Read Article

三菱新車発売情報2018

 

スポンサードリンク

 

エクリプスクロス・ガソリンターボモデル|3月1日 新型|

DAzgmU9VoAA71Rs

三菱新型エクリプスクロス1.5Lターボ|スポーティSUVクーペ|2018年3月先行発売

  • 新型コンパクトSUV(新型クーペSUV)
  • アウトランダーとRVRの間を埋める新型コンパクトSUV
  • 1.5Lターボエンジン搭載
  • 価格(予想):ガソリン2WD 270万~/4WD 290万~
  • アウトランダーより価格的に有利なモデル
  • ライバル:C-HR/ヴェゼル/CX-3
  • 2018年中にPHEVを設定。2.0Lガソリンエンジンと組み合わせる?
エンジン(ラインナップ)
直列4気筒 1.5Lダウンサイジングターボ搭載モデル
直列4気筒 2.2Lクリーンディーゼル搭載モデル
ターボモデルを先行販売
ディーゼルモデルを半年遅れで発売?
エクリプスクロス(1.5Lターボ)の予想スペック
全長:4405mm(アウトランダー比:-290mm)
全幅:1805mm(アウトランダー比:+5mm)
全高:1685mm(アウトランダー比:-25mm)
ホイールベース:2670mm
エンジン:新開発1.5L直噴ターボ「4B40」(ガソリン)
※低い回転数から大きなトルクが立ち上がりパワフルな加速性能
最高出力:120kW/5500rpm
最大トルク:250Nm/1800-4500rpm
駆動:FF/電子制御4WD(S-AWC採用)
トランスミッション:8速スポーツモード付CVT
乗車定員:5名
価格:300万円

エクリプスクロスPHEV|2018年中に設定

横置1.1L直列3気筒ターボMIVEC搭載。

  • エンジン最高出力:136ps
  • モーター最高出力:163ps
  • バッテリー+モーターによる完全EV走行が可能。

高速走行では、エンジン発電+モーター駆動のハイブリッド走行が可能です。

新型エクリプスクロスPHEVのスペック
全長:4405mm
全幅:1890mm
全高:1685mm
ホイールベース:2670mm
エンジン:直3DOHC 1.1Lターボ
最高出力:138ps/6500rpm
最大トルク:15.8kgm/2500rpm
モーター出力:163ps
システム出力:280ps
駆動:FF/4WD
価格:300万円
エクリプスクロス・ディーゼル|2019年3月? 新型|
  • 環境に対応させるため改良を実施しガソリン発売から1年後か?
  • 価格=ガソリンモデル並みか?
  • MT設定の可能性はない?
新型エクリプスクロス(クリーンディーゼル)のスペック
全長:4405mm
全幅:1890mm
全高:1685mm
ホイールベース:2670mm
エンジン:2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン
最高出力:148ps/3500rpm
最大トルク:36.7kgm/1500~2750rpm
駆動:FF/4WD
トランスミッション:8AT
乗車定員:5名
価格:300万円

 

デリカD:5|5月 マイナーチェンジ|

  • フロントバンパーを歩行者保護対応型に変更
  • インテリア変更
  • 安全性強化
  • 既存エンジンの絞り込み?(ガソリンエンジン2種廃止?)

 

eKスペース|5月 特別仕様車|

  • 特別仕様車ACTIVE GEAR発売
エクステリア装備
ウインカー付き電動格納式リモコンドアミラー(オレンジ)
LEDデイライトカバー(オレンジ)
14インチアルミホイール(ブラック)
フロントスキッドブレード(ブラック)
ルーフレール(ブラック)
ベルトラインモール(ブラック)
ACTIVE GEAR専用デカール(テールゲート)

 

パジェロミニ|秋 復活新型|

DSC00491 (6)引用元:ベストカー

日産×三菱キックス/パジェロミニ後継2018年秋発売予想「三菱技術採用」

  • 三菱生産、日産へOEM供給
  • ダイナミックシールド採用
  • 4ドアモデル
新型パジェロミニの予想スペック
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1680mm
ホイールベース:2405mm
エンジン:660cc
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.0kgm/3000rpm

 

新小型PHEV|2018年内 新型|

  • 小型車のPHEVバージョン
  • 三菱車はジャッキーの映画によく登場するように「アジア」で認知されている
  • そのアジア地区・投入が予定されています

 

ekワゴン|2018年末 新型|

 

スポンサードリンク

 

【2019年】

デリカD:5|2019年以降 新型|

三菱新型デリカD:5|改良型2.2Lクリーンディーゼルエンジン搭載|2019年以降発売

 

ミラージュ|2019年 フルモデルチェンジ|

DSC00496 (4)引用元:ベストカー

三菱新型ミラージュ|新型1.1Lダウンサイジングターボ搭載|2019年登場予想
  • 次期ミラージュは1.1Lターボ搭載
  • サイボーグのようなスポーツモデルも開発予定
  • PHEV設定

 

パジェロ|2019年 フルモデルチェンジ|

DSC00493 (5)引用元:ベストカー

パジェロ新型2019年登場予想「クリーンディーゼル&PHEV追加設定」
  • 新型グランドツアラーコンセプト市販モデル
  • ダイナミックシールド採用
  • PHEVモデル(パジェロ デューククロス)追加
パジェロ デューククロスの予想スペック
エンジン:V6 3.0L+スーパーチャージャー+モーター
電気モーター航続距離:120km
ガソリン航続距離:1200km
PHEVシステム:トリプルモーター採用
ミッション:8速AT採用
AWDシステム:S-AWC(フルタイム)

