Read Article

新型86|新開発2.4L NA水平対向4気筒エンジン搭載でトルクアップ|2021年初め発売予想

新型86は2021年に発売されるとの情報です。プラットフォームは現行のものを継続して、ボディデザインは一新されます。

パワートレーンに関しては「もっとパワーが欲しい」との意見があるため、2.0Lから2.4Lへ排気量アップを果たします。トルクアップによる操作の楽しさを追求するようです。

スポンサードリンク

エクステリア予想

エクステリアの雰囲気は以下のような予想CGデザインが出ていますね。この予想ではカローラスポーツやC-HRの要素を引き継ぐデザインとなっています。

トヨタ86

またフロントマスク周りに関しては、フロントマスク周りがジャガーのF-Typeのようにすっきりしたデザインで予想されています。

86 1 86 2

ヘッドライト形状がよく似ており、3連LEDヘッドライトを組み合わせます。

 

ボディサイズ予想

ボディサイズ

全長:4260mm
全幅:1785mm
全高:1300mm
ホイールベース:2570mm

現行シャシー技術を次期モデルにも流用するので、低重心フォルムに大きな変化はないでしょう。

 

新型86のパワートレーンは2.4L NAエンジン搭載

現在の2.0Lから2.4Lへ排気量を拡大します。このエンジンは新開発のFA24型 2.4L 水平対向4気筒エンジンです。スバルでは北米アセント、そして新型レガシィにこのターボエンジンが搭載されます。

新型86にはターボを採用せず、同型の自然吸気エンジンが搭載されます。燃焼技術にトヨタの直噴ガソリンエンジンシステム「D-4S」を採用します。

 

現行FA20型 2.0L NAのトルク20.9kgmから大きくパワーアップを果たし、24.0〜24.5kgmほどのトルクを発揮できるようになります。

グッと加速する爽快感や自分が操っている充足感を満たしてくれる仕様へと改良が施されるようです。楽しみですね。

例えばスイフトスポーツが1.4Lターボを搭載するなど”ダウンサイジング”の流れのなか、新型86はNAの排気量を拡大します。

ターボの刺激的な加速感よりも、NAサウンドが吹け上がっていく加速フィーリングで大いにスポーツ走行を楽しめるでしょう。

新型86の予想スペック

全長:4260mm
全幅:1785mm
全高:1300mm
ホイールベース:2570mm
重量:1250キロ
エンジン:水平対向4気筒DOHC 2.4L自然吸気
最高出力:220ps/6800rpm
最大トルク:24.5kgm/6200-6400rpm
トランスミッション:6MT/6AT
駆動:FR
タイヤ:215/45R17
価格:300万~400万円

 

こういう同社の動向は、マツダが海外で高級ブランドを設立し、排気量アップを図っていく動きとも少し関連してきそうですね。

米国は排気量が大きくないと売れない市場らしいので、北米で売れるための戦略的進化なのかもしれません。

新型86の米国モデルはセリカ?

セリカは1970年に初代モデル発売しています。2ドアスポーツクーペの開拓的存在で7代目まで人気を博しました。しかし、2ドアクーペ市場の縮小により2006年に生産を終了したモデルです。

米国で86がセリカに置き換わるなら86は日本専用車ということになり、米国モデルはサイズアップや排気量upされセリカとして売られる可能性がある、ということでしょう。

 

また、新型86にはコンバーチブルの設定も予想されています。

新型86にはコンバーチブルも設定か?

北米で販売台数を伸ばすために、モデルライフ途中で追加されるのがコンバーチブルです。セリカを商標登録し新型86に位置づけるのであれば可能性が高いですね。

先代セリカにもコンバーチブルが設定されています。コンバーチブルは北米の気候や観光名所の雰囲気に合うラインナップです。

そのため日本での発売はなさそうです。また、兄弟車であるBRZにはラインナップされず86だけに設定される可能性のようです。

 

追伸情報

関連記事

「スポーツ」フルモデルチェンジ一覧

画像引用元:https://www.motor1.com
画像引用元:https://www.carscoops.com

GR HVスポーツコンセプト

GR HVスポーツコンセプト2 GR HVスポーツコンセプト3 GR HVスポーツコンセプト4 GR HVスポーツコンセプト5 GR HVスポーツコンセプト7 GR HVスポーツコンセプト6

スポンサードリンク

Return Top