Read Article

ホンダ新型N-VANモデルチェンジ情報|軽商用クラス最大級の室内空間|2018年8月発売予想

N-BOXベースのNシリーズ第6弾として商用軽バン・N-VANを設定。アクティ(商用)/バモス(乗用)後継です。デザインは、ダイハツ・ハイゼットキャディー(商用版ウェイク)のような雰囲気で、機能にはホンダN-BOXの便利な使い勝手を採用しつつ、ビジネスでもレジャーでも扱いやすい仕様となっています。

ホンダ新型N-VANの概要

  • N-BOXベースのエクステリア
  • 直列3気筒DOHC S07A型エンジン採用
  • 衝突被害軽減ブレーキ採用
  • 低床化し積み下ろしやすい造りに
  • 後席左側をピラーレスとし乗降性を向上
  • 価格:130万円~
  • ターボ設定あり
  • カスタム仕様あり

 

スポンサードリンク

 

【2018年8月発売予定】ホンダ新型N-VAN|N-BOX商用モデル

Nシリーズは、「N-ONE」「N-WGN」 「N-BOX」「N-BOX+」 「N-BOX/」と5ラインナップされており、さらに商用バンを追加設定します。

バモス/アクティバン後継として発売され、セミキャブオーバーエンジンを荷室の床下に配置したHonda独自のミッドシップ方式を採用。エンジンが後輪側に位置するため、エンジンルーム分の全長を稼げ、室内空間に還元できるので荷物をたくさん積載することが可能になっています。

バモス/アクティバン後継(MR方式/後輪駆動)であり、ミッドシップ採用なので後輪駆動かと思いきや、N-VANはN-BOXをベースにしているため前輪駆動(FF)を採用するようです。

新型N-VAN|グレード体系

ノーマル・COOL・FUNの3タイプ設定。N-ONEのようにタイプごとに異なるフロントマスクを採用します。

ホンダ新型N-VAN|エクステリア

基本はN-BOXベースで、前後バンパーに樹脂素材を採用。障害物がなく安全で人の乗り降りのほうが多い普段使いとは違い、積み下ろしなどの仕事で、荷物同士がぶつかって傷がつく心配もある現場に対応できる仕様になります。

新型N-VANのボディカラー(予想)

基本・ホワイト/ブラック/シルバーに、カラフルなボディカラーを3色程度追加となるでしょう。

カラーN BOX引用元:http://www.honda.co.jp

これらN-BOXのボディカラーのうち基本色とカラフル色となりそうです。

参考になるのは、ダイハツWAKEの商用バン・ハイゼットキャディー。ハイゼットキャディーは基本の地味3色に、オレンジ/水色/ピンクを採用しています。これは農業女子や花屋さんなど、働く女性を意識しているためです。

ベースとなるN-BOXも女性を意識しているので、商用モデル・N-VANもカラフルなボディカラーを多めに採用するでしょうね。

シートアレンジ|インテリア

運転席以外のシートをすべて格納することが可能で、荷室スペースをフルフラットにすることができます。

商用車意外の実用性にも対応|キャンプ仕様

その広い室内スペースを活かしてキャンプ仕様にカスタマイズするなど、ビジネス以外にも「使い道」を変えるシートアレンジが可能。

キャンプ仕様にする場合、フラットになったフロアを荷室空間として利用しつつ、その上にマットレスを敷くベッド仕様の道具一式をオプション設定する予定。リアバンパーに電源コンセントを装備し、キャンプ時の電源供給も可能となっています。

 

ホンダ新型N-VAN|エンジン

直3 DOHC S07A型改良エンジン採用
直列3気筒DOHC 660cc i-VTECエンジン 自然吸気「S07B」型
最高出力:43kW(58PS)/7300rpm
最大トルク:65Nm(6.6kgm)/4800rpm
トランスミッション:CVT
JC08モード燃費:25.0km/L

主に街中での走行を想定して、低速走行が多く、低回転域で出力を発揮できる仕様のN-WGNに採用しているエンジンを搭載します。これはN-BOXと変わらない特徴ですが、この低回転域トルクに優れたエンジンなら、、積荷の重さによらず燃費効率と走行性能を両立することができます。燃費は、JC08モード燃費17.6km/Lから25.0km/Lに向上。

ホンダ新型N-VAN(660ccNA)の予想スペック
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1780mm
荷室長:1630mm(2名乗車時)/(アクティバン荷室長:1725mm)
荷室高:1365mm/(アクティバン荷室高:1200mm)
ホイールベース:2520mm
エンジン:直列3気筒DOHC S07A型採用(N-WGN搭載)
最大出力:58ps/7300rpm
最大トルク:6.6kg.m/4700rpm
燃費:25キロ
価格:130万円前後~

 

新型N-VAN|商用車にHonda SENSING搭載

商用車に先進の安全技術搭載が話題になっていますね。

トヨタハイエース:Toyota Safety Sense P標準搭載
日産NV350キャラバン:エマージェンシーブレーキとVDC標準装備
ダイハツハイゼットカーゴ:スマートアシストIII搭載

クルマを走らせる仕事にも「安全性は必須」との認識が浸透してきています。ホンダ新型N-VANも、運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載し、安全性向上を図ります。

【参照】N-BOXのホンダセンシング|10機能
衝突軽減ブレーキ/歩行者事故低減ステアリング/アダプティブクルーズコントロール/車線維持支援システム/路外逸脱抑制機能/誤発進抑制機能/先行車発進お知らせ機能/標識認識機能/オートハイビーム後方誤発進抑制制御
Honda SENSING(ホンダ センシング)の安全性能
衝突軽減ブレーキシステム
前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。
路外逸脱抑制機能
車線を検知し、はみ出さないように支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。
車線維持支援システム
車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。
渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。30km/h~約100km/hで作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。
標識認識機能
標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。
誤発進抑制機能
不注意による急発進を防止し注意を喚起。停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。
先行車発進お知らせ機能
停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。
後方誤発進抑制機能
後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。
オートハイビーム
対向車や前走車を検知し、 自動でハイ/ロービームを切り換え。
良好な視界の確保に貢献するとともに、切り換え操作の頻度も低減。

 

追伸情報

バモス(乗用)/アクティ(商用)後継との予想について

新型N-VANのライバル「ダイハツ ハイゼットキャディー」。ハイゼットキャディーは、花屋さんが使うような、積載力豊かでオシャレさも残すデザイン商用車としてデビューしています。ですが、ハイゼットカーゴ(商用)/アトレーワゴン(乗用)の後継としての扱いではなく継続販売されています。

ホンダがダイハツのこの姿勢を強く意識しているのなら、同じくバモス/アクティも継続販売されそうです。

関連記事

Return Top