 

軽EV|2019年 新型|

日産×三菱EV軽自動車2019年発売予想「次期iMIEVはeK/デイズのEVグレード」
  • 日産のEV技術と三菱のEV技術で開発(合弁会社NMKV)
  • eK・デイズのEVモデルとして軽EVを追加
  • 位置付けはi-MiEV後継
  • 航続距離:300キロ
  • 価格:ガソリン軽自動車並み
  • リーフやアウトランダーPHEVのノウハウを軽に投入

 

e-EVOLUTION|2019年春~もっと先 新型|

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPTを東京モーターショー2017で披露
  • ワイド&ローなクーペSUV・EV
  • スポーティでパワフルなデザイン

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT

ボディサイズ
全長:4400mm
全幅:1865mm
全高:1650mm(スポーツサスペンション採用ローダウン)
(参考比較:エクリプスクロスのボディサイズ)
加速性能
フロント:モーター1+リア:モーター2(高出力モーター)
大容量駆動用リチウムイオンバッテリー搭載
デュアルモーターAYC
トリプルモーター方式4WDシステム採用
S-AWC採用

 

 

【2020年】

i-MiEV後継(小型車)|2020年 規格変更|

  • eKワゴンベースのEV(電気自動車)として開発中
  • 小型車に規格変更し全長を延長
  • 三菱生産。日産にOEM供給
  • 「歩行者保護対策法規変更」により軽自動車規格外に
  • バッテリー:東芝製品を不採用
  • 安全装備の追加。バッテリー容量増加なし
  • 日常的に乗れるモデルとして価格を下げる方向で検討中

 

RVR|2020年前半 フルモデルチェンジ|

三菱新型RVR|XR-PHEV II Concept市販化|2020年前半予定「EV搭載モデル」
  • ジュークサイズ(Bプラットフォーム)ボディをサイズダウン
  • Bプラットフォームベースの新プラットフォーム採用
  • 1.5Lターボ追加設定/PHEV追加設定
  • RVRの車体を日産と共用する

 

GT|2020年 新型|

DSC00549引用元:ベストカー

スペック
全長:4500mm
全幅:1880mm
全高:1310mm
エンジン:2.0Lターボ
エンジン:660cc
最高出力:500ps
最大トルク:55kgm
駆動:4WD

 

 

【2023年】

ランサーエボリューション|2023年 新型|

  • 最低地上高が低いクロスオーバー

 

スポンサードリンク

 

追伸情報

関連記事

「日産×三菱提携による注目点」

費不正問題のマイナスにより、日産との提携(+ルノー)というプラスが生まれたこと。日産×三菱・双方の強みが混ざり合うことで、これまでにない新しい形が生まれます。

日産は三菱にe-POWER技術を提供。そして三菱はPHEV技術を提供します。

  • 日産:三菱モデルを共有
  • 三菱:日産モデルをOEM

そして、ランサーエボリューションとパジェロが復活という情報が出ています。日産の影響下、全盛の頃の三菱に戻り、低迷期を脱出するための試みのようです。エボ・ラリーアートのような仕様をコンパクト中心に展開していく日が、また来るかもしれません。

「2018年10月は燃費表示が世界基準のWLTCモードに変更になります」

3つの走行環境(市街地/郊外/高速道路)ごとの各燃費と、その平均値を表示するようになります。これにより、ユーザーは自分が一番多く利用する走行シーンの実燃費を想定しながらクルマ選びができるようになります。

その1年後の2019年10月は、消費税率10%への引き上げ予定時期です。ますますシビアなクルマ選びが必要になってきますね。

アウトランダー/アウトランダーPHEV|? フルモデルチェンジ|

  • ダイナミックシールドデザイン採用
  • 3つの高出力・高効率モーター搭載(フロント1/リア2)
  • 新世代の大容量駆動用バッテリー
  • 総航続距離:1200km
  • EV走行のみ:120km
  • フルタイム4WD採用
  • 車両運動統合制御システム「S-AWC」搭載

もうこの時期(2018年)になると、ハイブリッドからEVの時代に流れが変わっているはずです。いまでもアウトランダーPHEVは大人気。次期作で「飛躍的な未来マシン」になります。

「MI‐PILOT(エムアイパイロット)次世代自動運転技術か?」

  • 2017年10月に「MI‐PILOT/MI‐PILOT ASSIST」を商標登録
  • 衛星「みちびき」の信号とGPS信号を両方使用(+高精度地図情報)
  • クルマの位置を数センチ単位で操縦可能(通常は10mの誤差が出る)
  • 車線内を維持した自動操縦が可能に
  • xAUTOというモデルに搭載【動画参照】
  • クルマのモニターには走行道路の幅が表示される
  • ハンドル操作なしでブレーキや車線維持の自動走行が可能
  • 運転手の視線を検知し警告や自動停車する機能あり

 

2020年までに開発予定|三菱モデル一覧|

SUV
アウトランダー
小型SUV
RVR
PHEV(EV)
アウトランダーPHEV
小型SUV PHEV
RVR-EV
軽EV
MPV
デリカD:5
小型MPV
コンパクト
ミラージュ
アトラージュ(ミラージュ4ドア)
軽自動車
eKワゴン
eKスペース
商用車
コルトL300

 

Return Top