Read Article

新型ハイラックス2017モデル9月12日発売「2.4Lディーゼルターボ&衝突回避・予防安全機能搭載」

日本では人気が陰り、生産中止となったハイラックス。海外では、運搬用に利用するユーザーが健在で販売は継続しており、ハイラックスは2015年に新型へフルモデルチェンジされています。

その後、日本のSUV人気アウトドア志向の影響もあり、ピックアップトラックの需要も回復傾向に。

新型ハイラックスの最先端デザインや豊富なポテンシャルが魅力的なのもあり、日本でも13年ぶりに8代目ハイラックスを販売することになります(販売店はトヨタ店)。

動画最終型ハイラックス(6代目)

 

 

新型ハイラックスのモデル概要

  • 最先端デザインでイメージ一新
  • 2列シートの5人乗り
  • 2.4Lディーゼルターボ(150㎰/40.8㎏m)搭載
  • トランスミッション:6速AT
  • ダブルキャブピックアップ4WDのみ
  • 衝突回避・予防安全機能搭載

発売日は2017年9月12日。予想価格帯は326万〜374万円

 

スポンサードリンク

 

新型ハイラックスのモデル内容

新型ハイラックスは最先端デザインでイメージ一新

新型ハイラックス

新型ハイラックスのフロントデザイン

いかつさを更に極めたフロントフェイス。キーンルックデザインを採り入れ、ワイルド+賢い印象を与えます。

ヘッドライトには、LEDヘッドライト&デイライト装備。デザインと機能を兼ね備えた先進的なフロントフェイスとなりました。

新型ハイラックスのボディサイズ

全長:5330mm
全幅:1855mm
全高:1800mm
ホイールベース:3085mm

全長と全幅が大きく拡大されて、6代目ハイラックスより2回り大きくなっています。

新型ハイラックスのボディカラー5色

  • スーパーホワイトⅡ
  • シルバーメタリック
  • アティチュードブラックマイカ
  • ネブラブルーメタリック
  • クリムゾンスパークレッドメタリック

新型ハイラックスのインテリア

新型ハイラックス4

  • 本革シート
  • スマートキー
  • プッシュスタート
  • オートエアコン
  • エアコン直冷グローブボックス
  • マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター

などの快適装備を充実させています。時代を超えて刷新されています。

新型ハイラックス3

 

新型ハイラックスのエンジン

  • 直4 2.8L 1GD-FTV(上級グレード)
  • 直4 2.4L 2GD-FTV(ベースグレード)
1GD-FTV
最高出力:177ps/3400rpm
最大トルク:450Nm/1600~2400rpm
2GD-FTV
最高出力:150ps/3400rpm
最大トルク:40.7kgf.m/1600~2000rpm

 

新型ハイラックスのグレード

Xグレード:326万7000円

ホイールキャップ
カラードバンパー
ヒルスタートアシスト機能
バックモニター
サイド&カーテンエアバック
運転席ニーエアバック

Zグレード:374万2200円

Xグレードの装備に加えて

アルミホイール
メッキバンパー
メッキグリル&ベストモール
LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付き)&フォグランプ
スマートエントリー&スタート
TFTインフォメーション画面
革巻きステアリング&シフトレバー
コンライト
ディファレンシャル・ロック
クルーズコントロール
プリクラッシュセーフティ
車線維持支援システム

 

新型ハイラックスの安全装備

衝突回避・予防安全機能であるプリクラッシュセーフティシステム/車線維持支援システムを搭載します。トヨタセーフティセンスPの採用はなく、衝突回避・予防安全機能のみを搭載するようです。

 

追伸情報

ハイラックス・スポーツ仕様TRDカスタム

ハイラックス ダブルキャブ

ハイラックスの海外版には、スポーツ仕様のTRDカスタムモデルが存在します。スマートな外観がそそりますね。

hairakkusu 2hairakkusu 4

日本への投入は未定ですが、もしハイラックスの需要が、トヨタの思惑を越えれば設定される可能性もあります。しかし、限定されたスペックで発売される日本向けグレードではなく、海外モデルのためスペックも上がり、価格も相当に高くなるでしょうね。

ハイラックスTRD仕様のスペック
エンジン:直4 2.8Lディーゼルターボ
最高出力:177ps
最大トルク:45.9kgm
トランスミッション:6速MT/6速AT
ハイラックスTRD仕様の専用装備
TRD専用グリル
TRD専用バンパー
TRD専用フレアフェンダー
TRD専用レッドスキッドプレート
TRD専用ブラック&ホワイトの限定ボディカラー
TRD専用マットブラック18インチ6スポークアルミホイール
TRD専用マッドフラップ
テールライトカバー
ソフトトノーカバー
牽引キット
オートエアコン
電動ドライバーシート
Bluetooth音声認識対応インフォテインメントシステム
TRD専用ギアノブ
TRD専用フロアマット

新型ハイラックスのライバル

かつて、ピックアップトラックは各社から販売されていましたが、2002年/2011年を持って他社のピックアップは販売を終えています。なので、新型トヨタハイラックスに新車でライバルはいませんね。過去のライバルは

  • 日産:ダットサンピックアップ
  • いすゞ:ファスター/ロデオ
  • マツダ:プロシード
  • 三菱:トライトン

など、一世を風靡した数々のモデルが存在します。ハイラックスが人気となれば、いづれかのモデルも需要に応えるでしょう。

楽天
Return Top