Read Article

三菱パジェロミニ後継|eKプラットフォーム採用|2019年以降発売?

日産×三菱が軽EVに続き合弁会社で開発中の軽自動車は、
スズキハスラー/ジムニーをライバルに意識する三菱パジェロミニ後継です。

三菱パジェロミニ後継|モデルチェンジ情報

  • モノコックボディ採用
  • 日常の快適性・4WDの走行性能を重視
  • パジェロミニの外装&技術継承
  • 発売時期は2019年以降か?
  • 予想価格は140万円~

 

スポンサードリンク

 

モノコックボディ構造を採用

クロスオーバーをコンセプトに開発中のパジェロミニ後継
ハスラー/ジムニーをライバルに掲げるSUV軽自動車なので

  • ハスラーの快適性
  • ジムニーの走行性能

「この両者の良いとこ」の要素を持つモデルにしていくのが三菱と日産の狙いです。

 

その要素を構成するためには、まずこれまでの「ビルトインラダーフレーム」構造から
「モノコックボディ」構造に改良され、街乗りに対応する快適性を向上します。

この改良を三菱eKシリーズの改良型プラットフォームで造り上げます。

 

【参照】従来の「ラダーフレーム」構造とは?

フレームに「ボディを載せる」構造で、走行時の「揺れが強くなる」傾向にありました。
オフロード走行には適しているのですが、オンロードで揺れるので乗り心地はよくありません。

モノコックボディは、ボディ全体を骨格とする構造で、乗り心地は向上します。

 

 

このメリット生かし、新型パジェロミニ後継フルタイム4WDを採用して「走行性能」の向上も実施します。

日常の快適性とフルタイム4WDによる「走行性能」を両立

ジムニーのようなガチガチの「走破性」は発揮しなくなりますが、
新型パジェロミニ後継は「フルタイム4WD」採用によって
日常における高い走行性能を発揮する「アーバンユースモデル」になります。

4輪すべての前後トルク配分(駆動とブレーキの使い分け)を制御する4WD技術で高い走行性能が発揮されるため、
街中の運転に安定感が生まれ、楽で快適な街乗り走行が可能になります。

 

三菱の様々なSUV・4駆で発揮される4WD技術の性能とは?

三菱4WD技術の特徴|「走る×曲がる×止まる」

三菱4WD MITSUBISHI MOTORS

4WDはその特長から高い走破性を持つ一方、雪道や悪路の発進性・走破性ばかり高めてしまうと、
「曲がりにくい・止まりにくい車」になってしまいます。

ドライバーは運転中、五感を通じて常にクルマと対話をしています。

連続的に変化する路面状況に対しても、クルマがいかにドライバーのイメージ通りに動くのか、
三菱自動車は「ドライバーの意のままの操縦性を持つ4WD」を開発思想に持ち、それを実現する4WDを作り続けています。

引用元:http://www.mitsubishi-motors.co.jp

 

 

実際に、三菱の4WDには、どのようなメリットが存在するのでしょうか。

ドライバーの負担軽減

ふらつかず、まっすぐ走る

走行状況によるふらつきなどを軽減し、「まっすぐ走る」ことが得意な三菱の4WD技術。

ふらつきが少なければハンドルもとられにくいため、
「横風」のある走行環境でも安定を保ちます。

さらに、クルマについた複数のセンサーが、

  • ドライバーの意図
  • 路面状況
  • 速度・傾斜

などの状況を判断。変化するコンディションに対し、常にクルマを安定方向へ導きます。

 

思いのままに動かせる

  • 「これくらい曲がりたい」
  • 「こっちの方向に進みたい」

そんなドライバーの意図に応えクルマが向くよう4輪を「コントロール」してくれます。
予期しない走行状況でもストレスのない快適なドライブを実現します。

 

スリップを抑える

スリップを感知すると、ドライバーが感じるよりも早く4輪を「制御」します。
「滑らない」ように補正してくれるので、ドライバーも同乗者も安心です。

以上のような「安定感」を発揮するフルタイム4WDが新型パジェロミニ後継に搭載されます。

 

 

ここまでの情報からスペックをまとめます。

予想スペック

全長:3400mm
全幅:1485mm
全高:1690mm
ホイールベース:2320mm
重量:1000キロ
エンジン:直列3気筒660ccターボ
最高出力:64ps/6500kgm
最大トルク:15.0ps/2500kgm
トランスミッション:4AT
駆動:4WD
燃費:19キロ
価格:140万円

 

以上です。

 

 

以下には、新型パジェロミニ後継の追伸情報や関連記事など
軽く関連のある情報を載せています。

追伸情報

関連記事

 

パジェロミニのエクステリアコンセプト&技術継承

エクステリアは「日産へのOEM供給」を想定したスタイルになります。

  • パジェロミニのスタイルを継承
  • 4ドア採用
  • 燃費重視のパワートレイン
  • 三菱4WD技術を生かす駆動力

 

キックス/パジェロミニ|生産終了から復活までの軌跡

パジェロミニは2012年6月に生産終了。OEMのキックスも2012年8月に販売終了を迎えました。
そういえば、このモデルを街でよく見かけた気がします。

三菱・パジェロミニ 日産キックス KIX

最近はまったく見ないなあ。両モデルが生産終了を迎える頃はSUV軽自動車の流行が終わり、
ラパンやミラココアなど「可愛いスクエアデザイン」に人気が移った時期でした。

価格は安く抑えられ、維持費も考慮された
気軽に購入しやすく、室内空間や乗り心地の充実度が高いモデルの登場です。

▽瞳がうるっとしてカワ(・∀・)イイ!!ミラココアミラココア1

 

その後は、ホンダのN-ONE・N-BOXスラッシュなど、見た目がポップで走りもいい
プレミアムスタイルの軽自動車が人気を博す時期に突入。

N-ONEN-BOXスラッシュ

これらの流れが1周巡って「SUVブーム」が巻き起こったのが2016年です。

このブームに乗って復活を遂げるのが、
日産×三菱のパジェロミニ後継というわけですね。

 

メーカーはモデルの人気が陰ったら、2・3年様子を見る時期を設けて「開発」に着手。
「生産終了から5・6年後に復活」させる手法を最近は取るみたいですね(昔からかな?)。

2018年以降は各メーカー、軽自動車に限らず懐かしいモデルの復活が続々と行われる流れになりそうです。

これからは、よほど人気なくて生産終了になったモデルでもない限り、
生産終了してもガッカリする必要はないかもしれませんね。

 

とはいえ、好みのクルマの復活まで5年、10年も待たされる期間は長いですが、
その期間は、他に乗ってみたかったモデルを試す時期に充てられそうです。

「好きなクルマが復活」したら最新型に乗り継ぎ、
色々なクルマのオーナーを経験できるので楽しいでしょうね。

Return Top