Read Article

レクサス新型コンパクト|初の200万円台?エントリーモデル|2021年発売予想

レクサスで最も小さなモデルはCT。それでも全長4350mm、価格380万円~。

新型コンパクトは、それ以下のボディサイズで価格は初の200万円台~に設定すると、2017年辺りの雑誌で予想されていました。

レクサス コンパクト

このモデルが登場した場合のライバルは、魅力的な輸入車のコンパクトカーが勢揃いしています。

  • VWポロ
  • ミニクーパー
  • アウディA1

これらのコンパクトカーに対抗する新型モデルをレクサスも投入するかも知れないという情報でした。

スポンサードリンク

レクサス新型コンパクトは全長4000mm以下のBセグメントモデル

イメージはアクアやシエンタのレクサスバージョンといった話になります。

意識高いコンパクトカーを選びたい女性をターゲットに開発。

全長を運転しやすい4000mm以下に抑え、使い勝手の良い2BOXスタイルを踏襲。

コンパクト好みでポロやアウディA1に乗る女性はよく見かけます。

しかし、最小のレクサスに乗りたくても、用意されているのはプリウスベースのCT。これはゴツ過ぎる印象です。

CTはラグジュアリー感を優先させてそうなので、使い勝手が欲しいレクサスユーザーには馴染みません。

そこでレクサスは、使いやすさをプラスした気楽に乗れるプレミアムコンパクトカーを投入します。

このプレミアムコンパクトが発売されれば、かつてアクアが売れ筋になったような現象が起こるかもしれません。

搭載エンジンは1.5Lターボ&1.5Lハイブリッド

1.5Lハイブリッドは、アクアに搭載される1Z-FXEベース。環境性能はすでに抜群。

改良によりプレミアムを感じさせる動力性能を持たせる仕様に変更します。

1.5Lターボは、提携しているBMWのエンジンか、トヨタの開発により直列3気筒ターボを採用予定。

BMWの場合、1シリーズやi8搭載エンジン136~231psの幅広いパワーチューニングが可能で、よく走り燃費効率も併せ持つエンジンを搭載できます。

レクサスのコンパクトカーなので、国産コンパクトカーのように燃費寄りではなく、海外モデルのような力強い走行性能を身に付けたモデルとなるでしょう。

レクサス新型プレミアムコンパクトの予想スペック

全長:3995mm
全幅:1750mm
全高:1450mm
ホイールベース:2600mm
重量:1100キロ
エンジン:直列3気筒1.5Lターボ
最高出力:146ps/4500rpm
最大トルク:25.5kgm/1200-4400rpm
トランスミッション:CVT
駆動:FF
燃費:18.5キロ
価格:300万円

 

追伸情報

関連記事

「レクサス」モデル一覧

画像引用元:https://lexusenthusiast.com

Return Top