Read Article

日産新型セレナe-POWER|ハイブリッドEV燃費26.2キロ&プロパイロット搭載|2018年3月1日発売

日産は、新型セレナe-POWERを2018年3月1日発売。価格:296万8920円~340万4160円

e-POWERに使用するエンジンは1.2Lを採用。駆動用モーターはノート・リーフと異なる仕様のものを用意。

蓄電用バッテリーの容量もノートe-POWERより増量し、スペースの関係で乗車定員は「7人」になります。

また、自動運転技術・プロパイロットも搭載します。
セレナe-POWERセレナe-POWER2引用元:https://car.watch.impress.co.jp

セレナe-POWER|新型情報

  • 1.2Lエンジン発電+モーター駆動「e-POWER」ユニット搭載
  • 高速道路同一車線自動運転技術・プロパイロット搭載

 

スポンサードリンク

 

セレナe-POWER|グレード&価格

  • 価格帯:296万8920円~340万4160円
  • 直列3気筒DOHC 1.2L+EM57モーター
  • 2WD(FF)(のみ)
MEMO

e-POWER X:2,968,920円
e-POWER XV:3,128,760円
e-POWER ハイウェイスター:3,178,440円
e-POWER ハイウェイスター V:3,404,160円

 

そして気になるのはe-POWERのフルハイブリッド燃費ですね。

JC08モード燃費:26.2キロ

e-POWERの採用でJC08モード燃費:26.2キロを達成しています。ちなみにタンク容量は「55L」。

ライバル・ノア・ヴォクシーハイブリッドやステップワゴンスパーダハイブリッドを上回ります。

確認しましょう。

ライバル燃費

MEMO

ノア・ヴォクシーハイブリッド:23.8キロ燃費

ステップワゴンスパーダハイブリッド:25キロ燃費

セレナS-HYBRID(マイルドハイブリッド):15.8キロ~17.2キロ燃費

ステップワゴンスパーダハイブリッドは、走行環境によってエンジンを発電専用に切り換える「e-POWERに近い仕組み」を持っています。

新型セレナe-POWERの競合は、実質「ステップワゴンスパーダハイブリッド」です。

関連記事ステップワゴンハイブリッド|2.0L i-MMD燃費27km/L|2017年9月20日発売

 

では、JC08モード燃費:26.2キロを達成した新型セレナe-POWERの「e-POWERの仕組み」は、どういったものなのでしょうか?

モーターに「EM57」を採用

このモーターはノートe-POWER・先代リーフに搭載されていたモーターです。

1700キロあるミニバンの車体を引っ張るために容量を増やし、新型セレナe-POWER専用の出力・トルク設定になっています。

MEMO

モータースペック

最高出力:100kW

最大トルク:357N・m

ちなみに先代リーフのモーター出力は以下です。大幅にパワーアップされているのがわかりますね。

MEMO

先代リーフ|モータースペック

最高出力:80kW(109PS)/3008~10000rpm

最大トルク:254N・m(25.9kgf・m)/0~3008rpm

 

では、e-POWERの「システム」についても簡単に見ておきましょう。

e-POWERについて

e-POWERは「シリーズハイブリッド」や「レンジエクステンダーEV」と呼ばれ、電気自動車の航続距離を延ばすための「発電専用エンジン」を搭載するシステムです。

  • シリーズハイブリッド:モーターを回す電気を大きなエンジンで発電するクルマ
  • レンジエクステンダー:補助的な発電のために小さなエンジンを使う仕組みのEV

2016年11月発売のノートe-POWERと同じく、エンジンを発電専用で使い、モーターで駆動(走行)が可能なシステムです。

電気自動車扱いなんだけど、燃料には「ガソリン」を使用し、充電の必要はありません。

ガソリンでエンジンを回してできた電気をバッテリーに蓄電し、モーターに電気を送って走行するからです。

 

そして、e-POWERは「燃費」「EV走行」に加えて大きな特徴を持っています。

e-POWER Drive|ECOモード・Sモード

通常の「アクセル」と「ブレーキ」を交互に使って走行するノーマルモードに加えて、アクセルペダル・ワンペダルで操作できるのがe-POWER Drive。

ドライブモードスイッチを押して「ECOモード」「Sモード」を選択すると、「ワンペダル」で加速・減速・停止までの一連の操作が可能になります。

各モードの使用シーンは以下となっています。

MEMO

ノーマルモード:一般道や高速など力強い加速が必要なとき

Sモード:交差点・右左折などカーブが連続して加減速を繰り返すとき

ECOモード:渋滞など発進・停止を繰り返す際に必要以上の加速を抑えたいとき

 

各モードすべて、100%モータードライブの醍醐味を味わえる仕様です。

S・ECOモードでは、アクセルを離して回生を利かせながら「減速・停止」をコントロールします。

Gがかかるときにストップランプも連動して点灯しますが、最終的な停止時はストップランプは点灯しないため、ブレーキを踏む必要があります。

従来のペダル操作による走行(e-POWER Driveのノーマルモード含む)に比べ、「運転が楽」になると評判です。

詳しくは以下の記事にまとめています。

関連記事e-POWER Driveのワンペダル操作は足が疲れたり運転しにくかったりしないの?

