Read Article

CT新型2019年秋フルモデルチェンジ「LNGA採用1.2Lターボ&PHV搭載検討」

2011年1月に販売開始したレクサスCT(7年目)

当時のプリウスをベースに開発。そのハイブリッドシステム(2ZR-FXE)を搭載するモデル。

2016年、プリウスはフルモデルチェンジを迎えて新型に。

新型CTは、プリウスベースでフルモデルチェンジとなります。

また、CTのSUVモデル・UXが、2018年春、先に登場するとの予想情報。

 

CTマイナーチェンジの概要

  • フロント/リアのバンパー回りをスポーティに一新
  • ヘッドライトデザイン変更
  • LEXUS SAFETY SYSTEM + 設定

発売予想は、2019年秋。

予想価格は、380万円~480万円。

2017年は、マイナーチェンジが8月24日に実施されます。

 

スポンサードリンク

 

レクサスCTのマイナーチェンジ内容

フロント/リアのバンパー回りをスポーティに一新

Fスポーツに積極的に採用されるスピンドルグリル。

現行は、旧プリウスよりグリルが大人しめ。

横に流れるデザインで、上下に分割するブラック塗装のバーも一本入ってます。

なので、次期CTはメッシュ・スピンドルグリル採用。

先に、2017年のマイナーチェンジで幅が拡大され、次期CTのグリルデザインに近づきます。

新型では、Fスポーツ並みのフロントマスクになるでしょう。

 

また、ベースがプリウスなため、ヘッドライトは新型プリウス似デザイン採用。

現行よりも、スポーティで攻めたデザインへと変更されます。

 

LEXUS SAFETY SYSTEM + 設定

2017年のマイナーチェンジで、標準装備に。

 

新エンジン搭載?

検討中の情報。

  • 1.2Lターボ(オーリス搭載)
  • PHV

これらを1.8L+モーターと併せて設定するかもしれないとの予想。

また海外仕様では、2.0L NAガソリンが採用されるため、日本導入も可能性があるとの予想。

そして、上記エンジンを採用した場合、ハイブリッドとは別に、専用ボディデザインも検討中とのこと。

レクサスCT200hの予想スペック

全長:4400mm
全幅:1780mm
全高:1430mm
ホイールベース:2700mm
エンジン:直列4気筒DOHC 1797cc+モーター
最高出力:99ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/4000rpm
モーター出力:82ps
モータートルク:21.1kgm
重量:1380キロ
トランスミッション:CVT
燃費:36キロ
価格:366万2000円(~460万8000円)
Return Top