Read Article

ハスラーワイド新型2018年夏登場予想「コンパクトカープラットフォーム採用」

大ヒットしたハスラー。

その派生モデルとなる登録車(5人乗り)をスズキはプロジェクト。

  • イグニス
  • バレーノ
  • スイフト

に続き、コンパクトカーのラインナップ強化に繋がる一台になります。

しかし、開発は市場の需要を伺(うかが)いながら、油断なく形勢を見定めています。

軽自動車市場が不安な中、需要が確実と言えそうなコンパクトカーの比率を高めるのが狙い。

 

ハスラーワイドの概要

  • コンパクトカープラットフォームで開発
  • 既出エンジンに加え新開発1L NA投入か?

発売時期は2018年夏発売予想。

予想価格帯は130~200万円。

 

スポンサードリンク

 

新型ハスラーワイドの内容

コンパクトカーのプラットフォームで開発

スズキには、ジムニー(軽自動車)をワイド化したジムニーワイドというモデルがあります。

しかし、ハスラーワイドはコンパクトカーのプラットフォームを使い、製品化する可能性が高いです。

ハスラー発売後に登場したコンパクトカー・イグニス。このプラットフォームを使用。

  • 軽量化と高剛性を両立
  • 走りも燃費も期待できる

プラットフォームを採用し、ハスラーに似たボディを設計する、という方法でハスラーワイドは開発されます。

 

エクステリアデザイン

DSC00500 (6)

ハスラーのデザインコンセプトを踏襲。

ハスラーは、ヘッドライトが丸いキュートなデザインを採用。

しかし、ハスラーワイドでは、そこに

  • ワイルドなフロント
  • イグニスのヘッドライト(U型)
  • 横格子状のグリルデザイン(Jスタイル風)
  • 迫力あるバンパーデザイン(Jスタイル風)
  • オフロード対応小型SUV用タイヤ

を採用し、よりSUV色を強めたデザインになると予想されています。

 

スタイリング

  • 全幅
  • 全高
  • トレッド

をサイズアップ。SUVらしくバランスの取れたスタイルで登場です。

また、軽自動車以上のボディ性能を採用します。

 

軽量衝撃吸収ボディTECT採用

イグニスやソリオをベースとする場合、スズキの登録車用新開発ボディTECTを採用します。

  • 超高張力鋼板を広範囲に使用
  • 先進テクノロジーで設計されたボディ

なので、軽量化と安全性を高い次元で融合しているのが特徴。

新設計されたコンパクトSUVがハスラーワイドです。

上記ボディ(入れ物)に搭載されるのが、以下のパワーユニット

 

既出エンジンに加え新開発1.0L NA投入か?

可能性が高いのは

  • 1.2Lハイブリッド(イグニス搭載)
  • 1.0L直噴ターボ(スイフトRS搭載)

の既出パワーユニット採用。

1.0L直噴ターボ

1.5L並みのパワーとトルクを発揮するエンジン。

このエンジンは、キビキビ走る走行性能があり、ハスラーワイドのスポーツモデルに搭載される可能性が高くなります。

そこで、ターボ&ハイブリッドとは別に、

  • ハスラーワイド専用エンジン

を開発しているとの予想があります。

 

専用3気筒1.0L NA開発中?

  • 70ps程度のパワー
  • 燃費性能が高い

という特徴を持つ軽量エンジンです。

 

ほかユニット関係の情報

  • ミッションはCVTを基本設定
  • AGS設定の可能性あり

という予定がされています。

 

新型ハスラーワイド(3気筒1.0L NA)の予想スペック

全長:3650mm
全幅:1650mm
全高:1700mm
ホイールベース:2435mm
重量:900キロ
エンジン:直3 1.0L NA
最高出力:70ps/6000rpm
最大トルク:100kgm/4400rpm
トランスミッション:CVT
駆動:FF/4WD
燃費:25キロ
価格:130~200万円
楽天
Return Top