Read Article

ダイハツ新型タント|軽量化により安定性&燃費向上|2018年10月発売予想

新型タントは、プラットフォーム・パワートレーンなどを新開発し、
DNGAに基づいた開発を行っています。

新型タントのエクステリアデザインは、キープコンセプト。
初期型への原点回帰を思わせる「角を丸めたデザイン」を採用します。

TANNTO_引用元:https://bestcarweb.jp

新型タント|フルモデルチェンジ情報

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

DN U-SPACEDN U-SPACE2 (1)

新型タントは、基本的にキープコンセプトで登場。
タントのセールスポイントである

  • 「高さの割に空気抵抗値が低いデザイン」
  • 「ミラクルオープンドア」

を継承し新型発売になります。

カスタムは上級スポーツを演出するため、

  • 大型グリル
  • 新形状LEDヘッドランプ

を採用するという情報です。

 

あの四角いボディと背の高さで「空気抵抗値が低い」新型タント

ルーフが高いのに空気抵抗値は低いデザイン

背の高いボディでありながら、
「Cd(空気抵抗)値」は低くなるように設計されているので、
そのボディ構造が大いに燃費性能に貢献しています。

このように優れた燃費性能を持つデザインだから、
エクステリアはキープコンセプトで開発。

さらに、先進的なエクステリアデザインも採り入れつつ登場します。

 

使い勝手のいいピラーレススライドドアも継承。

ミラクルオープンドア採用

助手席側のセンターピラーをスライドドアに「内蔵」して
開口部を大きくする

という発想から生まれたミラクルオープンドア

新型タントにも、このドア機能を採用し、
現行以上の「使い勝手」に進化させるでしょう。

デザイン・機能ともに、
他の軽スーパーハイトワゴンに勝(まさ)る強みを搭載します。

 

 

新型タントは開発陣が気合を入れてすべて刷新します。

次世代プラットフォーム採用

次世代プラットフォームは、高張力鋼板・樹脂パーツの使用率をアップし
効果的に活用することでボディを軽量化

軽いだけでは耐久性も高剛性も無さそうですが、
「材料」に秘密があるようです。

軽量高剛性ボディの構成

新型ミライースに採用された技術で
「要所のパーツを樹脂化」して軽量化を実現しつつ、
「高張力鋼板の使用率を上げる」ことで高剛性をキープしています。

 

軽いだけではなく剛性にも配慮されているので、
「安全面」も徹底的に配慮されているボディ構成になっています。

また、軽量化は高い空力性能を発揮し、低燃費にも貢献します。

 

このボディ構造は走行性にもいい影響を与えてくれるようです。

走行安定性も向上

次世代プラットフォームの恩恵に加えて

  • 新イーステクノロジー・エンジン
  • CVT協調制御の最適化
  • 足まわりの転がり抵抗低減

などの技術が合わさり、
高い「走行安定性」までをも生み出してくれます。

 

軽スーパーハイトワゴンの弱点とも言える

  • 走行時のふらつき
  • 浮ついた乗り心地

などのネガティブは新型タントで改善され、
乗用車並みの乗り心地を実現します。

 

 

では、その気持ちいいボディを動かしてくれる
パワートレーンを見てみましょう。

フルハイブリッドも搭載されるかも?しれません。

搭載エンジン

  • 新開発NA(ノーマル/カスタム)
  • 新開発ターボ(カスタム)
  • フルハイブリッド(1モーター:EV走行可能)

予想スペック(NA)

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1750mm
ホイールベース:2455mm
重量:900キロ
エンジン:直3 660cc
最高出力:52.6ps/6800rpm
最大トルク:6.1kgm/5200rpm
トランスミッション:CVT
駆動:FF/4WD
燃費:30キロ
価格:130万円~190万円

 

 

ターボは出力・トルクが向上するだけですが
フルハイブリッド搭載の可能性が高いようです。

新型タントでフルハイブリッド搭載が実現?

マイルドハイブリッドは、「スズキの2番煎じ」になるため
「搭載しない」のがダイハツの考えのようです。

現在、1モーター+リチウムイオンバッテリー方式で
EV走行も可能
となる軽自動車用フルハイブリッドの開発が進行中らしく、
時期が合えば、新型タントに搭載される可能性があるようです。

 

 

追伸情報

関連記事


「軽自動車」のフルモデルチェンジ一覧

Return Top