Read Article

日産新型ジューク|1.2L発電用エンジン搭載e-POWER採用|2018年8月発売

日産ジュークは、2010年に発売されて以来、8年ぶりの

2018年8月にフルモデルチェンジ。

エクステリアは、東京モーターショー2015に出展された

「グリップス」を市販デザインに落ち着かせたものになります。

また、今回の新型には

  • 新開発プラットフォームCMF(コモンモジュールファミリー)

を採用し、ホイールベースを50mほど延長。

パワートレーンのラインナップには、e-POWERを追加します。

新型ジューク|フルモデルチェンジ概要

  • コンセプト・グリップスデザインベースのエクステリア
  • e-POWER搭載
  • ノートe-POWER(先代リーフ搭載)と同じモーター採用
  • ラインナップ:1.5L NA/1.6Lターボ/e-POWER
  • e-POWER燃費:JC08モード燃費30キロ予想
  • ライバル:ホンダヴェゼル・トヨタ・C-HR

 

スポンサードリンク

 

エクステリア

新型ジューク引用元:https://www.motor1.com

よりアグレッシブなデザインの新しい予想CGが出ています。

これまでに出ている予想エクステリア画像は以下になります。より現実的です。

ジューク1 ジューク2

クーペシルエットは継続しつつ、

ヘッドライトやグリルが一体に見える「V字メッキグリル」を採用。

一枚目の画像のように、かなり攻めたデザインで登場予定です。

 

デザインは、現行よりトガった雰囲気となる可能性が高くなります。

グリップスコンセプトベースのデザイン

新型ジューク引用元:https://www3.nissan.co.jp

疾走感が表現されながら、

ボディサイズも大型化し迫力を増します。

 

リアは、レトロでおしゃれに見えるコーダトロンカ処理を実施。

この造形は、リアにかけてボディ形状を絞り込んでいくデザイン技術です。

筋肉質なフロント・ミドルデザインにメリハリが付きます。

 

デザインの方向性は、「トヨタC-HR」に寄せてくるのか?

【比較】新型ジューク vs トヨタC-HR

C-HR引用元:https://www.carscoops.com

上記C-HRの画像を見ると、リアのデザイン処理も似ているし、

新型ジュークは、売れているC-HRのデザインに寄せていくかもしれませんね。

 

さらに、先にコンパクトSUVの歴史を作った「日産のプライド」もあるため、

日産らしさを押し出すアグレッシブなエクステリアを造り上げると思います。

 

また、C-HRがボディカラーにツートーンを設定したように、

新型ジュークもツートーンを継続するとの予想です。

ボディカラーはツートーンを継続設定?

しかし、現在のネット公式カタログを見ると、

ブリリアントシルバーのみのツートーンカラーになってますね。

ボンネットまで続くツートーンなので、あまり好評は得ていないのかもしれません。

 

一方で、ボディカラーと別の色を

  • サイドミラー
  • フォグ周り
  • ドアハンドル

に採用する「パーソナライゼーションカラー」は依然、

複数カラーが設定されています。こちらのほうが評判いいのでしょう。

欧州では、2018年の改良でカラーパターンを追加するほどです。

 

いずれにしろ、新型ジュークはエクステリアの造形も変わるので、

「似合うカラー」が現行と異なります。

そうなると、C-HRのように

  • シンプルにブラックとホワイトのみのツートーン設定

など、方向性も見直されます。

 

見た目の概要の次は、気になる搭載エンジンの予想です。

エンジン|ラインナップ

  • 1.5L NA(従来設定)
  • 1.6Lターボ(従来設定):スポーツモデル
  • e-POWER

ノートとセレナに設定した「e-POWER」を

新型ジュークの従来エンジンとともに追加します。

e-POWERは、100%モータードライブが可能で、

アクセルのみで「加速・減速・停止」を行えるe-POWER Driveが加わるので期待です。

 

新型ジュークの「e-POWER」は、どんな走行性能を発揮するのでしょう。

e-POWER|走行性能

e POWER引用元:https://www3.nissan.co.jp

新型ジュークに搭載されるe-POWERは、ノートe-POWERと同じく

先代リーフと同じモーターを採用します。

発進のトルク「GT-R並み」に力強いようで、その走行性能は高いです。

 

e-POWERは「滑らかな発進・加速」を実現

クルマの「モタつき」を感じるときは、発進や加速です。

新型ジュークは、e-POWER採用により

雲の上をすべるような加速感」を堪能できるようになります。

 

ノート・セレナと同じく発電用1.2Lエンジンが搭載されます。

新型ジュークe-POWER|スペック

全長:4165mm
全幅:1770mm
全高:1570mm
ホイールベース:2600mm
エンジン:直3 1.2L エンジン+モーター
最高出力:79ps/5400rpm
最大トルク:10.1kgm/3600-5200rpm
モーター最高出力:109ps/3008〜10000rpm
モーター最大トルク:25.9kgm/0-3008rpm
駆動:FF
JC08モード燃費:30キロ
価格:290万円〜320万円

 

 

最後に、新型ジュークには「スポーツ」タイプが設定されると噂です。

「スポーツタイプ」を設定?

