Read Article

リーフ新型2018年3月発売予想「自動車線変更機能付きプロパイロット2.0搭載」

今年のジュネーブ展示会で日産は、無人運転車開発を本格化させると発表しています。

その目標に一番近いのがリーフ。

EV及び自動運転の可能性を追求する開発型モデルです。

 

フルモデルチェンジの概要

  • 新型プロパイロット搭載
  • e-POWERを起点にEV機能を充実

発売予定は2018年3月予想。

予想価格は320万円。

 

スポンサードリンク

 

リーフに新型プロパイロット搭載

2018年のフルモデルチェンジでは、車線変更まで自動で可能となる新型プロパイロット(2.0仮)を搭載します。

セレナのプロパイロット(1.0)は同一車線上の自動運転。

プロパイロットは、アクセル/ブレーキ/ハンドル操作をクルマが自動で行ってくれる技術。

同一車線であれば、車線間のわずかな距離を外れないように自動操作するだけ。

自動車線変更機能は

  • 後続・並列車を確認
  • ウィンカー点灯
  • 他車線への長い距離を移動

などをクルマが行うことになります。当たり前ですが。

高速であれば、追い越し車線のクルマはかなりのスピードが出ています。

プロパイロットの精度や質が高くなければ、身を任せるわけにはいきません。

 

プロパイロットユーザーの評価

一部でこんな意見を見かけました。

  • 機械なので思うように作動しない
  • ヒヤッとする挙動をする場合がある

これはプロパイロット任せではかなりコワい現象になりますね。

自動車線変更となれば、高等な技術が必要とされるため、完全に身の安全をクルマに任せることとなります。

ただ、ドライバーの負担軽減には大いに役立つ機能なので、是非、作動環境の精度を高めるとより安心です。

そうすれば、ユーザーの期待値は高く、2018年注目の技術となるでしょう。

 

e-POWERを起点にEV機能を充実

ノート、セレナはe-POWERモデルとなり、EVにより近い存在です。

この両車はEVの入門モデルで、リーフは完全なEVモデルとして、次期型でEVの魅力をさらに押し上げます。

課題は航続距離や充電時間。

この点をユーザーが納得するものにまで高めてくるでしょう。

 

新型リーフの予想スペック

全長:4445mm
全幅:1770mm
全高:1550mm
ホイールベース:2700mm
重量:1480キロ
モーター出力:109ps/25.9kgm
駆動:FF
燃費:114Wh/kml
価格:330万円
Return Top