Read Article

新型ジムニー2018年秋発売予想「東京MS 2017プロトタイプ披露」

1998年に現行型へモデルチェンジしたジムニー。世界を見てもライバルは存在しない、軽の本格クロスカントリー4WDです。2017年までモデルチェンジの噂は絶えずありながらも、毎年、叶いませんでした。

そのジムニーに、いよいよ「2017年東京モーターショーでプロトタイプが披露される」との情報が出ています。その後、2018年、発売から20年の節目と共に新型へバトンタッチすることが予想されています。

新型ジムニーのモデルチェンジ情報

  • 最新型R06Aエンジンに刷新
  • デザインはキープコンセプト
  • オフロードシステムは継承

発売予想時期は2018年秋

予想価格帯は130万円~180万円。

 

スポンサードリンク

 

次期ジムニーのフルモデルチェンジ内容

次期ジムニーのパワーユニット

次期ジムニーが変わる最大のポイントはエンジン。現行K6A型は、4バルブDOHC+インタークーラーターボの充実したエンジン。しかし、燃費対策・環境対策のため大幅に変更します。

最新型R06Aエンジンに刷新

現在、スズキの軽自動車における主力パワーユニットがR06A型エンジンです。20年の時を経て開発された、信頼あるR06A型に切り替わります。ターボ装着・パワー上限64psキープ・トルク重視のセッティングで次期ジムニーに搭載。

環境対策にも優れており、燃費20キロ以上と予想されています(現行は街乗り9キロ)。燃費はジムニーが現行を継続する中、主力モデルで実績を積んでいます。物や人を運ぶ役割に徹していたジムニーにも、その性能が与えられます。

次期ジムニーは、社会やユーザーの経済に好ましく環境性能に優れた軽SUVとして誕生します。

次期ジムニーにSエネチャージ設定の可能性

マイルドハイブリッドを採用すると予想されています。ターボ+Sエネチャージでパワー&トルク向上。予想スペックは以下です。

最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:11.0kgm/3000rpm
モーター出力:2.2ps
モータートルク:4.1kgm

モーター出力とトルクはハスラーと同等のものです。Sエネチャージのモーターアシスト機能が加われば、全車速において加速の物足りなさを克服します。

全駆動力をガソリンのみで発揮する現行エンジンよりも、モーターによる駆動力を利用することによって燃費は改善に向かいます。

 

現行ジムニーのオフロードシステムを継承します

ラダーフレーム構造・リジッドサス・パートタイム4WDといった、オフロードに必須のシステムをブラッシュアップして最新システムに刷新します。

ラダーフレーム構造とは?

はしご状の独立フレームを継続して使用。重量は出ますが、かなりの頑丈さで悪路走破性能を発揮。フレームサイドをクロスメンバーで補強して、衝撃を吸収しながら高い走行性能を見せます。

重量増加が予想されますが、増加分の重量はボディの軽量化によって対応するようです。スズキの基本ですよね。安全性は落ちる気がしますけど。その安全性の不安を、デュアルカメラブレーキサポート搭載で補完するといった扱いになるでしょう。

次期ジムニーは、走行性能・安全性能において、現行よりハイパフォーマンスな軽SUVに進化します。

 

次期ジムニーの新しいエクステリア予想

DSC00502 (3)

エクステリアデザインは、基本的にキープコンセプト。上記画像は予想CGとなりますが、グリルの大型化が施され、ヘッドランプ周辺はハスラーのコンセプトを採用していますね。丸目ヘッドランプ・切れ長のヘッドライト形状・LEDイルミネーションランプなどの装備となります。

スクエアデザインは引き継がれますが、多少丸みを持たせる外観も採り入れて、買い換え需要新規需要ともに対応できるボディの造りとなっています。

 

次期ジムニーの最新インテリア予想

現行のインテリアは、飾り気はないがシンプルで力強いデザインです。その特徴は、次期型でも、インテリアデザインのコンセプトとして継承されます。

しかし、エクステリアと同じく質感の向上は図られるでしょう。無骨さは抑えて小綺麗に見える素材を採用し、都会的な雰囲気も持たせてほしいですよね。

 

次期ジムニーに安全装備デュアルセンサーブレーキサポート搭載

スズキの衝突被害軽減システム・デュアルセンサーブレーキサポートを搭載します。

デュアルセンサーブレーキサポートとは?

単眼カメラ+レーザーレーダー方式で危険回避

  • 前方衝突警報機能
  • 前方衝突警報ブレーキ機能
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

※メーカーオプションのセーフティパッケージ装着車に機能付加。

 

新型ジムニー(ターボ)の予想スペック

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1700mm
ホイールベース:2300mm
重量:990キロ
エンジン:直3 660ccターボ
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:11.0kgm/3000rpm
トランスミッション:5MT
駆動:4WD
燃費:20キロ
価格:130万円~180万円

 

追伸情報

ライバル情報

楽天
Return Top