現行1.6Lターボエンジンのパワートレインには定評があり、

ユーザーが求める「楽しみの要素」となります。

新型ジュークには「4気筒スポーツターボ設定」との情報が出ています。

エンジンセッティングは、スポーツ性を重視したチューニングで、

より軽快なスポーツドライブが可能になり、爽快な加速を堪能できます。

 

また、「e-POWER NISMO」も設定されるため、

  • ガソリンターボ
  • e-POWER

両ラインナップで、ユーザーの選択肢を大きく広げることになります。

 

すると、ライバルSUVのスポーツタイプラインナップが気になります。

トヨタC-HR

1.8Lハイブリッド/1.2Lターボをラインナップしており、

試乗インプレッションなどでは

ハイブリッド・ターボともにスポーツ性の高い走りをするとの見解です。

 

また、2018年の一部改良で、4WD設定だけのC-HR1.2Lターボに

「FF(2WD)」が追加され、NAの「2.0Lガソリン」も追加されます。

さらに、走りの幅が広がり、新型ジュークにとって最強のライバルとなります。

さりに強力なライバルは続きます。

ホンダVEZEL

1.5Lハイブリッドと1.5Lガソリンをラインナップし、

どちらも「走りを楽しめるエンジン設定」です。

また、ヴェゼルにもエンジン追加の情報があります。

2019年2月頃、「1.5Lターボ」が追加されるとの予想です。

ホンダのエンジンはもともとスポーツ性豊かです。

ハイブリッド・ガソリン・ターボとラインナップが増えれば

他社よりもユーザーの目を惹く存在になるでしょう。

 

以上のように、ライバルは頑張っています。

なので、新型ジュークも頑張るでしょう。

スポーツコンパクトSUVには、走りの要素が欠かせません

 

新型ジュークもNA・e-POWERに加え、

「走りに特化したグレード」を設定してユーザー獲得に奮起します。

e-POWERの走行性能も高いですけどね。

 

追伸情報

【評判・評価】現行ジューク

ディーラーで偶然知り購入へ|20代男性

知人の整備に同行したときにカタログを見てジュークのことを知り、「サイズ感がちょうどいい」「デザインがかっこいい」と一目惚れして購入しました。

LEDフォグランプが広範囲を照してくれるので、夜間でもよく見えて運転しやすいです。燃費も走りもいいですよ。

 

カッコいいのひとこと|30代男性

一目惚れで購入しました。軽自動車を探していたら偶然ジュークのことを知り一目惚れ。

子どもに好評(エクステリアが珍しい)なようで、車のことをあまり知らない人には輸入車に見えるようです。

エンジンをかけた瞬間のメーターの動きがかっこよく気に入ってます。

 

攻めたデザインがお気に入り|40代男性

ミニバンやコンパクトカーで守りのデザインが増えた印象の日産だったけど、ジュークを見かけたら20年前のような「攻める日産」が自分の中でよみがえり、かなり気に入りました。

乗り換えたくないほどに。この他にはない個性はそのままがいいから、モデルチェンジしないでほしいです。

 

バイクから初のクルマ購入で|40代男性

ジュークに乗り換えました。40代からクルマに乗り換えることになり探していたら、ネット広告でジュークを知り一目惚れ。

その翌日ディーラーに向かいました。自分にとっても衝撃です。

発売から間もない頃に納車し、近所の店の駐車場に停めていたら、若者たちから「カッコいい~!何てクルマなの?」と絶賛でした。

 

デザインも加速も最高です|40代男性

4WD・1600ccターボを購入。アクセルのレスポンスが良く、踏み込んだだけグッと加速する体感がたまらなく心地いいです。

高速のコーナーでは、日産技術トルクベクトリングシステムの働きで、ハンドルを切った通りにクルマが曲がります。

ポテンシャルが高いから、クルマが好きな人にとっては楽しいクルマでしょうね!^^

「ドレスアップ」を選択したので、個性的なボディカラーが周りの人の目を引きつけてます。笑

引用元:http://review.kakaku.com/

Return Top