Read Article

日産エルグランド新型&モデルチェンジ情報2021年後半発売|予想価格500~800万円

新型エルグランドは先進的な機能をフル搭載して、2021年後半に発売予定とのこと。Lサイズミニバンの開拓者・エルグランドに、ようやくフルモデルチェンジの予想情報が出ました。

また、三菱のデリカとプラットフォームを共用するという情報です。

スポンサードリンク

日産エルグランド新型&モデルチェンジ情報2021

  • 全長
  • 全幅
  • 全高
  • ホイールベース
  • 重量
  • エンジン
  • エンジン出力
  • モーター出力
  • トランスミッション
  • 5000mm
  • 1890mm
  • 1800mm
  • 3050mm
  • 2050kg
  • 1.5Lターボ+モーター
  • 340ps/71.4kgm

新型エルグランドのエクステリア

アルファード、ヴェルファイア対抗の迫力あるVモーションフロントデザインを採用し、大型ラグジュアリーミニバンにふさわしい外観で登場します。

海外市場も視野に入っており、レクサスLMがアルヴェルベースの最高級ミニバンを発売するのと同じように、エルグランドも海外向けの豪華なコンセプトを持たせることになります。

雑誌予想CGでは、ヘッドライトにデイズ・リーフで採用した上下分割に見せる”コの字型”デザインを採用しています。

Vモーション2.0

グリル全体を覆う大型のVモーショングリル左右には、デリカ系のフォグライト空間が与えられ、横形状のLEDフォグランプが上部に配置されています。

そのほか、窓配置に、側面の最も後ろの窓から黒いラインを伸ばすデザインを採用し、現行の角のあるデザインから、ボンネット~リアまで流れるようなフォルム形状が採用されて、スッキリした印象に映っています。

新型エルグランドの内装インテリア

8人乗りベンチシート仕様と7人乗りキャプテンシートの設定が用意され、3列目シートまでしっかりと乗員がくつろげる居住空間を与えられます。

セカンドシートにも電動リクライニングやオットマンのスライド機能が追加されることなども考えられます。

インパネ周りは、マルチインフォメーションディスプレイの大型化や、ヘッドアップディスプレイの搭載も行われるでしょう。また、各席アームレストにUSB充電が可能になることもありえます。

また、インテリア全般では、アルヴェル&レクサスLMをライバルに見据え”VIP仕様”が設定されるようです。

新型エルグランドのパワートレーン

2モーターe-POWER搭載?

日産は、一番新しい情報として、ジュネーブショーで”IMQ”というe-POWER搭載クロスオーバーを発表しています。

このコンセプトモデルには、340ps/74.1kgmを発揮する1.5Lターボ+前後モーター配置の”2モーターe-POWER”が搭載されています。

エルグランドほどの大型ボディを運ぶレンジエクステンダーシステムには、ビッグトルクを発揮する2モーターe-POWERが必要になるため、採用の可能性が高いと言えます。

基本的なパワートレーン

e-POWERは新規採用システムなので、これ1本でいくということはなくガソリン・ハイブリッド仕様も用意されます。

  • 3.5Lまたは2.5LエンジンのFF
  • スカイラインと同等のハイブリッド

といったパワートレーン採用の可能性が高く、211psの2.0Lターボの採用の可能性も考えられます。さらに、300psを越す可変圧縮比エンジンの搭載も考えられます。

トランスミッション

7速ATとなる可能性が高く、駆動方式はFRにも期待感はあります。しかし、現行モデルの時点で新型プラットフォームを使用していることから、差し戻しでFRにする可能性はかなり低いと言えるでしょう。

ただ、FRとなった場合でもハイブリッドとなる可能性はあります。

なお、4WDは現行で設定されている以上、どの駆動方式・エンジンになっても採用されるでしょう。

電気自動車・プラグインハイブリッド採用の可能性

現在の日産の電動車の展開から可能性は低めです。

予防安全装備としてプロパイロットの装備は確実

新型エルグランドには「高速道路 同一車線自動運転技術」を採用します。どしっとしたエクステリアと広い室内空間で多人数の長距離移動を得意とするエルグランドには必須の機能です。

プロパイロットを搭載すれば、ドライバーの長距離運転の負担を軽減し、高速道路の運転はより楽しいものになるでしょう。ただ、その上の段階の自動運転装備は、2020年の時点ではまだ難しいでしょう。

2019年までに更新された先進安全機能の内容

プロパイロットは、多人数乗車・長距離移動が多いので、ドライバーも乗員も絶対欲しい装備です。2018年末にモデルを継続して先進安全機能を充実させサポカーSワイド対応になりました。

今回付与された機能は

  1. LDW(車線逸脱装置)
  2. インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
  3. 進入禁止標識検知
  4. インテリジェント エマージェンシーブレーキ(250XG以外)
  5. ハイビームアシスト
  6. 踏み間違い衝突防止アシスト

の標準装備です。

追伸情報

関連記事

画像引用元:https://www.nissan-global.com

三菱次期デリカD:5とプラットフォームを共有する?

デリカD:5は、次のフルモデルチェンジでエルグランドとプラットフォームを共有することになるかもしれません。

日産・三菱の技術を共有することで生産効率も上がりますし、デザイン・性能などの質感も高めることになると思います。

かつてのライバル達は続々とハイブリッドを搭載する中、エルグランドは内外装の質感向上で耐え、現状をキープしています。

しかし、さすがに古さを隠しきれなくなったため、新型を期待したいところですね。

Return Top