Read Article

新型インサイト2018年2月発売予想「グレイスベース・リア拡大&燃費40キロ」

先代インサイトは、ホンダの簡易コンパクトハイブリッドシステム・IMAを搭載し、価格的有利な点でプリウスに対抗したコンパクトハイブリッドモデルです。189万円というスペシャルプライスで登場し、初期販売は好調でした。

インサイト(2014年3月終了モデル) Honda引用元:http://www.honda.co.jp/auto-archive/insight/2014/

しかし、発売後にフィットハイブリッド発売やプリウス(30系)の値下げが影響して、2009年~2014年の5年間で生産終了しています。

そのインサイトが3代目として復活するという情報が流れました。すでに開発は行われており、東京モーターショー2017で披露される予定となっています。

新型インサイトのモデルチェンジ情報

  • SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム搭載
  • 40キロ前後の燃費目標
  • グレイスベースでリアを延長し居住空間拡大
  • 新型インサイトにレンジエクステンダーEVやPHVも設定?

 

新型インサイト採用のハイブリッドエンジン

パワートレーンには、フィットハイブリッドに搭載されている1.5L スポーツハイブリッド i-DCDを搭載が予想されています。

しかし、プリウス対抗のため走るハイブリッドに振るならば、ステップワゴンスパーダハイブリッドにも搭載された2.0L スポーツハイブリッド i-MMDを搭載するかもしれない、という情報も出ています。

ステップワゴンハイブリッドも初めは、1.5L スポーツハイブリッド i-DCDが搭載されると予想されていたので、ボディを延長する新型インサイトも、大きめのエンジンを搭載する可能性はあります。

ハイブリッドシステムにレンジエクステンダーやPHVを搭載する?

もしくは、ノートe-POWERに搭載されたシステム方式のように、エンジンを発電のみに使用し、モーターを動力とするレンジエクステンダーが採用されるかもしれません。

実際、アコードハイブリッドやオデッセイハイブリッドも、エンジンを発電に使う比率を高めた仕様になっています。ですから、エンジン動力に頼らない、モーターを動力の中心に据える「EV寄りのシステム方式」を採用しています。

3ca2294c2aecfe4a084a53a3de91cd7b引用元:http://www.honda.co.jp

新型インサイトは、ボディ拡大で重量も増える分、もし1.5L スポーツハイブリッド i-DCDを採用するのなら、レンジエクステンダーのシステムを採用して、モーター出力を高めた仕様になる可能性も否めません。

また、PHVを設定するかもしれない、という予想も見かけました。しかし、この情報は、新型が予想以上に売れて、ハイブリッドや走行性能、居住空間の実用性が好評と判断されたときの話でしょう。

ホンダの実際情報では、2030年を目標に四輪ラインナップの3分の2を電動化(PHV/HV/FCV/EV)するという発表をしています。このラインナップに、コンパクトで扱いやすいインサイトが選ばれる、という可能性も十分にありますね。

 

新型インサイトの予想燃費

打倒プリウスを目標とする新型インサイト。現行プリウスの燃費が37.2~40.8キロなので、40キロ前後の目標で燃費開発を行っています。

また、過去にプリウスの値下げで売れにくくなったように、次回はインサイトが現行プリウスよりも魅力的な低価格を付けて勝負することになると予想されます。

新型インサイトの予想価格

予想価格帯は250万円~290万円程度。

ボディ延長で居住性を向上させ、低価格・低燃費を実現すれば、現行プリウスの価格243万~340万円に十分対抗できるモデルになります。

新型インサイトはグレイスベースでリアを延長し居住空間拡大

新型インサイト

次期インサイトはグレースベースで開発されています。上記スクープ画像によると、リアドアに延長加工された痕跡が見受けられます。この量だけ拡大され、グレイスよりも広い後席空間を確保します。

リアの延長により、後席足元に余裕が生まれ、先代よりも居住性が高くなります。同時に実用性も高くなるので、ボディサイズで言えば、グレイスハイブリッドとアコードハイブリッドの中間に位置するハイブリッドモデル、という扱いになるかもしれませんね。

 

新型インサイトの予想スペック

全長:4395mm
全幅:1695mm
全高:1425mm
ホイールベース:2600mm
エンジン:直4DOHC1.5L i-VTEC
最高出力:97kW(132ps)/6600rpm
最大トルク:155N·m(15.8kgf·m)/4600rpm
トランスミッション:CVT
楽天
Return Top