Read Article

ジューク新型2017年7月発売「e-POWER&ターボモデル設定」

見たことのないユニークなスタイリングで登場し人気を博した日産ジューク。

発売から7年が経過しており、2017年の夏にフルモデルチェンジが予定されています。

次期モデルのエクステリアは、東京モーターショー2015に出展されたグリップスを市販デザインに落ち着かせたものになります。

 

新型ジューク概要

  • スタイリッシュエクステリア
  • e-POWER搭載予定
  • スポーツバージョン設定?

ライバルは、売れ筋ホンダ・ヴェゼルや目新しいトヨタ・C-HRとなるため、初代に続き強いインパクトで登場するでしょう。

 

スポンサードリンク

 

新型ジュークのフルモデルチェンジ内容

スタイリッシュエクステリア

DSC00490 (4)

グリップスコンセプトから主に引き継ぐパーツは

  • シャープなヘッドランプ
  • ブラック塗装のフロントグリル
  • 大型Vモーショングリル
  • 大型フォグランプ
  • コーダトロンカ処理されたリアデザイン

といった、どれも特徴的で印象に残るデザインをしています。

低重心を強調したフォルムはこれらスタイリッシュなパーツからも生まれます。

風を切るようにシャープなエクステリア。

そして、一番目に触れるフロントとリア。

リアにはレトロでおしゃれに見えるコーダトロンカ処理を実施。

これは現代に近いモデルで例えるなら、ホンダのCR-XやCR-Zが採用しています。

リアガラス後端が直角に落ちるデザイン。ボディ後端にかけて絞り込み、最後をスパッと切り落とした形です。

このデザインは、現行2トーンボディカラーと相性が良くなるはずです。

 

e-POWER搭載予想

ライバルたちの実力に勝るには、インパクトが必要になってきます。

デザインは十分なので機能に迫力を持たせるため、e-POWER採用が予想されています。

ジューク自身、走りが楽しいことに加え、ノートで証明された質の高い走りを実現するe-POWERの魅力を組み合わせることで、ライバルを圧倒できる算段です。

ジュークは基本設計が高いため、回生の味付けを変え、ノートe-POWERとはまた違う走りの感覚を味わえるでしょう。

 

スポーツバージョン設定?

現行1.6Lターボエンジンのパワートレインには定評があり、ユーザーが求める楽しみの要素となります。

スポーツモデルが設定される場合

  • スポーツターボ
  • e-POWER NISMO

が予想されています。

トヨタC-HRはハイブリッドとターボをラインナップ。試乗の評価では、どちらもよく走る印象。

ホンダのヴェゼルはハイブリッド専用ですが、RSをマイナーチェンジで追加するほど、走りが楽しめるモデル。

つまり、スポーツコンパクトSUVには走りの要素が欠かせません。

次期ジュークも、走りに特化したグレードが設定される可能性が高いですね。

 

新型ジュークe-POWERの予想スペック

全長:4140mm
全幅:1785mm
全高:1600mm
ホイールベース:2600mm
重量:1180キロ
エンジン:直列3気筒1.2L+モーター
エンジン出力:79ps/10.5kgm
モーター出力:109ps/25.9kgm
駆動:FF
燃費:36キロ
価格:290万円
Return Top