Read Article

フレア新型2017年3月7日発売「スズキワゴンRのOEM供給モデル」

ワゴンRのフルモデルチェンジに伴って、マツダのフレアも新型へ刷新。

広い室内空間・機能性をコンパクトな軽自動車の中にまとめ、低燃費を実現したマイルドハイブリッドモデルです。

主な特徴

  • グレード別のエクステリア
  • 安全装備の機能向上
  • 低燃費技術の向上

発売日は2017年3月2日。

価格帯は117万7200円~147万960円。

 

スポンサードリンク

 

新型フレアのグレード

  • HYBRID XG
  • HYBRID XS

HYBRID XGはエントリー(入門用)モデル

フロントマスクにオーソドックスでレトロなヘッドランプが特徴。

その他

マッスルなホイールアーチ
ユニークなプレスライン
ベージュ内装
ホワイトのインパネ
ボディカラー別に選択可能なブラック内装

HYBRID XSはスポーティテイストモデル

2段型グリル&ヘッドランプが特徴。

その他

エアロバンパー
ブラック内装
ダークブルーのインパネ
シルバーのエアコンルーバーガーニッシュ
シルバー加飾のステアリング

 

新型フレアの安全装備

デュアルセンサーブレーキサポート

単眼カメラ+赤外線レーザーレーダーにより前方のクルマと歩行者を検知。衝突回避をサポートし被害軽減に務めます。

以下、メーカーセットオプション。

ハイビームアシスト機能

ヘッドランプのハイ&ローを自動で切換。

ヘッドアップディスプレイ

車速/ブレーキサポートのサポート状況などを運転席前方のダッシュボードに表示。ドライバーの視線移動を減らして疲労軽減や安全運転に寄与。

その他

誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能

などの先進安全技術搭載。

 

新型フレア低燃費のヒミツ

マイルドハイブリッド搭載

モーター機能付き発電機・インテグレーテッドスタータージェネレータ(ISG)を高出力化。

ブレーキ/アクセルを踏んでいない13キロ以下の車速でも、モーターの力でクルマを前進させるクリープ走行が可能に。

また、100キロまでの加速時、ISGモーターアシスト機能でエンジンをアシスト。

新プラットフォーム採用

サスペンションやボディの軽量化と高剛性を両立。エンジンと副変速機構付CVTの最適化により、最高燃費33.4キロを達成(2WD)

また、プラットフォーム見直しによる旧モデルより室内長を285mm拡大。(室内長:2450mm)

その他

全車エコカー減税の免税対象。

 

新型フレアの価格

2WD

HYBRID XG 117万7200円
HYBRID XS 135万円

4WD

HYBRID XG 129万8160円
HYBRID XS 147万960円

 

新型フレアのボディカラー(全12色)

HYBRID XS
ピュアホワイトパール
スチールシルバーメタリック
ブルーイッシュブラックパール3
ムーンライトバイオレットパールメタリック
ブレイブカーキパール
ブリスクブルーメタリック
ピュアレッド
HYBRID XG
スペリアホワイト※
シルキーシルバーメタリック※
ピュアホワイトパール※
ブルーイッシュブラックパール3※
アーバンブラウンパールメタリック
フィズブルーパールメタリック
ブリスクブルーメタリック
サニーイエローメタリック
※ブラック内装を選べるボディカラー(スペリアホワイトはブラック内装のみ) その他はベージュ内装のみ。
Return Top