Read Article

新型CR-Vハイブリッド|アコード式2モーターハイブリッドi-MMD搭載|2018年秋日本発売予想

中国仕様5代目CR-Vを日本で2018年秋発売と予想されています。(中国では2017年10月発売予定)日本仕様はハイブリッドモデルを発売すると予想されています。

ライバルはハリアーハイブリッド/CX-5。しかし、CX-5対抗となる欧州仕様のディーゼルは搭載しないとの情報。

新型CR-Vハイブリッドの概要

  • ハイブリッド搭載モデル
  • CR-V日本モデル史上最大のボディサイズ
  • 安全運転支援システムホンダセンシング

日本モデルであった4代目CR-Vは、2016年9月で販売終了。それから2年、日本に新型CR-Vが復活します。

 

スポンサードリンク

 

新型CR-Vはハイブリッド搭載モデル

欧州仕様(4代目)は、2.2L&1.6Lディーゼルエンジンを搭載しています。また、先日公開された中国仕様(5代目)は、1.5Lターボ/2.0Lハイブリッド/2.4Lガソリンというラインナップで展開。日本仕様は、2.0Lハイブリッドを新型CR-Vに搭載します。

2.0Lハイブリッドは、ガソリンエンジン+モーターの伝達効率に優れたハイブリッドシステム。現行アコードハイブリッド・オデッセイハイブリッドに採用されたスポーツハイブリッドi-MMDです。2017年はステップワゴンハイブリッドにも採用されました。

スポーツハイブリッドi-MMDの機能

  • EVドライブモード
  • ハイブリッドドライブモード
  • エンジンドライブモード

と呼ばれる3つの走行モードを選択可能。2.0Lハイブリッド専用エンジンに、発電と駆動にモーターを使い分ける2モーターを組み合わせたハイブリッドシステムです。

これからの主流となりそうなEVドライブモードは、バッテリーの電力を走行用モーターに送ってEVのみの走行が可能。モーター駆動の強力な走行性を発揮し、なおかつ優れた環境性能を持つハイブリッドシステムです。

CR-Vハイブリッドのライバルはハリアーハイブリッド

システム性能では新型CR-Vが高性能。アクセルペダルやブレーキペダル・ステアリングなどの操作性や運転のしやすさでも、ハリアーハイブリッドより優位です。

ホンダハイブリッドモデルの重量&燃費比較

新型CR-Vハイブリッド:重量1642キロ/予想JC08モード燃費27キロ(目標)
アコードハイブリッド:重量1620-1640キロ/JC08モード燃費30キロ
オデッセイハイブリッド:重量1700-1880キロ/JC08モード燃費26キロ
ハリアーハイブリッド:重量1770~1840キロ/JC08モード燃費21.4キロ

 

新型CR-Vのエクステリア

日本モデルでは史上最大のボディサイズ。北米(4代目)CR-Vよりも小さいです。

2017ホンダCR V 2017ホンダCR V: 2017ホンダCR V2

デザインの特徴は、先代から引き継いで進化した左右の滑らかなボンネットライン。ロングホイールベース。さらに短くなったリアオーバーハング(後輪~リア後端)。

ソリッドウィングフェイスのフロントマスクの下には、ワイドに張り出したフェンダー採用。

2017ホンダCR V5

フェンダー下に、プレート状のメッキベゼルに囲まれたLEDポジショニングライトを装備。疾走感を感じさせるシャープで力強いフロント周りとなっています。

crv

足回りには、液封コンプライアンスブッシュを採用したフロントストラットサスペンションとリアマルチリンクサスペンションを装備。上質で快適な乗り心地を実現します。17・18インチアルミホイール装備。

使い勝手の機能性は、ハンズフリーのパワーテールゲートを一部のグレードに標準装備。両手が塞がっていてもゲート下に足を差し出すだけでオープンする機能が便利です。

 

新型CR-Vのインテリア

CR V

後席の足元空間を拡大して居住性を向上。腰高になりがちなSUVの後席空間ですが、足元に余裕を与えて快適さを高めています。

内装その他の注目機能として、CarPlayとAndroid Autoに対応するナビゲーションシステムを採用。情報ガジェットと連動されて、余計な機器を持ち込む必要が無くなりますね。

2017ホンダCR V4

 

新型CR-Vの想定価格

日本モデル4代目CR-V(ガソリン)の価格は257~336万円でした。新型CR-Vハイブリッドの価格は、スポーツハイブリッドi-MMDシステム分の上乗せによって+30万~50万円程度になると想定できます。

 

安全運転支援システムホンダセンシング

車両&歩行者対応バージョンにアップグレードして搭載。ミリ波レーダー検知+単眼カメラによる認識を行います。主な機能は以下。

衝突軽減ブレーキ
歩行者事故低減ステアリング
アダプティブクルーズコントロール
車線維持支援システム
路外逸脱抑制
誤発進抑制
先行車発進お知らせ
標識認識

 

新型CR-Vハイブリッド(中国仕様)のスペック

全長:4585mm
全幅:1855mm
全高:1679mm
ホイールベース:2660mm
重量:1642キロ
エンジン:直4DOHC 2.0L+モーター(スポーツハイブリッドi-MMD)
最高出力:
最大トルク:
モーター出力:
モータートルク:
トランスミッション:CVT
駆動:4WD
燃費:27キロ目標
予想価格:287~366万円

 

追伸情報

翌年2018年中国専用モデルとなるCR-Vの電気自動車を発売予定

アコードPHVシステムを搭載します。中国市場は、環境規制が厳しいため、その対策です。

ホンダは2030年をめどに4WDの世界販売台数の3分の2をEVに置き換える計画と公式に発表しています。

楽天
Return Top