Read Article

シビック新型2017年8月発売「TYPE R/セダン/ハッチバック一斉登場」

シビックが3ナンバーモデルになって復活。

  • ハッチバック2005年
  • タイプR 2010年

以来の登場となります。

タイプRは、2015年、限定750台モデルを発売。このとき1万人の希望者が集まった人気モデル。

いま、シビックの需要がどれほど日本市場にあるのか。

発売後の売れ行きに興味が湧きます。

 

新型シビックシリーズの概要

タイプR

  • 新プラットフォーム採用
  • 2.0L直列4気筒ターボ搭載
  • 最高出力320ps(10ps向上)
  • カタログモデルにラインナップ

セダン&ハッチバック

  • 全長4500mm
  • 全幅1800mm
  • 1.5L直列4気筒VTECターボ搭載
  • FF/6MT

 

【動画】ホンダ「新型シビック ハッチバック&セダン」観てきたよ!( ^ ^ )/ 2017年夏発売!@東京オートサロン(おつぽんTV / OtsuponTV )

 

発売予想日は2017年8月。

価格帯は250万円~460万円。

 

スポンサードリンク

 

新型シビックTYPE Rのモデル内容

先代シビック タイプRはニュルブルクリンク最速を誇ってました。

しかし、すぐにVWゴルフに抜かれます。

新型シビック タイプRは、再びニュル最速を目指して全てを開発し直すことに。

 

新プラットフォーム採用

  • 320馬力に耐えられるボディ剛性
  • 大きく張り出すオーバーフェンダー
  • 大型リアウィング装着
  • 全長4500mm
  • 乗っていて安心感がある
  • 意のままに操れるハンドリング性能を発揮できる
  • 後席の乗り心地が良くなっている

 

2.0L直列4気筒ターボ搭載

  • ファインチューニング実施
  • 先代比10ps向上
  • 最高出力320ps

 

カタログモデルにラインナップ

  • 2010年以来のカタログ・ラインナップに復帰

 

インプレッションtweet

 

新型シビック セダン/ハッチバックのモデル内容

  • 1.5L直列4気筒VTECターボ搭載
  • FF/6MT

エンジンはステップワゴンと同じ。

シビックは車重が軽いため

  • 軽快な走り
  • 良好な燃費

を期待できます。

ステップワゴンでの失敗が、新型シビックで生かされるのは嬉しいですね。

ステップワゴンハイブリッドは2.0Lを積むので、やはり排気量が足りなかったのでしょう。

 

タイプRの予想スペック

全長:4500mm
全幅:1880mm
全高:1400mm
ホイールベース:2700mm
重量:1390キロ
エンジン:直4DOHC 2.0Lターボ
最高出力:320ps/6600kgm
最大トルク:41.5ps/2500~4500kgm
トランスミッション:6MT
駆動:FF
燃費:13.5キロ
価格:460万円

 

ハッチバックの予想スペック

全長:4500mm
全幅:1800mm
全高:1420mm
ホイールベース:2700mm
重量:1350キロ
エンジン:直4DOHC 1.5Lターボ
最高出力:182ps/6000kgm
最大トルク:22.4ps/1700~5500kgm
トランスミッション:6MT
駆動:FF
燃費:19キロ
価格:260万円

 

セダンの予想スペック

全長:4630mm
全幅:1800mm
全高:1415mm
ホイールベース:2700mm
重量:1350キロ
エンジン:直4DOHC 1.5Lターボ
最高出力:182ps/6000kgm
最大トルク:22.4ps/1700~5500kgm
トランスミッション:6MT
駆動:FF
燃費:19キロ
価格:250万円
Return Top