Read Article

日産新型NV200|商用車にe-POWER搭載の可能性|追加はあるのか??

日産は小型商用車のラインナップ強化に取り組んでいます。

NV200には、e-NV200というEVモデルがあり、
現状、「航続距離190キロ」の課題で「中距離以上の運用が難しい」モデルとなっています。

 

そこでe-POWER投入の可能性が予想されています。

しかし、2018年3月末、e-NV200に「40kWhバッテリー」搭載で航続距離300キロの情報が出たため
NV200へのe-POWER搭載(2018年)・発売予想はハズレました。

さて、e-POWERを搭載する場合、

  • 小型エンジンを発電専用に使用
  • 生まれた電力をバッテリーに蓄電
  • モーターで走行できるガソリンモデル

となります。その性能は、EVと変わらず、滑らかな走行・静粛性・パワーと3拍子揃います。

 

スポンサードリンク

 

新型NV200 e-POWER|搭載はあるのか?

EV航続距離の課題克服が目的

e-NV200(EVモデル)の航続距離は約190キロ。「給電」を行わなれば航続距離は限られており、
設置数の少ない給電ステーションに寄らなければ、走り続けることができません。

商用で使う場合、クルマが190キロ以上走行するのは日常的で、あちこち忙しく移動も必要となるため、頻繁な給電を余儀なくされます。

 

e-POWER搭載が実現すれば、「乗用車と変わらない条件」=「ガソリンスタンドで給油」「航続距離の問題は解消」となり、
商用利用に非常に貢献することになります。

 

e-POWER搭載で「安定した走行距離に」

e-POWERは、小型ガソリンエンジンで発電した電力をバッテリーに蓄電し、モーター走行が可能となります。
給電の必要が無くなり、ガソリンスタンドで給油すれば、ガソリンモデルと変わらない使い勝手で利用できます。

 

NV200バネットの積載性+e-POWERの快適性能

スタイリッシュなフォルムに低床大開口の荷室がNV200の魅力。

大容量の荷室スペースで、キャパシティの高さは「荷室内の作業」にも貢献します。
NV200バネットは、荷室の幅と床の低さが魅力です。

 

NV200バネットの積載性

  • 最大積載量:600キロ
  • ダンボール箱積載数:190個
  • 荷室床面地上高:520mm
  • リアホイールハウス間寸法:1220mm
  • 荷室高:1.32m
  • 長物積載:1.83m(2名乗車)
  • 助手席床下スペース活用:3mの長物も積載可能

 

e-POWERの快適性能

さらに、ノートe-POWERで好評の「1ペダル操作」が魅力的で、アクセルと回生(ブレーキ)をペダル1つで行えるため、
様々な走行シーンが考えられるビジネスでは、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み替えが減り、ドライバーの負担が軽減されます。

低速域のストップ&ゴーが多い儒教であれば、アクセルのみで加減速することが可能。この操作性の高さに加えて、e-POWERモデルの

  • 「リニアな走行感覚」
  • 「振動や騒音の少ない車内」

により、運転中の快適さが高まり、よりスムーズなビジネス展開まで期待できるでしょう。

 

新型NV200 e-POWER|予想スペック

全長:4400mm
全幅:1695mm
全高:1855mm
ホイールベース:2725mm
重量:1320キロ
エンジン:直列3気筒1.2L(発電専用)+モーター
エンジン出力:79ps/10.5kgm
モーター出力:109ps/25.9kgm
駆動:FF
燃費:32キロ
価格:280万円

しかし、e-NV200はバッテリー容量を増やし航続距離を300キロまで伸ばす処置をとりました。

 

 

スポンサードリンク

 

【2018年4月19日発表】e-NV200|40kWhバッテリー搭載

日産e-NV200にリーフと同じ「40kWhバッテリー」を搭載し、航続距離を「300キロ」に伸ばします。

e-NV200|一部改良内容

  • 航続距離:300キロへ延長
  • パワープラグ給電時間:8時間→15時間(1000W)へ向上
  • 車載充電器:3kW→6kWへ変更(設置費用:27万円へアップ)

装備変更など

  • オートライト:全車標準装備
  • ナビ:DVD再生機能・ミュージックボックス機能追加(ワゴン)
  • サイド&カーテンエアバッグ装備(ワゴン)
  • プライバシーガラス・スライドドア開閉式ウインドウ:追加装備(バン)
  • ボディカラー①:リキッドブルー廃止/ブリリアントブルー追加
  • ボディカラー②:ブリリアントホワイトパールをバンに設定
  • グレード:バン「VX」廃止/上位グレード「GX」に統合
  • 価格:ワゴン5人乗り価格15万円アップ
  • 納期:2018年秋~年末近くになる

 

追伸情報

関連記事

「商用車」フルモデルチェンジ一覧

Return Top