Read Article

新型デリカD:5 2018年春発売予想「パジェロスポーツ2.4Lディーゼル搭載」

パジェロと同様、日産と提携したあとに存続が決定した三菱デリカD:5。日産は、三菱の電動化技術と4WD技術を高く評価しているため提携にも踏み切っています。

特にデリカD:5は、3列シートミニバンとSUV、2つの魅力を1台に持つモデル。ここに日産は可能性を感じています。もしかして日産にOEMする可能性もあるのでしょうか。

現行は、2018年2月頃にオーダーストップとの情報。そこから勘案すると、発売日は2018年春ごろになる予定のようです。

次期デリカの概要

  • 新規クリーンディーゼルを展開
  • 新規エクステリアデザイン採用
  • タフなオフロード性能継続

発売予想時期は2018年春。

予想価格は350万円(2.4Lクリーンディーゼル)

 

スポンサードリンク

 

次期デリカのフルモデルチェンジ内容

新規クリーンディーゼルを展開

新型パジェロがクリーンディーゼルエンジン中心に展開するように、デリカD5も共用パーツを増やし、コスト減の目的でクリーンディーゼルを中心に展開。

新型パジェロは現行を改良し次期型に対応します。

しかし、デリカD:5は現行型(2.2Lディーゼル/148ps)と別のエンジンを採用。

 

2.4L直列4気筒ディーゼル(181ps)

これは海外専売のパジェロスポーツに搭載されるディーゼルエンジンです。

現行に比べ、ドライビング性能はさらに向上。

このエンジンを新型デリカD:5の中心ラインナップとして展開します。

 

次期デリカ新規エクステリアデザイン採用

DSC00494 (6)

デリカD:5の特徴的なフロントグリル周りやボディの個性は残しつつ、より洗練されたデザインへとブラッシュアップされて登場予定。

可能性として、そのボディにはアルミが多用され、軽量化を図るとも予想されています。

 

タフなオフロード性能継続

現行で好評のアクティブヨーコントロールシステム(AYC)を継承。

左右輪間の駆動力・制動力を制御する技術は、さらに磨かれ緻密な制御が可能となります。

他メーカーのファミリー向けミニバンにはない、この高い技術とオフロード性能を次期型にも採用。

パジェロスポーツ搭載2.4Lディーゼルエンジンの分厚いトルク性能を、余すことなく発揮できる高性能モデルです。

 

次期デリカ(2.4Lクリーンディーゼル)の予想スペック

全長:4700mm
全幅:1800mm
全高:1750mm
ホイールベース:2850mm
重量:1850キロ
エンジン:直列4気筒2.4Lディーゼルターボ
最高出力:181ps/3500kgm
最大トルク:43.8ps/2500kgm
トランスミッション:6AT
駆動:4WD
燃費:13キロ
価格:350万円

 

追伸情報

関連記事

楽天
Return Top