Read Article

新型パジェロ|クリーンディーゼル&PHEV追加設定|2019年登場予想

グローバルで支持され続けるパジェロ。日産との提携が功を奏し、日産の意向(パジェロは三菱の象徴)でモデル存続が決定。

次期パジェロの復活を示唆する情報も出ています。

パジェロフルモデルチェンジの概要
キープコンセプトデザイン&大型化
クリーンディーゼル搭載メインで展開
PHEVモデル追加?

DSC00584

発売予想時期は2019年。

予想価格は400万円(クリーンディーゼル)。

 

スポンサードリンク

 

新型パジェロのフルモデルチェンジ内容

キープコンセプトデザイン&大型化

DSC00493 (5)

次期パジェロのデザインは

  • 新型グランドツアラーコンセプト市販モデル
  • 現行モデルの特徴を活かしたデザイン
  • ダイナミックシールド採用
  • サイズは大型化させる?

予想となっています。

 

クリーンディーゼル搭載メインで展開

三菱は、SUV/クリーンディーゼル/電動化技術に資源をメインで分配する経営方針をとっています。

次期パジェロは、クリーンディーゼルエンジンをメインに展開。

現行3.2Lクリーンディーゼルエンジンは、すでに環境規制をクリアしているため、次期パジェロは、同エンジンを改良して搭載します。

 

PHEVモデル(パジェロ デューククロス)追加

  • 資源分配の影響
  • アウトランダーの技術力

などの理由で、パジェロも燃費性能を追求していく方針。

次期型では、プラグインハイブリッド搭載を検討しています。

このPHEVエンジンは

  • V6 3.0L+スーパーチャージャー+モーター
  • 8速AT

の組み合わせで開発。

環境性能抜群のPHEVが設定され、日本ではクリーンディーゼルエンジンのあとに追加される予定となっています。

 

新型パジェロ(クリーンディーゼル)の予想スペック

全長:4930mm
全幅:1900mm
全高:1950mm
ホイールベース:2800mm
重量:2200キロ
エンジン:直列4気筒3.2Lディーゼルターボ
最高出力:200ps/3500kgm
最大トルク:45.0ps/2000kgm
トランスミッション:6AT
駆動:4WD
燃費:12キロ
価格:400万円

 

パジェロ デューククロス(PHEV)の予想スペック

エンジン:V6 3.0L+スーパーチャージャー+モーター
電気モーター航続距離:120km
ガソリン航続距離:1200km
PHEVシステム:トリプルモーター採用
ミッション:8速AT採用
AWDシステム:S-AWC(フルタイム)
楽天
Return Top