Read Article

スポンサードリンク

三菱新型エクリプスクロス1.5Lターボ|スポーティSUVクーペ|2018年3月先行発売

新型SUVクーペ・エクリプスクロス 2.2Lディーゼルモデルは発売延期となりました。1.5Lターボ・ガソリンモデルが、2018年3月に先行発売予定となります。

ディーゼルモデル発売延期の理由は、欧州における排ガス不正疑惑から発するユーザーのディーゼル車離れの状況を見極めるためです。

エクリプスクロスの全国先行展示会が期間限定で催されるようです。

先行展示会スケジュール|イベント|新型コンパクトSUVエクリプス クロス引用元:https://www.eclipse-cross.jp/event/info07/

エクリプスクロス1.5Lターボの新型モデル概要

  • C-HRがライバルとなる独特のエクステリア
  • 先進装備が充実したインテリア
  • 2つの心臓を持つラインナップ(ディーゼルモデル発売延期
  • シャシー:アウトランダー共用
  • 1.5Lターボ価格帯:253万円~309万円

 

スポンサードリンク

 

【2018年3月先行発売】新型エクリプスクロス1.5Lターボ|モデル内容

新型エクリプスクロス1.5Lターボ|価格&グレード

M
253万2000円(2WD)
274万8600円(4WD)
G
270万6000円(2WD)
292万2000円(4WD)
G プラスパッケージ
287万9000円(2WD)
309万5000円(4WD)

新型エクリプスクロス|エクステリア

東京モーターショー2013出展の「MITSUBISHI XR-PHEVII Concept」をベースとして市販化された新型エクリプスクロスのスポーティでアグレッシブな外観。

ボディカラー|全8色
レッドダイヤモンド
チタニウムグレーメタリック
ブロンズメタリック
スターリングシルバーメタリック
レッドメタリック
ブラックマイカ
ライトニングブルーマイカ
ホワイトパール
フロントデザイン

エクリプスクロス1引用元:https://car.watch.impress.co.jp

  • 人とクルマを守るという機能
  • 高いパフォーマンスを表現する形態

2つを両立させたデザインのダイナミックシールド採用。エクリプスクロスは、本格SUVよりも都会的な雰囲気を持っています。大胆なメッキガーニッシュ採用がそう見せてるんですね。

メッキガーニッシュ外側のバンパー左右には、大型でタテ型のLEDフォグランプを装備。照射範囲も拡大され、どんな道路の状態・時間帯でも状況を選ばず、安全で確実に走破できる装備を身につけています。

上下分割に見えるリアエリア

エクリプスクロス2引用元:https://car.watch.impress.co.jp

  • 上段:ルーフスポイラー装備
  • 下段:リヤスポイラー装備

リアスポイラー下部も透過性がある素材で、クーペSUVの弱点となるリアの視認性を向上。リヤスポイラーは、ストップランプ一体式です。

Mitsubishi Eclipse Sport9エクリプスクロス

 

新型エクリプスクロス|インテリア|装備

インテリアインテリア1 (1) インテリア1 (2) インテリア1 (3)引用元:https://car.watch.impress.co.jp

デザイン
コクピットのような運転席
ステアリングのデザイン:アウトランダーガソリンモデルと同一
コネクティビティ
カラーヘッドアップディスプレイ装備
スマートフォン連携ディスプレイオーディオ
人間工学に基づく操作しやすいタッチパッドコントローラー

 

新型エクリプスクロス|エンジン

エンジン引用元:https://car.watch.impress.co.jp

ラインナップ
  • 1.5Lダウンサイジングターボ(ガソリン)(CVT)
  • 2.2Lクリーンディーゼルターボ改(8AT)

1.5Lターボ|特徴

このエンジンに、8速スポーツモード付きCVT・車両運動統合制御システムS-AWCを組み合わせます。ターボラグを感じさせないレスポンスで、1800rpmという低い回転域から4500rpmという幅広い回転域で250Nmの力強いトルクを発生。6000rpmまで勢いを衰えることなく、しっかり回ります。

新型エクリプスクロス(1.5Lターボ)|スペック
全長:4405mm(アウトランダー比:-290mm)
全幅:1805mm(アウトランダー比:+5mm)
全高:1685mm(アウトランダー比:-25mm)
ホイールベース:2670mm
エンジン:新開発1.5L直噴ターボ「4B40」(ガソリン)
※低い回転数から大きなトルクが立ち上がりパワフルな加速性能
最高出力:120kW/5500rpm
最大トルク:250Nm/1800-4500rpm
駆動:FF/電子制御4WD(S-AWC採用)
トランスミッション:8速スポーツモード付CVT
乗車定員:5名
価格:300万円