 

便利な機能ばかりでしたが、新型セレナe-POWERは安全面でも優れています。

高速道路同一車線自動運転技術|プロパイロット搭載

セレナe-POWER|自動運転技術の内容

  • 高速道路の運転に対応
  • 渋滞時の自動停止、発進
  • カーブを自動で曲がる

単純なストレートとカーブの連続である高速道路で作動します。

まずは、高速道路に対応する半自動運転技術から開始。年末年始やお盆・GWと、必ず渋滞が発生する時期に力を発揮します。

 

長時間運転が続く高速道路は「負担軽減」が必須

渋滞により足止めされるとストップ&GOの連続で肉体、精神ともに疲労します。疲れてしまうと判断力も落ち危険です。

そこで「渋滞時の自動停止・発進 」機能があれば、ドライバーの負担を軽減し、安心して長距離移動が可能。

さらに、クルーズコントロール・カーブを曲がるシステムの働きで、クルマがレーン(白線)を越える心配がなくなります。安定走行を保ったまま目的地まで走ってくれます。

長距離、直線やカーブが続くと緊張の連続で集中力はすり減っていきますよね。

集中力の低下は重大事故の原因となります。しかし、自動運転アシストがあれば、かなりの負担軽減になり安全が守られます。

 

セレナにe-POWER+4WDは設定される?

雪上走行において安全面でも有利となる4WDシステムの搭載は、セレナe-POWERにも採用されるのか?という話題です。

セレナの4WDシステムは、オートコントロール4WDシステムと言い、濡れた路面などで後輪が滑りそうになると、

自動的に最適なトルクをプロペラシャフトを通じて後輪へ伝達してくれるシステムです。

この仕組みを、高出力のバッテリーや駆動用モーターを乗せる必要があるセレナe-POWERに搭載するには、スペースの課題に取り組む必要が出てくるでしょう。

 

現状、ノートe-POWERにも4WDはありません。

大容量バッテリーと高出力モーターがあるので、トヨタのハイブリッド4WDや高出力E-Fourのようにリアモーターを搭載して、

プロペラシャフトなしで後輪に動力を伝達する仕組みを日産も採用できるのなら、セレナe-POWERの4WDも実現するだろうと思います。

しかし、そもそもe-POWERはハイブリッドではないので、電気自動車がそういう仕組みを採れるのか?という結論となります。

電気自動車リーフにも4WDはありません。

 

【参照】リーフ(電気自動車)の雪上走行性能

雪の積もる地域の方が「4WDがないとリーフが買えないじゃない」という質問があったそうです。そこで日産は、リーフの雪上走行試験を実施しました。

結果、電気自動車は、モーターとインバータ(モーターの回転数を換える装置)の制御スピードが、エンジンモデルに比べて非常に速いので、すぐにセンサーが感知して、クルマを安定した姿勢に戻すことができるようです。

なので、どのモデルに搭載されている日産のビークルダイナミクスコントロール(VDC)があれば十分ということですね。

また、車両の前後重量配分が半々に近いので、ボディの中心でバランスを取れることも、4WDなしで雪上性能を発揮できるということです。

実際、雪道をジグザグ走っている動画(しかもVDCオフ状態)を見ても、車両が大きくバランスを崩している様子も見られません。スタッドレスタイヤだけで十分ということですね。

 

ということは、結果、e-POWERに4WDは必要ない(?)ということになります。

セレナの車高だとわかりませんが、もし4WDを搭載するとしても、機械式4WDシステムはスペースの課題で、新型セレナe-POWERには搭載できません。

モーターを4WD用にもういっこ載せるトヨタの「ハイブリッド4WD」や「高出力E-Four」のような後輪駆動独立モーターの4WDシステムなら可能ということになります。

 

追伸情報

関連記事

 

スズキOEMランディ|2016年12月20日発売

ボディは標準のみ。ハイウェイスター仕様なし。

関連記事スズキ新型ランディミニバン|S-HYBRIDを4WDまで拡大|2016年12月20日発売

 

e-POWER・ハイブリッド|日産ラインナップの50%に展開

日産は、リーフ・e-NV200といったEVを展開していますね。今後は、e-POWERをラインナップの50%に展開していく予定です。

日産はハイブリッドで出遅れた分をEVで取り戻そうとしています。これからはe-POWERが主力となりそうですね。

Return Top