Read Article

レガシィ新型2019年10月中旬発売予想「新開発2L/2.5Lボクサーターボ搭載」

2017年秋にマイナーチェンジ(2018年)モデルが発売されるレガシィ

この2018年モデルの改良点は

  • フロントグリル一新
  • サスペンション設定変更
  • CVTセッティング変更

でした。

その後、2019年にフルモデルチェンジが行われるとの予想となっています。

次期型では、刷新と言える大幅な改良が加えられ登場予定。

 

レガシィのフルモデルチェンジ概要

  • NAエンジン(2.5L/3.6L)廃止
  • エクステリアコンセプト一新
  • セダンB4&SUVアウトバック継続

発売時期は2019年10月中旬。

予想価格は300万円。

 

新型レガシィのフルモデルチェンジ内容

NAエンジン(2.5L/3.6L)廃止

  • 現行2.5L4気筒NA
  • 北米向けボクサー6 3.6L NA

この2種類のエンジンを廃止

 

次期モデルはダウンサイジングターボ搭載

新開発

  • 2.0L 4気筒水平対向ターボエンジン
  • 2.5L 4気筒水平対向ターボエンジン

の2つを投入。

 

2.0Lターボ

レヴォーグ搭載FA20型でハイパワーが特徴のエンジン。

新型レガシィには、これを改良したものを採用しスバルの基幹エンジンとする。

新エンジンは燃焼効率を改善。

優れた燃費性能とハイパワーを両立させます

 

2.5Lターボ

  • 新設計ダウンサイジングターボ
  • 燃費効率を大きく向上
  • NAに代替する基幹エンジンとなる

 

エクステリアコンセプト一新

DSC00497 (4)

スバルが最近のコンセプトカーで推し進める

  • VIZIVコンセプト

を新型レガシィのエクステリアに適用。

現行の外観とは大きく異なるスタイリッシュなデザインになります。

 

【動画】VIZIVコンセプト

 

 

セダンB4&アウトバック継続

一方で、モデル構成は変わらず

  • セダンB4
  • SUVアウトバック

2種類のスタイルを継続して採用。

 

新型レガシィ(2.0Lターボ)の予想スペック

全長:4800mm
全幅:1850mm
全高:1470mm
ホイールベース:2650mm
重量:1550キロ
エンジン:水平対向4気筒2.0Lターボ
最高出力:250ps/5500rpm
最大トルク:42.0kgm/2500rpm
トランスミッション:CVT
駆動:4WD
燃費:20キロ
価格:300万円
Return Top