Read Article

新型ジムニー|原点回帰エクステリア採用|2018年2月発売予定

1998年に現行型へモデルチェンジしたジムニー。世界を見てもライバルは存在しない、軽の本格クロスカントリー4WDです。それから2017年まで、モデルチェンジの噂は絶えずありながらも、毎年、叶いませんでした。

そのジムニーが2018年2月に新型へフルモデルチェンジします。東京モーターショー2017で発表という予想でしたが、20年ぶりの刷新とあって開発に時間を掛け、発表は2017年末前後

新型ジムニー2jimny次期ジムニー

新型ジムニーのモデルチェンジ情報

  • スズキの最新型R06Aエンジンにパワートレーンを一新
  • デザインは基本キープコンセプトで原点回帰したエクステリアを採用
  • 現行オフロードシステム(ラダーフレーム構造/リジッドサス/パートタイム4WD)を継承

予想発売時期は2018年2月。予想価格帯は130万円~180万円。

 

スポンサードリンク

 

次期ジムニーのフルモデルチェンジ情報

次期ジムニーのパワーユニット

次期ジムニーが変わる最大のポイントはエンジン。現行K6A型は、4バルブDOHC+インタークーラーターボの充実したエンジン。しかし、燃費対策・環境対策のため大幅に変更します。

最新型R06Aエンジンに刷新

現在、スズキの軽自動車における主力パワーユニットがR06A型エンジンです。20年の時を経て開発された、信頼あるR06A型に切り替わります。ターボ装着・パワー上限64psキープ・トルク重視のセッティングで次期ジムニーに搭載されます。

環境対策にも優れており、燃費20キロ以上と予想されています(現行は街乗り9キロ)。燃費は現行ジムニーでも実績は積まれていますが、次期ジムニーにはSエネチャージが搭載され、マイルドハイブリッド採用をすると予想されています。ターボ+Sエネチャージで、パワー&トルクの向上と燃費向上を両立します。予想スペックは以下です。

最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:11.0kgm/3000rpm
モーター出力:2.2ps
モータートルク:4.1kgm

モーター出力とトルクはハスラーと同等のものです。Sエネチャージのモーターアシスト機能が加われば、全車速において加速の物足りなさを克服します。

全駆動力をガソリンのみで発揮する現行エンジンより、モーターによる駆動力を利用できるため、燃費は向上します。

駆動方式はローレンジ付きAWD、またはFRを選択可能になるとの情報です。

 

現行ジムニーのオフロードシステムを継承

ラダーフレーム構造・リジッドサス・パートタイム4WDといった、ジムニーに必須のオフロードシステムをブラッシュアップして最新にします。新型に採用のラダーフレームは、強度・耐久性に優れる構造に特化させるようです。

ラダーフレーム構造とは?

はしご状の独立フレームを継続して使用。重量は出ますが、かなりの頑丈さで悪路走破性能を発揮。フレームサイドをクロスメンバーで補強して、衝撃を吸収しながら高い走行性能を見せます。

重量増加が予想されますが、増加分の重量はボディの軽量化によって対応するようです。スズキの基本ですよね。安全性は落ちる気がしますけど。その安全性の不安を、デュアルカメラブレーキサポート搭載で補完するといった扱いになるでしょう。

次期ジムニーは、走行性能・安全性能において、現行よりハイパフォーマンスな軽SUVに進化します。

 

次期ジムニーの新しいエクステリア

エクステリアデザインは、基本的にキープコンセプト。予想CGとスクープ画像を比較しましょう。

DSC00502 (3)

上記は予想CG画像です。グリルの大型化が施され、ヘッドランプ周辺はハスラーのコンセプトを採用しています。丸目ヘッドランプ・切れ長のヘッドライト形状・LEDイルミネーションランプなどを装備していました。

新たなスクープ画像(下記)では、思い切ったスクエアデザインを採用していますね。スズキは今、レトロ路線なので、このようなフォルムを採用するのでしょう。グリル・バンパー・テールライト・リアクォーターウィンドウに特徴的なデザインを採用していますね。

新型ジムニーjimuni-

もう1つのスクープ画像(下記)では、ボディパーツのカラーをブラックやホワイトに変えている2トーンデザインが採用されています。実現するなら、ハスラーのようにカラフルな色の組み合わせが楽しめるポップさで、真面目・堅強なイメージ路線からは脱却です。^^

次期ジムニー ハ 次期ジムニー ハス 次期ジムニー ハスラー

上記、スクープ画像からわかるのは、エクステリアが1980年代の2代目ジムニーに寄って、レトロさを醸(かも)しているということですね。しかし、グリル・バンパーなどは未来志向の新しい意匠になっているので、そこに新しさも感じられ、魅力的なオーラを持つモデルになっているようです。

Suzuki Jimny SJ30

ユーザーやファンの中には、「この頃のフォルムが良い」と言う人もいるようなので、フルモデルチェンジでその願いが叶えられます。頑固に古いジムニーを持つのもいいし、最新型なのに「あの頃の雰囲気」を持つ次期ジムニーを手に入れるのも最高の喜びにつながると思います。

次期ジムニーは、買い換え需要新規需要ともに対応できるボディの造りになります。

 

次期ジムニーの新型インテリア

次期ジムニーがリーク!?

現行ジムニーのインテリアのように、飾り気はないがシンプルで力強いデザインです。コンセプトとして継承しつつ、画像をよく見るとエアコンの調整ダイアルやナビゲーションなどの最新システムが採り入れられていますね。

メーターはオフロード色の強いものが採用されるという情報です。パワートレーンにマイルドハイブリッドを採用するので、マルチインフォメーションディスプレイも搭載されそうな雰囲気です。

エクステリアの新旧デザインの融合と同じく、インテリアにも新旧機能の融合が図られています。この画像では伝わらないですが、もちろん質感の向上も図られるでしょう。無骨さを控えめに、小綺麗に見える素材を採用し、都会的にもマッチするデザインと機能になります。

 

次期ジムニーに安全装備デュアルセンサーブレーキサポート搭載

スズキの衝突被害軽減システム・最新型デュアルセンサーブレーキサポートを搭載します。

デュアルセンサーブレーキサポートとは?

単眼カメラ+レーザーレーダー方式で危険回避

  • 前方衝突警報機能
  • 前方衝突警報ブレーキ機能
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

※メーカーオプションのセーフティパッケージ装着車に機能付加。

 

新型ジムニー(ターボ)の予想スペック

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1700mm
ホイールベース:2300mm
重量:990キロ
エンジン:直3 660ccターボ
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:11.0kgm/3000rpm
トランスミッション:5MT
駆動:4WD
燃費:20キロ
価格:130万円~180万円

 

追伸情報

ライバル情報

【動画】ジムニー走行シーン

 

 

楽天
Return Top