新型エクリプスクロス(2.2Lディーゼル)|スペック

全長:4405mm(アウトランダー比:-290mm)
全幅:1805mm(アウトランダー比:+5mm)
全高:1685mm(アウトランダー比:-25mm)
ホイールベース:2670mm
エンジン:2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン
最高出力:148ps/3500rpm
最大トルク:36.7kgm/1500~2750rpm
駆動:FF/4WD
トランスミッション:8AT
乗車定員:5名
価格:300万円
2.2Lディーゼルの特徴
ターボのトルクフルな走りが可能
ライバルC-HRよりも車重が軽い分、パフォーマンスが高くなります。
8速スポーツモード付きCVT|特性

ATのようにステップ変速を行なうCVTは、ダイレクト感があって好印象。街中を普通に走る場面でも、踏み始めに多少の飛び出し感があるものの、ATのようにリニアなフィーリングに仕上がっています。

 

新型エクリプスクロス(1.5Lターボ)|安全機能

ACTIVE SMART SAFETY標準装備
衝突被害軽減ブレーキシステム
低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム
車線逸脱警報システム
誤発進抑制機能:シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制
誤発進抑制機能(前進&後退時):前進時および後退時、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制
※誤発進抑制機能は、内蔵赤外線レーザーレーダーと超音波センサーを個別で機能させ検知・急発進抑制
SMART DRIVING ASSIST採用
アダプティブクルーズコントロール
リヤクロストラフィックアラート
ブラインドスポットウォーニング
オートハイビーム
マルチアラウンドモニター

 

新型エクリプスクロス(1.5Lターボ)|走行性能

悪路走破に強いS-AWC・車両運動統合制御システム搭載。この他、3点タワーバー・開口部補強・構造用接着剤など、ランエボを思わせる車体補強がなされる模様。構造用接着剤の使用部位を増やし、3点留めのストラットタワーバーを追加するなど、剛性を高めたボディが効き、以下のような性能を発揮。

走行性能(1.5Lターボ)
  • 4輪のグリップ感が圧倒的に高い
  • クイックなハンドリング
  • ASC(アクティブスタビリティコントロール)の介入タイミングは遅め
  • ドライバーの意思を妨げることはなく、介入する直前までの挙動もより自然
  • 乗り心地:サスペンションのみ動きボディをフラットに保ってくれる感覚

 

走破性(1.5Lターボ)|走行モード:GRAVEL

荒れた路面・オフロードも乗り心地上々

20度のキャンバー路面
適宜ブレーキをかけて駆動力を確保
車体がねじれたりよれたりすることもない
40cmの台を越えるモーグル
サスペンションストロークが長く伸びて車体を水平に保てる
階段
入力がソフトであまり衝撃を感じず車内快適
20度/30度/45度勾配
30度:ものともしない感じで登る
45度:しっかり頂点まで登り切る

 

スポンサードリンク

 

【2018年設定?】エクリプスクロスPHEV

横置1.1L直列3気筒ターボMIVEC搭載。

エンジン最高出力:136ps
モーター最高出力:163ps

バッテリー+モーターによる完全EV走行が可能。

高速走行では、エンジン発電+モーター駆動のハイブリッド走行が可能です。

新型エクリプスクロスPHEV|スペック

全長:4405mm
全幅:1890mm
全高:1685mm
ホイールベース:2670mm
エンジン:直3DOHC 1.1Lターボ
最高出力:138ps/6500rpm
最大トルク:15.8kgm/2500rpm
モーター出力:163ps
システム出力:280ps
駆動:FF/4WD
価格:300万円

 

追伸情報

「エクリプスは日食を意味する英語」

Nowe Mitsubishi Eclipse Cross

ネーミングは、過去のスポーツクーペ・エクリプスから継承し、クロスオーバー(SUV)を付け加えたもの。過去のスポーツモデルから名前を継承しているので、今後の三菱スポーツモデルはSUVスタイルになる、という情報があります。

「ランエボ復活?」

最低地上高が高いクロスオーバーで開発されているエクリプスクロス エボリューションや、ランエボも復活が示唆されています。次期ランエボの発売時期は2023年予想

エクリプスクロス エボリューションDSC00585

次期ランエボDSC00583DSC00582

Return Top