてます。

また、カスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」を設定。さらには、TOYOTA GAZOO Racingの地域拠点「GR Garage(GRガレージ)」を全国に39店舗をオープンします。

GR Garage(GRガレージ)は、GRコンサルタントと呼ぶ専任スタッフが配置されており、その地域のクルマファンが楽しめる活動を実施する予定のようです。

さて、86GRですが、リアピラースポット打点増加・サスペンション改良をマイナーチェンジで実施しており、走りがすでに進化しているので、GRの設定で、より走りのパフォーマンスを高めたモデルになります。その後は、GRMNの設定(GRMN2)も可能性としてあるようです。

 

スポンサードリンク

 

新型86GRのスペック

全長:4290mm
全幅:1775mm
全高:1310mm
重量:1240キロ
エンジン:2.0L

86GRの主なエクステリア装備

  • 専用フルエアロパーツ(前後/左右)
  • 専用チューニングサスペンション(10mmローダウン)
  • RAYS製アルミ鍛造ホイール(フロント:215/45R17/リヤ:235/45R17)
  • フロント:6ポッド・リヤ:4ポッド+ドリルドローターブレーキ
  • 専用センターシングルエキゾーストテールパイプ
  • トルセンLSD(86GRMN用)

86GRの主なインテリア装備

  • レカロ製フロントシート(サイドエアバッグ付)

【参考】86GRMNに装備された専用パーツ

エクステリア

軽量のカーボン製ボンネット(エンジン冷却タンク付き)・ルーフ・トランク
リアウイング(アルミステイ、GRロゴ入り)
樹脂リアウインドウ(曇り防止熱線入り、プライバシー仕様)
フロントアンダースポイラー
バンパーサイドフィン
サイドステップ
冷却エアアウトレット付エアロフィンサイドガーニッシュ
GRエンブレム(フロント)
GRMNエンブレム(リア)
ディフューザー付リアバンパー

限定100台、648万円トヨタ8686GRMNGRMN2648万円

 

インテリア

滑りにくいイタリア製アルカンターラ表皮(専用レカロ製シート・ステアリング)
シフトノブ
パーキングブレーキレバー
メーターフード
インテリアパネル
GRMNロゴ入り専用(メーターパネル・スタートスイッチ・フロアマット)
赤色専用シートベルト

GRMN648万円86GRMN究極トヨタ86

 

機能部品

エンジン(低フリクション、軽量化)
可変インテークマニホールド
フローティング大径フロントブーレーキローター(アルミ製ディスクベル・ドリルホール)
圧損エアクリーナー
等長エキゾーストマ二ホールド
切替バルブ付マフラー
トランスミッションクロスレシオ化
デフ化変更
トルセン製 高トルクバイアスレシオLSD
中空ドライブシャフト
リアモノブロック対向4Potキャリバ(GRMNロゴ入り)
大径リアブレーキローター
Rays製、軽量ホイール(専用デザイン GRMNロゴ入りセンターオーナメント)
ブリジストン ポテンザRE-71R(F:215/40R17・R:235/40R17)
ボディーブレース追加

限定100台GRMN22

86GRMNのスペック
全長:4290mm
全幅:1775mm
全高:1275mm
ホイールベース:2570mm
エンジン:水平対向4気筒 直噴DOHC FA20改
最高出力:219ps/7,300rpm
最大トルク:21.1kgm/5200rpm
トランスミッション:6MT
駆動:2WD(FR)
価格:648万円

GRMNとは?

トヨタモータースポーツブランドGAZOO Racing(GAZOO Racing tuned by MN)の頭文字を付けたもの。MNが表すものは、(tunedby)MeinStern(ofNurburgring)。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦してきたトヨタ自動車/GazooRacingの技術を採り入れてチューニングされていることを暗示しています。

86GRMNの中古は存在する?

価格:600万円~750万円となってました。全国に数台、中古モデルも存在しています。86の中古平均価格が197万円なので3倍以上の価格になります。

【動画】Toyota GT86 Initial D

豆腐が溢れない走行って本当に出来るものなんですね。^^

 

 

 

【2017年10月4日】トヨタ新型86マイナーチェンジ|GT Limited Black Package

トヨタは、ピュアスポーツモデル・86に一部改良を実施して2017年10月4日に発売。

86は今後、2020年のフルモデルチェンジに向けて動きを見せていく予定です。現行モデルは2020年に終わリ、次期型へシフトする予定です。次期モデルに新たな設定を施し進化させることが目的で、3年後の2020年には、ボディデザイン一新・ボディ剛性アップを図り、発売されます。

関連記事新型86 2020年春~秋フルモデルチェンジ予想「米国モデルは次期セリカになる?」

86のマイナーチェンジ情報2017

  • ステアリングの支持剛性強化
  • パワーステアリングの再チューニング
  • ブレンボ製ブレーキ標準装備
  • 価格:262万3320円~342万3600円

今回の改良は、現行最後のマイナーチェンジであり、2020年のフルモデルチェンジに繋がる改良内容となります。

 

スポンサードリンク

 

86マイナーチェンジ2017年改良内容

足回りの改良内容
  • ステアリングの支持剛性を強化
  • サスペンションの再チューニング
  • Brembo(ブレンボ)社製のブレーキを標準装備
  • Brembo社製ブレーキはGT/GT Limited/Gグレードでもオプション装備可能に

サスペンションの再チューニングによりハンドリングのダイレクト感が上がるため、路面とタイヤの接地状況をさらに細かいフィーリングで感じながらの操作が可能になります。

グレードの改良内容

GT Limited・Black Packageを新たに設定。上記、Brembo(ブレンボ)社製のブレーキを標準装備したグレードとなります。

エクステリアの改良内容

サイドミラー・リヤスポイラ・アルミホイールをブラック塗装で統一し、ボディ下部の引き締まり感が向上。走行時に足元がブラックアウトされることにより、ボディのみが滑るように人の目に映り、ドリフト効果を発揮します。

GT Limited Black Package ドリフト引用元:https://clicccar.com

【動画】86ドリフト

 

インテリアの改良内容
  • シフトノブに上質感を増す本革を使用(GT・GT Limited)
  • ボディカラー:新色ソリッドグレー設定(期間限定)

86 GT Limited Black Package

価格&グレード
G
6速MT 262万3320円
6速AT 264万7080円
GT
6速MT 298万1880円
6速AT 304万8840円
GT Limited
6速MT 318万3840円
6速AT 325万800円
GT Limited・Black Package
6速MT 335万6640円
6速AT 342万3600円

 

追伸情報

現行86情報

2017年9月4日に86一部改良

ザックス製ダンパー装備のGT リミテッド ハイパフォーマンス パッケージを廃止し、レーシーな雰囲気が演出されたGT リミテッド ブラック パッケージが設定されています。

GTリミテッド ブラックパッケージの装備
アルミホイール/ドアミラー/リアスポイラーブラック塗装
ブレンボ製ブレーキ
全グレードボディ剛性向上
電動パワーステアリングチューニング見直し
スポンサードリンク
Return Top