Read Article

新型タント|軽量化により安定性&燃費向上|2017年度内の発売予想

ダイハツ技術がマイナーチェンジの度に続々搭載されるタント。e:Sテクノロジー/ミラクルオープンドア/スマートアシストⅢなど、ミライース・ムーヴと共に新技術を盛り込まれ軽スーパーハイトワゴンの先駆けを担います。

2016年12月、スバルへOEM供給を開始しています(シフォン)。両モデル共、子育て世代を中心に人気が広がっており、販売台数は常にトップクラスです。

タントのフルモデルチェンジ情報

発売予想時期は2017年度内。予想価格帯は130万円~190万円。

 

次期タントのフルモデルチェンジ情報

次期タントは現行のデザイン・スライドドアコンセプトを継続

DSC00504 (4)

次期タントは、基本的にキープコンセプトで登場するとの情報です。タントのセールスポイントである

  • 高さの割に空気抵抗値が低いデザイン
  • ミラクルオープンドア

を継承し新型発売になります。

次期タントはルーフが高いのに空気抵抗値は低いデザイン

背が高いボディでありながらCd(空気抵抗)値は低く、燃費に貢献しています。この性能を持つデザイン性をキープしながら、新しいエクステリアデザインを採用して登場します。

次期タントもミラクルオープンドア採用

助手席側のセンターピラーをスライドドアに内蔵して、開口部を大きくするという発想から生まれたミラクルオープンドア。次期タントにもこのドア機能を採用しつつ、さらに、今以上に使い勝手を良くします。

デザイン・機能ともに、他の軽スーパーハイトワゴンに勝(まさ)る強みをより進化させます。

 

次期タントは次世代プラットフォーム採用

次世代プラットフォームは、高張力鋼板・樹脂パーツの使用率をアップし、効果的に活用することでボディを軽量化します。

次期タントの軽量高剛性ボディ

新型ミライースに採用された技術で、要所のパーツを樹脂化して軽量化を実現しつつも、高張力鋼板の使用率を上げることで高剛性をキープし、さらには高めます

軽いだけではなく、剛性にも配慮しているので、安全面にも比較的、配慮されたボディ構成になっています。また、軽量化は高い空力性能を発揮し、低燃費にも貢献します。

次世代プラットフォーム採用により走行安定性も向上

この基礎部分に、新イーステクノロジーのエンジン、CVTの協調制御の最適化、足まわりの転がり抵抗低減などの技術が合わさり、さらなる走行安定性を生み出します。

軽スーパーハイトワゴンの弱点とも言える、走行時のふらつきや浮ついた乗り心地は、今後もっと改善されて、気持ちのいいものになっていくことでしょう。

 

次期タントの予想スペック

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1750mm
ホイールベース:2455mm
重量:900キロ
エンジン:直3 660cc
最高出力:52.6ps/6800rpm
最大トルク:6.1kgm/5200rpm
トランスミッション:CVT
駆動:FF/4WD
燃費:30キロ
価格:130万円~190万円
楽天
Return Top