Read Article

日産新型エルグランド|2.0L e-POWER&ハイブリッド搭載|2019年冬発売予想

Lサイズミニバンの開拓者・エルグランドに、ようやくフルモデルチェンジの情報が出ました。次期型は先進的な機能をフル搭載して発売予定です。

また、傘下に収めた三菱のデリカとプラットフォームを共用するという情報が出ています。お互いの技術を共有することで、生産効率は上がり、より質の高い性能を持ち寄ることが出来ます。

DSC00489 (6)

エルグランド新型のモデルチェンジ情報

  • 半自動運転機能プロパイロット搭載
  • 2.0L e-POWER搭載
  • 2.5Lハイブリッド+スーパーチャージャー搭載
  • 三菱デリカとプラットフォーム共用

かつてのライバル達は続々とハイブリッドを搭載する中、エルグランドは内外装の質感向上で耐え、現状をキープしてきました。

しかし、さすがに古さを隠しきれなくなったため、2019年春~冬の間に新型へ移行するという情報です。

 

スポンサードリンク

 

【2019年冬発売】新型エルグランド|フルモデルチェンジ情報

新型エルグランド|パワートレイン

候補として予想されているのは

ハイブリッド(e-POWER)
2.0L e-POWER
2.5Lハイブリッド+スーパーチャージャー
ガソリン
3.5L NA
2.0Lダウンサイジングターボ

のラインナップ。このうち適正なパワートレインを選択し搭載します。まだまだ、フルモデルチェンジまで期間がありますので、流動的な予想です。

e-POWERはミディアム&コンパクトの量産モデルに展開していく、という情報が出ていますので、次期エルグランドがミディアム&コンパクトに入るか、否かですね。しかし、例外もあるでしょうし、搭載に期待したいところです。

2.0L e-POWER|予想スペック
発電専用2.0L直4エンジン
最高出力:200ps/3008〜10000rpm
最大トルク:254N・m(25.9kgf・m)/0〜3008rpm
JC08モード燃費:25km/L
3.5L NA|予想スペック
全長:5000mm
全幅:1850mm
全高:1800mm
ホイールベース:3000mm
重量:2000キロ
エンジン:V6 3.5L
最高出力:280ps/6400kgm
最大トルク:35.0ps/4500kgm
トランスミッション:CVT
駆動:FF
燃費:10キロ
価格:430万円
2.0L直4DOHC+モーター|ハイブリッド搭載

新型エルグランドには、エクストレイル2015年モデルに搭載している2.0Lエンジン+モーターのハイブリッドユニットを搭載するe-POWERモデルとなります。この2.0Lエンジンを発電専用に使用し、モーターで駆動するEVシステムです。

新型エルグランドe-POWERの燃費は未定ですが、同じく2.0Le-POWER搭載のセレナでJC08モード25キロを達成する予想となっています。エルグランドの場合は、車重増加により、この値より多少低くなる20キロ前半程度ではないかと予想できます。

関連記事日産新車発売情報2018

関連記事新型セレナe-POWER|ハイブリッドEV燃費25キロ&プロパイロット搭載|2017年11月発売

 

高速道路同一車線・自動運転技術プロパイロット搭載

セレナに搭載された半自動運転機能プロパイロットを採用。2年後となれば、現行プロパイロット1.0の機能は、アップデートされ、より自動運転に近づくことになります。2017年に発売される新型リーフがプロパイロット2.0です。

【参照】未来のパイロットドライブ進化の過程
  1. パイロットドライブ1.0(2016年):高速道路の単一レーン自律走行のみ
  2. パイロットドライブ2.0(2018年):レーンチェンジや道路上の危険を判断して回避できる
  3. パイロットドライブ3.0(2020年):市街の交差点を安全にナビゲートが可能になる
  4. パイロットドライブ4.0:無人運転を可能にする完全自動運転

エルグランドは、どしっとしたエクステリアと広い室内空間で、多人数の長距離移動を得意とします。プロパイロットを搭載すれば、車間距離・車線中央キープを自動で行ってくれるため、ドライバーの長距離運転の負担を軽減できます。

長時間の巡航や、それに伴う渋滞ってキツいですよね。家族や仲間と楽しいドライブのはずが、運転手だけ辛い思いをするなんて可愛そうです。

例えば、無邪気な子どもははしゃぐでしょうけど、運転手のお父さんが、なんかイライラしてたら「あれ?」って疑問に感じます。こんなことになれば、親にも子どもにも良いことはありません。

