ステップワゴン2015「1.5Lターボ搭載モデル発売」

ステップワゴン2015年4月ターボ発売!ハイブリッド追加2016年8月か?

 

次期ステップワゴンは、2015年4月にフルモデルチェンジ予定との情報です。

そんなステップワゴン。ハイブリッドはターボモデルの1年後を予定していましたが、セレナのフルモデルチェンジに合わせ、2016年8月になるとの情報です。

先に1.5Lターボエンジン搭載車をメイングレードに設定して登場します。

導入するターボエンジンは、1.5Lながら約200psを発生し、高速走行時の燃費に貢献します。


スポンサードリンク

 

 

ステップワゴンは1.5Lダウサイジングターボを搭載

焦点を当てるのは、燃費と環境ではなく、ホンダお得意の「走り」と環境

これを両立するべく、1.5Lターボエンジンを搭載して、ライバル達へ差別化を図るのが狙いでしょう。

また、この仕様では、燃費は落ちるけれども価格の抑制に働きかけることができます。

価格がこれまでと同じ程度で、ターボによるハイパワーを感じられるわけですね。^^

燃費 JC08モード 17.0km/L
価格 254万~288万円

ミニバンで17km/Lは、ひと昔前では考えられなかったですね。

同じくホンダのフリードハイブリッドでも21km/L程度なので、ターボエンジンでこの進化は、さすが技術力のホンダだなといった感想です。

 

次期ステップワゴンハイブリッドモデルの発売時期は?

期待のハイブリッドモデルですが、ターボモデル登場から約1年後の導入になるようです。

ハイブリッドモデルは、部品の関係で価格が高くなります。

最近の世の中が、燃費や地球環境に配慮するようになった流れもあるので、ユーザーにとっては待ち遠しい人もいるでしょうね。^^

しかし、5ナンバーサイズミニバンにハイブリッドを搭載するのはかなり至難の業だと言われています。

ただでさえ、あのボックス型の車両を設計するのには無理を強いているらしく、

そこに場所を取るハイブリッドの部品を載せ、尚且つ、スペースにも余裕のある居住空間を創りあげるのは、開発者にとっては相当頭を悩ますことだそうです。

ユーザーの視点では、どんどん良い車が出てくることを期待しますが、あまり求め過ぎると安全性に問題が発生してしまうようです。

 

編集後記

初代発売当時、知り合いがステップワゴンを購入したので、車内に乗せてもらう機会がありました。

そのとき思ったのは「家か!?」と思うくらいの室内空間の広さですね。そりゃ~5ナンバーで車に広さが欲しい人には、爆発的に売れますよね。^^

ステップワゴンのハイブリッド追加の時期が、とても待ち遠しいです。

スポンサードリンク