プロパイロットの機能アクセル・ブレーキ・ステアリングを自動制御してくれるだけで、大きなストレスが軽減されるでしょう。命を預かるドライバーとして、これほど心強く有難い機能はありません。

プロパイロットは販売の面でも、他社モデルに比べて大きなアドバンテージになるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

【2018年2月発売】エルグランド|特別仕様車

エクステリア引用元:https://car.watch.impress.co.jp

GT-R/フェアレディZが持つスポーティで華やかな世界観をミニバンに落とし込んだデザインのモデル。ダイナミック&ラグジュアリーを表現しており、エルグランドが持つロー&ワイドなプロポーションや低重心が生み出すダイナミックな走りと、上質さを極めたラグジュアリー(高級)感を指しています。2つ高級感を詰め込んだ大人のスポーティプレミアムミニバンです。

エルグランド特別仕様車ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム

  • 3.5Lグレード:350ハイウェイスターアーバンクロムベース
  • 2.5Lグレード:250ハイウェイスター S アーバンクロムベース
  • 2WD/4WD共にラインアップ
  • 価格:415万8000円~565万560円

エクステリア|専用装備

エクステリア (2) エクステリア (3)引用元:https://car.watch.impress.co.jp

漆黒フロントグリル
漆黒フォグランプフィニッシャー
ダークグラファイトフィニッシュ18インチアルミホイール

インテリア|専用装備

インテリア (3)インテリア2インテリア (2)インテリア引用元:https://car.watch.impress.co.jp

プレミアムタンレザーシート
ドアトリム・本革巻/木目調コンビステアリング・シフトノブ:タン色ステッチ加飾

3.5Lグレード|特別装備

インテリジェントクルーズコントロール
踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠機能付)
インテリジェント アラウンドビューモニター

 

スポンサードリンク

 

【2016年4月4日発売】エルグランド|一部仕様向上

エルグランド 250 ハイウェイスタープレミアム引用元:https://car.watch.impress.co.jp

日産は、エルグランド2.5Lエンジン搭載車の一部グレードで仕様変更を実施。

エルグランド|一部仕様向上

  • 250 ハイウェイスタープレミアム:運転席側ワンタッチオートスライドドア/リモコンオートバックドア標準装備
  • 250 ハイウェイスタープレミアムアーバンクロム:リモコンオートバックドア標準装備
  • 価格:413万6400円~463万3200円

価格|エルグランドハイウェイスター

250 ハイウェイスタープレミアム
413万6400円(2WD)
250 ハイウェイスタープレミアム アーバンクロム
434万1600円(2WD)
250 ハイウェイスタープレミアム
442万8000円(4WD)
250 ハイウェイスタープレミアム アーバンクロム
463万3200円(4WD)

 

【2016年12月19日発売】エルグランド|特別仕様車

ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムエルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム引用元:https://car.watch.impress.co.jp

日産は、ラージサイズミニバン・エルグランドに特別仕様車「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」を追加。

特別仕様車ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム|概要

  • シート表皮・ドアトリム:プレミアムホワイトレザー採用
  • 本革巻きステアリング・インパネ加飾:ブラック/ホワイトのコントラスト採用(ブラックメープルフィニッシャー)
  • パーソナルドライビングポジションメモリーシステム全車特別装備
  • 3.5L:インテリジェントクルーズコントロール/踏み間違い衝突防止アシスト/アラウンドビューモニター装着
  • 価格:413万6400円~562万8960円

価格|特別仕様車ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム

350ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム|V6 3.5L
533万7360円(2WD)
562万8960円(4WD)
250ハイウェイスターS ホワイトレザーアーバンクロム|直4 2.5L
413万6400円(2WD)
442万8000円(4WD)

 

追伸情報

世間ではアルファードやヴェルファイアのライバルと認識されながらも、日産の経営方針ではネガティブな判断をされていたエルグランドさん。

しかし、e-POWERの登場で、優れたEV燃費やEV走行性能の技術が注目を浴びた結果、e-POWERなら、アルファードやヴェルファイアに対抗できるのではないかと判断され、開発を開始している、という予想となっています。

実際に搭載されるパワートレーンはまだ不明確ですが、e-POWERかハイブリッドの改良進化バージョンになるだろうと予想されています。

わかっているのは、これまで登場させなかった新技術を組み込んだモデルになるという予想です。

東京モーターショー2017には、それを形にしたコンセプトモデルを出展予定との予想になります。デザインやパワートレーンなどの方向性を示してくれるでしょう。インテリアには高級ミニバンを示す新機能が採用されるとの予想です。

Return Top